FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 11
2010-04-06-Tue  CATEGORY: ちょうどいい
ダイニングテーブルの前で呆然とする一葉に、ふわふわと湯気のたった味噌汁を差し出しながら、分かり切ったような顔で中條がクスクスと笑いながら箸をそえてくる。
「まぁ、彼の言い分も分からなくはないよね」
磯部の怒鳴り声は中條にも聞こえていたようだ。
よくよく考えれば、中條と磯部はそう年も変わらないし、部下を持つ身としては同じような立場なのだろう。
中條は自分の部下である那智が同じ行動を取ったらやはり同じようにキレる…と言いたげだった。
「けどさ。取引とか契約とか、そんなのは関係なく、本当にただの気心知れた仲だからって言っちゃえばそれまでだよ。そこまで干渉できないし」
決して一葉を責めない点は安住と良く似ている…と思った。
「友達の前で気なんか使わないでしょ?」と重ねられて、頷きたいのだが、今の状況はやっぱり違う。
“気心知れた友達”などではない…。
安住は一葉にとってとても重要な”取引先”の一部なのだ。

何一つ言葉が返せないでいる一葉の心情を読んだように中條の淋しそうな声が聞こえた。
「表面上のお付き合い…とかさ、そんなこと思ったら、享が一番悲しむからね。話を持ち出したのは単純に一葉ちゃんの力になってあげたかっただけだよ。それに恩を着せようとかそんな下心ももっていないから」
安住が何かを企てるような性格ではないことは、一葉でも感じる。
まだ出会って何度かしか会ったことがないのに、安住の温厚な性格にはまっすぐさが表れていた。
安住の気持ちが嬉しいのに、一葉は素直に喜べなかった。

「ビジネスとプライベートは分けようね。所長さんへの言い訳はまた後で考えるとして。とりあえず今は、冷めないうちにこれ、食べちゃって」
あまり気はすすまなかったが、中條に促されてほとんど命令口調に、一葉はおずおずと箸を手にした。
しじみの味噌汁…というより、大量のしじみが入っていて、汁はどこ?というものだった。
「これ、殻入れね」
コトっと隣に違う碗を差し出され、中條も目の前に座った。
まるで見学されているようである。
「い、いただきます…」
「二日酔いにはいいらしいよ。他にも何か食べられそう?」
一葉は静かに首を振った。
これ以上手をかけさせるわけにはいかない。それ以前に食欲などあるわけがなかったのだが…。

中條は飽きさせないようにと思うのか、それからも色々と話をしてくれた。
それは自分たちの仕事状況だったり、安住の私生活だったりと、多種多様におよび、それとなく一葉のことも聞いてくる。
安住と中條の関係が気になっていた一葉だったが、二人の間に関しては「ただの友達」と繰り返されるだけだった。
もちろん、一葉が聞いたわけではなく、中條が勝手に呟いているといった感じだったけど。

出汁のよくきいた味噌汁は冷え切っていた心までホッとさせてくれるようだった。
大量のしじみに手を焼き、また会話もしながら相当な時間をかけて全てを食して息をついた頃、安住が帰ってきた。
トントントンと階段を昇ってくる音に、「早いな」と中條が呟いた。
リビングのドアが開けば、一仕事終えてきましたというようなびっちりと整えられた格好の安住が入ってきた。
両手にたくさんの袋を抱えて。

「一葉ちゃん、起きたんだね。…あぁ、今食べていたところ?よく眠れた?体調はどう?ちゃんとたべられた?」
優しい笑顔が安堵を纏ったように緩んだ。続け様に質問されて、一葉はぱちぱちと目を瞬かせながら頷く。
座ったままでは失礼、と咄嗟に頭をめぐり、立ち上がった一葉だったが、突然下半身を流れた空気に状況を思い出した。
「あ…っ!!」
シルクのパジャマはまたスルッと肌を滑って一葉の片方の肩を丸出しにした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
一葉の運命はいかに?!
33333のキリ番踏む方いるかしら。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
かわいいお尻がー・・・
コメント甲斐 | URL | 2010-04-06-Tue 10:52 [編集]
しじみ汁とおしゃべりに、すっかり忘れてましたね、自分の格好を。
中條さんには、お話しながらもしっかり観察(鑑賞?)されていたのでしょうが・・・。
Re: かわいいお尻がー・・・
コメントきえ | URL | 2010-04-06-Tue 14:23 [編集]
甲斐様
こんにちは。
安住さん、やっとお帰りです。

> しじみ汁とおしゃべりに、すっかり忘れてましたね、自分の格好を。
> 中條さんには、お話しながらもしっかり観察(鑑賞?)されていたのでしょうが・・・。

座ってテーブルの下に足が隠れたことで気が緩んでいました。
(ふと、袖口は何回折り返していたんだろう…と思ってしまった私ですが)
中條は「話をする」という口実を作って目の前に座りこんでいた模様。
あっちからもちらっ、こっちからもちらって見える肌を堪能していたのではないでしょうか。
あとで安住さんに自慢するために?!
さぁ、立ち上がってしまいました、一葉。
今の俺を見て、状態になっています。
「ごちそうさまでした」ってちゃんとお礼言えるかな。(それどころじゃないって?!)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.