FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
かけがえのない日々の訪れ 17
2010-02-26-Fri  CATEGORY: かけがえのない日々
(年齢制限に満たない方がいらっしゃっているようですが、当ブログには描写的にマズイところが多々あります。一応18歳未満の方は閲覧禁止とさせていただいています。ご自身の判断にお任せするしかありませんが、心当たりのある方、ご理解の上、どうぞこれ以上の侵入はご遠慮ください。)


神戸は優しい。
日野が思いっきり傷つくことを故意的にはしないような気がする。
だが、恋愛という分野に関してはどういった考えなのだろうか…。
神戸のことだから、すでに日野の感情に気付いているような思いすらある。
それを分かっていて、二人の関係を続けようとする本心はいかなるものなのだろう。

閉店時間を今ほど待ち焦がれていた時はなかった。
英人と千城もあの後すぐに帰っていき、日野は自分の変化を気付かせないようにと気遣う人間がいなくなったことに安堵していた。
普段であれば閉店後に済まされる雑用を前倒しで片付け、残った作業は翌日に回せばいい、と、最後の客が帰ったところでさっさと看板の明りを落とした。
着替える間も取らずに、ダウンジャケットを羽織って、カードキーを貰ったホテルへと小走りで向かう。
自分がどうしてここまで焦がれられるのかと日野自身が不思議に思うくらいだった。

深夜の客にフロントにいた従業員が一瞬怪訝な表情を見せたが、すでにチェックインを済ませた客と捉えられたのか何も言われることもなく、エレベーターホールに立つ。
部屋のドアに一応ノックしてみたのだが返事はなく、神戸からもらったカードキーを使った。
部屋に入れば、ごく一般的なツインルームだったが、作りは広い方だと感じた。
入ってすぐにある小さなクローゼット、隣にはバスルームが並んでいる。過ぎれば3人は余裕で座れそうなソファと小さなテーブル、前にはテレビやデスクがあってここだけで一つの空間だ。奥にベッドルームがある。
神戸は風呂上がりのバスタオルを腰に巻いただけの格好でソファで眠りについていた。

「風邪ひくっつうの…」
部屋の中の気温は確かに温かい。
それでも半裸(全裸?)で眠れる環境ではないだろう。
こんなところで眠ってしまうなど、よほど疲れているのだろうなと気遣った日野は小さく呟きながら、せめてベッドで寝かせてやろうと神戸の腕を自分の両肩に掛けさせて運ぼうとした。
揺り動かされたような感じがあったのか、神戸の瞼が開く。
「…あ、来たんだ…」
「ごめん、起しちゃった?」
「起してくれなきゃ困るよ」

寝起きでも神戸の口調ははっきりとしている。
申し訳なさげに告げた日野の言葉を一蹴された。
抱き寄せるような体勢でいた日野を引き寄せるように神戸の腕に力が籠る。
それから唇を塞がれる。
キスをすることなどなかったはずなのに、全ての仕草が流れるようで自然だった。
雰囲気的にはまるで慣れ親しんだ恋人のようだ。

このままベッドに流れ込んでしまいそうなせわしさを日野は直前で制した。
「シャワー浴びてくるから、ちょっと待ってて」
着ているダウンジャケットの下は仕事着のままだ。
身体には店で吸った匂いが纏わりついている。
神戸から漂ってくるソープの香りを汚しそうな気がした。

そっと身を離した日野に「どうぞ」と大人しく神戸が腕を外した。
日野は決して広いとは言えないバスルームに入った。
神戸と利用するホテルはラブホテルだったりこうしたシティホテルだったりと様々だ。
だが、一度だって一緒に湯を浴びたことはなかったから、泡だらけの頭を洗い流した直後に神戸がシャワーカーテンを開けた時はただ驚くだけだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
日野ちゃんの神戸さんは優しいんだ。。。。
コメント甲斐 | URL | 2010-02-26-Fri 10:26 [編集]
日野ちゃんがハイスピードで片づけしてホテルにすっ飛んでいく、かわいい姿が愛しいです。
さっきは寒いところで待たせちゃったからね。
びゆ~んと飛んで来たお部屋で、眠り姫発見!
いや、姫様じゃないですね、眠れる子悪魔・・・か。

けど、あの千城さんが気づかないかな。
日野ちゃんはばれなかったってホッとしているけど。
 神戸さんがいたときの態度とか、
 帰っていく神戸さんを見送る目とか、
 すぐに裏に片付けに行くときの顔とか、
 戻ってきたときの表情とか。
「ほー。ふーん」とかってニヤリと人の悪い笑みを浮かべている図が浮かんでしまうのですが考えすぎでしょうか。
Re: 日野ちゃんの神戸さんは優しいんだ。。。。
コメントきえ | URL | 2010-02-26-Fri 11:26 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 日野ちゃんがハイスピードで片づけしてホテルにすっ飛んでいく、かわいい姿が愛しいです。
> さっきは寒いところで待たせちゃったからね。
> びゆ~んと飛んで来たお部屋で、眠り姫発見!
> いや、姫様じゃないですね、眠れる子悪魔・・・か。

眠り姫………
絶対に違うだろ(←と突っ込んでみる)
でも日野にとっては優しい愛しい人みたいです。

> けど、あの千城さんが気づかないかな。
> 日野ちゃんはばれなかったってホッとしているけど。

間違いなく千城は気付いているんでしょうね。
英人の前だからなのかどんな理由があってかは知りませんが(←やっぱり他人事)絶対に気付いて、だからさっさと帰ったんだと思います。
英人は常に流されっぱなしなので。
「帰ろう」って言われたら「うん」って頷くし。
千城も神戸の弱みを握りましたかね…。
お互いさまが増えるこの二人。

自分で書きながら怖いんですけど…。
このふたり…。

コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-02-26-Fri 17:23 [編集]
甲斐さま。
いや、マジであなた様はすごいです。
別宅に返信書いてこっちを読み返してからビビりました。
"どっち?"って私自身、随分前に下書きしていましたから記事をupしているものだと思っていたら…。
まだ明日の話でしたよ。
読みこされています。
日野バーの店員にふさわしい方でございます。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.