FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 10
2010-04-05-Mon  CATEGORY: ちょうどいい
廊下の突き当たりの部屋はリビングだった。
住居として必要なものは全て2階にあるようだ。
手前の部屋のドアを開けた中條にタオルやら来客用の歯ブラシを渡され、浴室に放り込まれた。
「シャワー浴びてくる?」という問いかけに、図々しくも起こした行動…というより、従わされたというほうが正しい。
有無を言わせないハキハキとした態度に一葉が反論できるはずもなかった。
身綺麗にさっぱりとしても、身を隠すものは先程脱いだ安住のパジャマしかない。
一葉は泣きたくなりながらその一枚を羽織ると、リビングにまたもや顔だけをチョコンと出した。
パソコンに向かって何やら作業をしていた中條が相変わらずニコニコと笑いながら「おいで」と促してくる。
もたもたしていれば強引に連れ込まれ、隣のダイニングテーブルに腰を下ろすはめとなった。
「はい、そこに座って。勧められたものはちゃんと食べる。文句言えるようになれるのは非が無いと言い切れる時」

那智がかなりの実力を身につけて営業職につけているのも分かる気がする『上司』だった。

「貴重品、預かっておいたから。そうそう。享が勝手に一葉ちゃんの携帯に出ちゃったんだよね…。会社の人だったみたいだけど」
衣類をクリーニングに出す際に取りだしたといった感じだった。
先に出された携帯電話に、一葉の視線が向く。
立て続けにあれこれと言われて一葉の頭はまたパニックになりそうだ。
休みだと分かる日にかけてくる会社の人間などまずいない。
安住から伝言を預かっていたと言われながら渡された携帯電話で着信履歴を見れば、所長の磯部からだった。
何事だったのだろうと素早くその場で電話をかけてしまえば、一つのコールも鳴り終わらないうちに怒声が聞こえた。
「馬鹿かっ!!おまえはっ!!!!!」
思わず携帯電話を放り投げてしまいそうだった。
味噌汁をよそろうと鍋の前にいた中條が振り返ったが、そんなのを気にしていられる余裕はない。

確実に一葉からの連絡を待っていたと思われる磯部の声は容赦なく一葉を責めた。
「しょ、しょちょ……」
『どこの世界に御礼言いに行って酔い潰れて迷惑をかける奴がいる?!しかも今何時だぁ?!まだ寝てたとかいうかぁ?!』
一葉は黙るしかなかった。
すでに事情は耳に入っているようだ。
「ふぇ…ぇ…」という情けない言葉だけが漏れた。
『プライベートな集まりだっていうから、口を挟みたくないがなぁ!!客まで紹介されたってなったらこちらも黙ってなんかいられないんだよっ!話を聞いていた感じでは『昔からよーく知っている仲の良いお友達』っていう感じじゃなかったから心配で電話してみればなんてザマだっ?!しかも相手は大手企業を担当する弁護士さんだってぇ?!』
耳が痛けりゃ胃も痛い。
一葉は安住のことをあまり良く知りはしなかったが、その辺のことは聞いたのか調べたのか、磯部の方が詳しそうだ。
『世界を敵に回せるくらいの企業を顧問として持っているくらいの人なんだぞっ!!おとしまえ、全部つけてから帰ってこいっ!!』
今度こそ、一葉は携帯電話を落とした。
温和そうな安住がどれほど優秀でどういった世界に君臨しているのか、一般庶民の一葉からは想像もできない。
とりあえず、生きる世界は違ったようだ…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
安住さーん、帰ってきて~
コメント甲斐 | URL | 2010-04-05-Mon 08:17 [編集]
週末は忙しくてここに来れず3話もまとめて読んでしまいました。
その間に一葉ちゃんがどれほど恥ずかしい目に合って、でもなんだかとーっても可愛い格好で萌え萌えな姿を披露してくれたのか、堪能させていただきました。
遊女ならぬ陰間ですかぁ。。。鎖骨までばっちり。。。下着のない下半身もチラリ?
中條さん役得でしたね。
うらやましいです。
Re: 安住さーん、帰ってきて~
コメントきえ | URL | 2010-04-05-Mon 11:23 [編集]
甲斐様
こんにちは。
一葉の心の叫びが聞こえてきますね。

> その間に一葉ちゃんがどれほど恥ずかしい目に合って、でもなんだかとーっても可愛い格好で萌え萌えな姿を披露してくれたのか、堪能させていただきました。

堪能していただけたでしょうか。
中條もすっかりからかって遊んでおります。
役得でしたね~。
プリンプリンなお尻も見ちゃったし♪
さりげなく、めくっちゃうあたり、やっぱり『上司』でございます。
中條の部下になったら、めっちゃしごかれそうな一葉じゃないでしょうか。
うじうじ、たらたら…を地でいっているし。
そして何かあるたびにさくらちゃんに泣きついてまた怒られる…の繰り返し…。

次回、やっと安住さんが復活です。
中條にもてあそばれた心と身体(?)を癒してくれるでしょうか。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.