FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 26
2010-04-24-Sat  CATEGORY: ちょうどいい
磯部にはちゃんと働いていると伝えたものの、時折安住の家に立ち寄っている事実はあった。
安住は近所の定食屋をとても気に入っていたから、昼食にそこで待ち合わせをすることがほとんどだった。
それがこの1週間、まったく自由な行動は許されなかった。
お昼、といえばいつも鬼…じゃなく、磯部と顔を突き合わせていたし、小言は一日続く。
こうも離れるとあの定食屋の味が恋しくなるのだから不思議だ。

「おう、昼飯は何がいい?契約が取れた褒美に好きなものをおごってやるぞ」
運転席で鼻歌を歌っていた磯部が時間を見ながら一葉に話しかけた。
契約が取れた、とは言っても実際には隣で磯部がフォローを入れてくれたからの結果であって、しどろもどろの押しに客は何度も話を白紙に戻したがっていた。
もう1カ月以上やりとりをしていた客だけに、磯部としても逃がしたくはなかったらしい。
それは一葉も同じことだったのだが、1カ月もだらだらと過ごした背景にはやはり最後の一歩が踏み出せない一葉の気の弱さにある。
「え、あ、べ、べつに、あの…、何でもいいです」
「なんだ、おまえは自分で食いたいものもないのか~ぁ?」
…そんなこと言ったって、上司相手にあれがいいとかこれがいいとか要求できるわけないじゃないか…。

内心で膨れてはいても声に出すことなどできるはずもなく黙っていれば、「行きつけの店とかないのか?」と聞かれた。
一葉の頭に浮かんだのはもちろんあの定食屋だったし、小さく「あ…」と声が漏れてしまえば勘の鋭い磯部は「そこにしよう」と一葉にナビをするように言ってくる。
他の店を思い浮かべようとしたがまったく閃かず、「早くしろ」とせっつく磯部に仕方なく案内を始めた。

店に着いてみれば昼食時とあって混んでいる。
一葉は咄嗟に安住が来ていないかとカウンター席に視線を送ってしまった。
一人の時はいつもカウンターでご飯を食べているはずだった。
とはいえ、磯部と一緒では話もできないが…。
「満席か。まぁいい、少し待っていよう」
「一葉ちゃーん」
安住の姿はカウンターになく、しょぼんとした一葉に磯部が呟くのが早かったか、店内から響く声が重なるのが一緒だったか。
テーブル席の奥の方から手を振っている中條がいた。
手前に座った安住が振り返ってニッコリと笑った。

中條は指をVの字にして「2人?」と聞いてくる。
小さく頷けば、おいでおいでというように手招きをされた。
4人掛けの席に座っているから…ということなのだろうが、磯部がいる以上どうしようかと悩んでいれば、磯部に背中を押された。
「挨拶くらいするものだろう」

安住と磯部が顔を合わせる、という最悪のシチュエーションのような気がして背中を冷たいものが流れる。
磯部は一葉を置いてさっさと奥へ進んでしまったし、一葉は追いかけざるを得なかった。
「磯部さん、お久し振りです」
腰を上げた中條が先に磯部に挨拶をし、すぐに正面に座る安住を紹介した。
「うちの朝比奈が多大なご迷惑をおかけしたようで申し訳ございませんでした」
「迷惑だなんて全く思っていませんから。一葉ちゃん、享の隣に座りなよ。磯部さん、こちらでいいですか?」
中條の台詞には相変わらず隙がなく圧倒される。
奥へと移動した中條の動きに決まり台詞のように磯部が「でもお邪魔では…」と断りを入れた。
「こんなに混んだ店内で待つなんて時間の無駄ですよ。お近づきになれる良い機会じゃないですか。どうぞ」
「一葉ちゃんも」と安住に手まで引っ張られては逃げようもなく、磯部を伺い見ると「お言葉に甘えさせてもらおう」と見事な営業スマイルで腰を下ろした。
テーブルの上に湯呑茶碗しかないところをみるとまだ料理は来ていないようだ。

「日替りでいいのかな?今日はカレイの煮付けだって」
安住は一葉がいつも注文するものを知っている。
この店に来て日替り定食以外のものなど注文したことがないし、一番早く出てくる。
「はい、それでいいです」
確認をするような会話を聞いていた磯部も「同じものを」と店員を呼んだ。
安住が目配せをするように店員と無言の会話をしている。
同じ時間に持ってきてくれという意味だろう。店員も慣れたもので愛想良く笑うだけだ。
こうした安住のスマートさに、ますます一葉の心がときめいた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

すみません、週末休みます。
月曜の朝、upできたらいいんですけど…。
ストック切れたし、粗大ごみはいるし…。
あっちかこっちか何かupできるようにしたいです。
交互更新もちょっと考え中…。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントきえ | URL | 2010-04-25-Sun 03:08 [編集]
さーちゃん様(←勝手に名付けている。すみません)

>こんにちは~。一葉ちゃんあわあわしてますね~。ランチの後はどうなるのか気になるところでは、ありますが、ゆっくり更新してくださいね~。気長に待ってま~す♪ 風邪から復活しました~。寝てるだけは退屈だったので、色々と読み返してました。やっぱり、きえさんの書くお話好きだなぁ。

お待ちいただくようですみません。
全く進まない『~サイズ』です。
いっつもオタオタしている一葉。いや、それは私も一緒なんですけどね。
お体大丈夫ですか?
うちのなんて読み返していると目が(頭が)悪くなりますよ~。
本当に感謝です。
コメントありがとうございました。
定食屋さん
コメント甲斐 | URL | 2010-04-25-Sun 16:01 [編集]
癒し系バーテンさんのいる素敵な絵が見られるバーもお気に入りですが、美容と健康によさそうな美味しいお惣菜が食べられる定食屋さんも憧れです。
ご近所だったら毎日お昼には行ってるでしょうね。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.