FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
桜の季節 1
2010-04-12-Mon  CATEGORY: 季節SS
愛した人間が一人だけいた。
一年に一度の花見、たった4度だけ一緒に桜を見た。
5度目はなかった。
貴方は与えられていた時間を全うして、身体を蝕まれて4度目の桜の季節を終えて俺の前から消えてしまったから…。

満開に咲き誇る大学の構内で初めて出会った時、桜の精かと思えてしまうほどに、あの時から儚く貴方は佇んでいた。
身体が弱いのだとは会ったその時に聞いた。
薄墨の桜の色は貴方の色だと何故か思ったよ。
年が巡るごとに、一緒に桜の花を愛でられることが俺にとって唯一の幸せのような気がした。
一緒に治療にも行ったよね。
先生は「安らかな時は精神的にも落ち着くからとてもいいんだよ」と俺たちの関係を問い詰めたりもしなかった。
ずっと続くものだと漠然と思っていた。
4度目に一緒に見た桜の花が散った時、初めて貴方と唇を合わせた。
それは貴方の最期の時だった。

ずっとこうしたかったのだとその時に初めて気付いた。
もっと温かい体に触れて、俺の魂までもっていってくれと叫びたかった。
隣にいた存在がなくなるということは、こんなにも辛いことだったんだ…。

桜の花びらが散る光景をみるたびに、散ってしまった貴方の命を思い出すよ。
無念だっただろう。
もっとやりたいことがあっただろう。
入退院を繰り返し、それでも大学に通い続け、世を去ったのは30歳になれる前だった。
俺よりもずっと若々しい容姿をしていたと思う。

8年の月日が流れて、やっと俺は貴方の年に並べたよ。
自分がこの歳にたどりついた時、どれだけ若くて未来を想像するのかと改めて思った。
だから余計に貴方の悔しさが胸を襲う。

桜の花を見るたびに「迎えに来て」と思う。
こんなことを思っていると知ったら怒られるんだろうな…。

春の花見は嫌いだったけど、職場の連中に付き合わされる行事には逆らいようがない。
酔う同僚の前にどうしてもいたくなくて、適当な理由をつけて去ろうとする。

池のふちに、小型犬を散歩させるかのように佇んでいた男がふと視界に入ってきた。
まるで引き寄せられるかのように視界の幅が狭まった。

「ここにいたんだ…」
振り返った男の声と表情が暗がりの中でもはっきりとわかるくらい…。
同じ顔、同じ声…。
目と耳を襲ってくる。

これは幻…?

8年という月日の中で一度として忘れることのなかった人間が、そこにいた。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
雨に濡れる桜を見ていたらなんだか突然思いつきました。
関連記事
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントきえ | URL | 2010-04-12-Mon 14:50 [編集]
名無し様
超すばやいコメント、感謝ですっ!!

>新連載\(^O^)/本物?それとも…?今後の展開が楽しみー♪

ただの思いつきのSSです。
登場人物の名前すらありません。(冷汗)
2、3話で完結予定です。
たまにはなんだかこういう違ったもの(季節もの)とかもいいかな…って感じで書きました。
喜んでくださる方がいて嬉しいです。
私が住む地域の桜が跡形もなくなくなってしまう前に完結にしたいです。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.