FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
夢のような吐息 5
2010-04-14-Wed  CATEGORY: 吐息
『俺のに…』????

「ばっ…か…なっ…っ…、っ!!」
かろうじて発した言葉が宮原の唇の中に飲み込まれた。
今日二度目の接吻は、先程同様、気持ち良さの中に吸い込まれる。
絡め取られた舌先は襲われる…というより、宥められるという感じだった。
水谷の『癒し』とはまた違う。

「抵抗しないんだ…。こうやってオーナーに許していたのかってカンジ」
息が乱れる自分とは違って、平然と状況を伝えてくる宮原に畏怖の念が生じた。
簡単に許した覚えはないが、一度でも見られた宮原には否定のしようがない。
「なに、言って…」

「どこまで開き直った関係なわけ?別に美琴さんをせめたいわけじゃないけどさ。なんだか、すごいお疲れモードっぽい。そんでもってオーナーに気付いてほしいって見える。でもあの人、無理なんだって知っているんでしょ。そんなことしないでそろそろ自分を甘やかしてやったほうがいいんじゃない?」
「その相手を貴方が…と?」
「いいよ。やってあげる。そのつもりで声かけてるし。……ってか、もうオーナーのとこに通ってほしくない。あの人の身軽さが分かるだけに気の毒だよ。財務なんて俺だって処理できる。何よりもう必要ないはずだよな?わかっていながら通い詰めたって『好きなんだ』ってこと?」
「そんなことは…っ!!」

隠しても無駄だという態度に野崎は完全に怯んでいた。
水谷に対してどうこう思う気持ちもない。
たった一度の『癒し』に一晩だけ溺れた。
詰まる自分を解放してくれた存在だっただけで、水谷の性格も知っているから何も求める気はない。
「一時的な癒しよりもずっと隣にいてくれる人を求めたら?オーナーは絶対に美琴さんを仕事以外では必要としない。俺は美琴さんの力になりたいって思っただけ。無理のない仕事をしてくれたらいい。生き急ぐ必要なんてないんだから…」

あまりにも重い言葉に瞼があがる。
履歴書に書かれていた人生は”外れる”ことなど何一つなかった。
あのまま税理士という職業についていれば、少なくともこの歳でかなりの立場と収入が見込まれていたはずだ。

「なぜ、宮原さんはここに…?」
聞いてはいけないことのように感じたけれど聞かずにはいられなかった。
きっと水谷も知らない”過去”がある。
それを告げてくれるかどうかは別問題だったが、自分に声をかけた以上知らぬふりはできなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
生き急ぐ必要なんてないんだから
コメント甲斐 | URL | 2010-04-14-Wed 22:51 [編集]
宮原さんはみこっちゃんに一目ぼれでしょうか。
そんで、遊び人オーナーにいいように遊ばれてるのが我慢できなくて・・・。
でも、みこっちゃんは一人だって淋しいと思ったことないし、完璧な仕事をして主に仕えることだけが生きがいな人だから、堕とすのは難しいかもですよ。プライド高いし。
ガンバレ宮原!!
Re: 生き急ぐ必要なんてないんだから
コメントきえ | URL | 2010-04-15-Thu 08:52 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 宮原さんはみこっちゃんに一目ぼれでしょうか。

一目ぼれってほどでもないんですけどね…。
水谷にいいように使われているのが可哀想に思えた…とか。
どこまで頑張る気なんだろう?ってちょっと気になった…とか。

> でも、みこっちゃんは一人だって淋しいと思ったことないし、完璧な仕事をして主に仕えることだけが生きがいな人だから、堕とすのは難しいかもですよ。プライド高いし。
> ガンバレ宮原!!

そうなんですよ~。
みこっちゃんを堕とすのは至難の業(?!)かも。人に弱み見せないし。すでにご主人様はいるし。
仕事が生きがいって思っているのが感じられるから宮原は気の毒だなぁって声かけてるのかもしれないですね。
なんてったってハリネズミですから。
宮原に激励までいただきまして…うるうる。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-04-15-Thu 10:04 [編集]
MO様
こんにちは。

>野崎の日々の激務による疲れを、お互いに「大人の関係」と割り切った水谷に、癒してもらうお話なのかなと思ってましたが、宮原の参入で違う方向に向かいそうですね。そして宮原は、あちらのお話の方なんですね。あのお話の「その後」も読めそうなので、今後の展開が楽しみです♪

何もこんなところで繋げなくったって…と私の頭が危険信号を点滅させていたんですけどね…。
こうやって花開いていく『淋しい~』シリーズがやっぱり怖いです。
水谷&野崎がその後どうなったのか…っていう話でした。
期待を裏切っているところがありましたら申し訳ないです。
たぶん、あのお話の『その後』もちらりちらりと見えてくるところがあるとは思いますが…。
あまり期待しないで待っててやってください。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.