FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
新装開店 7
2010-04-05-Mon  CATEGORY: かけがえのない日々
仕事帰り、日野の店に寄るのが日課となった。
常連客の間でも、すっかり「お手伝いさん」として定着している。
特に何をするわけでもないが、カウンター内に日野と二人して立っているという空気が心地いい。
今日も日野が作ってくれたカンパリ・オレンジのグラスを傾けながら、カウンターに座った客と他愛のない会話を繰り広げながら、料理の注文をもらって、神戸は「これくらいなら」と調理台下の冷蔵庫を開けた。
この店になって料理の種類も増えた。
軽くつまめる物ばかりだったが、あとは客の要望でオリジナルメニューを作っていたりする。
料理の腕も披露できる日野には羨ましさすら覚える。
ちょうど日野は他の客のアルコールを用意しているところだったから、盛ればいいだけのサラダなど簡単にできると思った。
全ての下ごしらえは終わっているわけだし…。

だがいざ皿に乗せてみれば、出来栄えが明らかに違う。
いつも見ていた日野の作るものは、「美味しそう、食べたい」が湧きあがるような『商品』なのに対して、神戸の作ったものは家庭の食卓にポンと出されている程度の存在にしか見えない。
「あれ?」
いろいろな美しいものを見てきた神戸は違いにすぐ気付いたものの、どうすればいいのかそのコツが分からなかった。
お皿を前にしているはずなのに固まっている神戸に、カウンターの客が不思議そうな視線を向けた。
「どうかした?あるもので作ってくれればいいからね」
年上の客も慣れたもので、必ずしも以前と同じようにしてくれとは言わない。
たぶん、これを出しても文句も言われないだろうが、サービス品ではないだけに躊躇する。
睫毛をパシパシと瞬かせるだけの神戸に、見るに見かねたと言いたげな日野が近寄ってきた。
「長流ってばさー。美的センスばっちりだったんじゃないの?」
神戸の『作品』にちょいちょいと手を出して、どこをどういじっているのか、すぐに『商品』が完成する。
その早技にはポカンとする部分と不貞腐れる心境が混ざった。

「日野くん、そんなことを言っていたらバチが当たるよ。甲斐甲斐しくていいじゃないの~」
皿を目の前に置かれた客が茶化してくるが、日野はフッと口角を上げた。
「大人しく座っててくれるのが一番いいんですけれどね」
「それって邪魔ってこと?」
「そんなこと言ってないじゃん」
神戸が日野と客との会話に口を挟めば、宥めるような客の声が響く。
「仕事なんてさせたくないんだよね。タケルくんも疲れているからと思う日野君の愛情だよ」
堂々と正面きって言われたことに神戸はマジマジと日野の顔を見てしまった。
滅多に感情を言い表すほうではないから嬉しさで覆われていく。
「ホントに?」
「フツー、こういうとこでそういうこと聞かないの」
「いいよ、僕、普通じゃないから」
照れる日野を感じて益々喜んだ神戸は笑顔を浮かべた。
こんなことを聞いてはさきほどの不貞腐れた感情も霧のごとく消えていく。

客が肩を竦めながら目の前で繰り広げられる”喜劇”に頬笑みを向けてくる。
「いいね。温かみのある店っていう感じが全面に出ている。二人とも人を惹きつける力があるし、客も肩肘張らずにゆっくりできるから心地いい。こういう店には自然と人が寄ってくるものだよ。…『想―souー』か…。思いやりを感じるね」
二人して育てていく場所を褒められて嫌な気はしない。
神戸も日野も素直に「ありがとうございます」と御礼を口にした。
どれほど力になってやれるのかは分からないが、できる限りのことはしてやりたいと心の底から思った。

今宵も静かな曲が流れる店内。
一人の客の為に、なにより一人のバーテンダーの為に満足できるものを…。
一緒に駆け抜けていける時間があることを幸せに思いながら、神戸は客に見えないところでそっと日野の手に自分の手を重ねた。

『ショウ…。ずっと一緒だよ』

無言で交わす会話の中、触れた指先がきゅっと神戸の指をきつくつかんだ。


―完―

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

お付き合いくださいましてありがとうございました♪
頂いたイラストこちらにあります。→イラスト
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
二人して育てていく場所
コメント甲斐 | URL | 2010-04-05-Mon 08:44 [編集]
キャー!!なんだか繋がってるって感じでします。
いいなぁ。
今日の長流クンは、”年下のちょっと気の強い男の子”って感じになってて、カワイイです。
日野ちゃんも「疲れているんだから何もしないでいいよ」じゃなくて「大人しく座ってて」なんて邪魔そうな言いかたしちゃって、なんだか大人っぽい。
そうして、二人の関係が無理のない自然な形になりつつあるんだなと感じさせます。
『二人して育てていく場所』ですか。
なんだか二人の子供みたいですね。
子育て頑張って、そしてお幸せに。

予想もしていなかった組み合わせでしたが、大好きです。
なんたって、えっち度No.1ですから!!
まだ、英人くんたちとセットでいろいろ騒動も起こしそうなので次の機会のSSも楽しみにしています。
Re: 二人して育てていく場所
コメントきえ | URL | 2010-04-05-Mon 11:35 [編集]
甲斐様
こちらにもどうもです。

> 今日の長流クンは、”年下のちょっと気の強い男の子”って感じになってて、カワイイです。
> 日野ちゃんも「疲れているんだから何もしないでいいよ」じゃなくて「大人しく座ってて」なんて邪魔そうな言いかたしちゃって、なんだか大人っぽい。
> そうして、二人の関係が無理のない自然な形になりつつあるんだなと感じさせます。

どんな感じの雰囲気にもなってしまう二人。変幻自在に操れるのでラクです。
神戸にしてみたら、たまにこうやって小憎らしいと思うときもあるのではないでしょうか。
けど、うまく甘えられたり宥められたりされてホロッとなっていたり…。
そんなところは全然年下なんて思わせない「大人っぽさ」。
自分も肩肘はらずに自然といられる隣が気持ちいいんだと思います。

> 『二人して育てていく場所』ですか。

二人を繋ぐ大事な場所です。(いろんな意味で?!)
今後も繁盛していくお店だと思います。
そして色々な人に囲まれて、楽しい『子育てライフ』を満喫するのではないかと…。
(たまに邪魔者が…)

> 予想もしていなかった組み合わせでしたが、大好きです。
> なんたって、えっち度No.1ですから!!
> まだ、英人くんたちとセットでいろいろ騒動も起こしそうなので次の機会のSSも楽しみにしています。

大好き、おっしゃってくださって嬉しい限りです。
本当に予想していなかったCPです。
どうしてこの二人になっちゃったのか…(七大不思議に入れたい…)
ハリケーンもすぐそばにいますからね。きっと一騒動は勃発すると思います。
そして必ずとばっちりを受ける誰かさん、とか。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-04-05-Mon 18:08 [編集]
MO様
こんにちは。
ちょうどいいタイミングでお会いできました。

>連載 ありがとうございました。『想―souー』優しい常連さんにも護られて、とっても素敵な場所になりましたね。日野と神戸も、とっても良い感じですし、ここに集う人達にも、きっと癒しの場所になるでしょうね。今後も、この場所に集う男達のお話を、楽しみにお待ちしています♪

常連さんに囲まれて、いずれ、一見さんお断り、みたいな場所になりそうです。
昔の英人じゃないけど、そういった意味での発展場にはしたくない日野と神戸の思いがありそうですね。
いい男たちが集まる場として、今後も何かの機会に登場させたいバーです。
ご期待に添えるかはわかりませんが、SSで出したい場所です。
いつも応援してくださいましてありがとうございます。
コメントもとても嬉しいです。
今後もどうかお付き合いくださいませ。
ご訪問ありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.