FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Present おまけ
2010-03-24-Wed  CATEGORY: Present
【おまけ】
本当は最終話にくっつけようとしたんですけどあまりにも長くなったので別枠で…。

雅臣さんの目がうつろになってきた。
無防備極まりない恋人を守るのは容易じゃない…と溜め息をつきながら、自分の前で見せてくれる姿はそれすらも愛おしいと鹿沼は微笑んでいた。
今夜は一升瓶だけね、と言った台詞も、今となってはどこ吹く風。
きっと自分も、プレゼントなんていう『お初』のものを貰って浮かれているんだと思う。

つい先ほど尋ねてみた。
「ねぇ、雅臣さん。もうおなかいっぱいになった?ベッドに行ってもいい?そろそろ食後の運動…」
「(ばこっ)まだあと一杯飲むっ!!おまえ何にも食っていないじゃんっ!明日、これ、残りもので食わされるの嫌だからっ!!」
元来の、雅臣の飲酒量の強さは鹿沼も閉口する。
多少酔ってくれるのは鹿沼にとっても良かれとおもうところがあっても、行き過ぎは問題だ。
作り過ぎた料理を恨めしく思いながらつついていたりした。

とりあえず、性欲よりも食欲、酒欲なんだろうか…。
真っ赤になった雅臣がジタバタと暴れた。

酔いが回った時ほど奔放になり、いつも以上に淫蕩な姿をさらす恋人を知っているからあえて止めはしないけど…。
鹿沼はこのすぐあとに訪れる時をプレゼントを待つ子供のようにワクワクと待ち惚けていた。
雅臣は一向にこたつから離れようとしない。
こうなれば酔いつぶさせるだけだ…。
一升瓶だけ…といいながら、結局次の瓶があく。
やけ酒然り、鹿沼も同様なのだろうか。
とはいえ、摂取量は格段に少なかったが。

トロンとした目を見ることができるのは鹿沼の特権だった。
「雅臣さん、こんな姿、たとえどこの飲み会でも晒したら絞め殺しますよ、これで…」
先程贈られたネクタイがそっと雅臣の首筋にかかる。
色白の素肌に巻かれたエンジ色は、まるで血を表すようにも見えた。
雅臣がそれほど深い意味を持って選んだとは思えない。
だが、たとえどんな理由でも鹿沼には込み上げる嬉しさでいっぱいだった。
自分を拘束するもの、そして拘束させてくれるもの。
雅臣はすでに意識を飛ばしていると言っていい。
「うん、いいよ…」
答える姿は犯罪者にさせそうだ。

新人研修で鹿沼が女の子に目をつけられるのと同じように、雅臣は男性からの支持を確実に集めていた。
もちろん、そんなことを雅臣は知る由もないが、部署が違うため、あからさまな行動は起こせない。(←いまさらぁ?!)
雅臣がネクタイを贈ってくれたことで、独占欲にはますます火が付く。
同じ柄のネクタイを買ってやろうと思った。
雅臣を束縛するための手段。

『雅臣さんは俺の物』

鹿沼の中に炎が灯る。
決して揺るがない心と、誰にも渡さないという誓約。
いまだからこそ約束を取りつけよう。

「雅臣さん。愛しています。あなただけに、全てを尽くします…」
雅臣は小さく頷いた。
意識もどこに飛んでいるのか分からないというのに。
「そばに、いてくれて、ありがとう…、りゅ…た…」

告げられた言葉は血も涙も何もかもを熔かす。

…マジで犯罪者になりそう…。
鹿沼は雅臣の崩れるような身体を引き寄せると、渾身の力を持って抱きしめた。

『愛している』…。
夢の中でも現実でも何度でも唱えてやろう。
この身を我がものと思わせるために…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
41← 
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
お幸せに♪
コメント甲斐 | URL | 2010-03-24-Wed 23:53 [編集]
辛い恋をして凍ってしまった雅臣の心を融かしてくれる運命の人にやっと巡り合えて、これからずーと一緒に居てくれるんだろうなと思ったら、ほっとしました。
Re: お幸せに♪
コメントきえ | URL | 2010-03-25-Thu 07:11 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 辛い恋をして凍ってしまった雅臣の心を融かしてくれる運命の人にやっと巡り合えて、これからずーと一緒に居てくれるんだろうなと思ったら、ほっとしました。

私もほっとしました。
嫌なこととか辛かったこと、いっぱい乗り越えてきました。
今度からは鹿沼が支えになってくれるはず。
鹿沼の努力も実って良かったです。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-03-25-Thu 07:24 [編集]
MO様
おはようございます。

>幸せな二人を、ありがとうございます。鹿沼は、これからも 雅臣に翻弄されそうですね。雅臣は、鹿沼のそばにいれば、安心して甘えていられますね。お幸せに~!

雅臣も意外と気の強い子なので…。
姉さん女房って感じでしょうか。
でも流される一面も…。
いえいえ、鹿沼が甘いんだと思います。
まぁ鹿沼も出るときは強引にアレコレと物事を起こしますからね。
もう何も不安に思うことなく、毎日らぶらぶに暮せばいいです。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.