FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Present 28
2010-02-21-Sun  CATEGORY: Present
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。

「あぁぁぁぁっ!」
どれだけ喘いでもいいと鹿沼には言われた。
この場所が他の部屋からは見えなくて聞こえなくて、隔離された世界だから。
そして雪に囲まれて音が消されてしまうような今夜だから…。
「りゅ…、りゅうたっ!龍太っ!!」
雅臣の背中を支えてくれながらも、雅臣の股間に顔を埋めた鹿沼は一向にしゃぶる唇を離してくれなかった。
やがて石風呂の狭い淵に横たえられ、温泉の中に落ちた片足がやけに熱く感じる。
充分なほど起ち上がった性器を嫌というほど愛撫され、硬くなって、熱い液体の出口を求める。
「もう、だめっ、でちゃうよっ!!」
雅臣が離してと懇願すれば、まるで口の中に出せと言わんばかりに激しく唇をすぼめられた。
絡められる舌使いに息が途切れそうになる。
「りゅ…っ」
ちゅっと窄められて吸われた時が限界だった。
舌先は先端の出口を開くように差し込まれ、扱かれた手によって内側から込み上げるものが爆発する。

どぴゅっと音がしたのではないかと思うくらいに勢いよく精子が鹿沼の喉奥へと流れ出た。
「あぁぁぁぁっっ!!」
二度三度とさらに唇で扱きあげられて綺麗に絞られるように続く残滓まで飲みこまれる。

こんなことまでしてくれる鹿沼を愛おしいと思った。

落ち着く間を持たせてもらえずに、後孔を鹿沼の舌が舐めた。
「…りゅ、たぁ…」
より一層開くように、鹿沼の大きな両手が双丘を掴んで割る。
「すっげーエロい。ねぇもうここ、ヒクついているって分かります?俺の舌、簡単に入りますよ」
丘を広げたままで、親指の先がつんつんと雅臣の孔をつついた。
それだけで飲みこみそうになるのを雅臣も感じたが認めるのはあまりにも恥ずかしい。
「やめ…」

前が達するだけでは我慢ができなかったのだ。
もっと熱い、体中を抉ってしまうような力強さのある肉芯を自分の中に埋めてほしい…。

夕方にも一度交わっていたから、ほぐれるのはあっという間だった。
湯に入っていない方の片足を鹿沼の肩にかけられて、鹿沼の灼熱が蕾の上に宛がわれれば、苦しさに圧されながらも徐々に飲みこんでいく。
「あぁぁっ」
「あつ…っ、…溶かされそう…」
体内に入ってきた肉棒を味わうように孔が収縮するのが雅臣でも分かった。

鹿沼が発するものではない水音が耳元でした。
流れ続ける温泉が、淵に寝転がされた雅臣の背中を濡らし、髪を撫で、流れ落ちていく。
少しでも傾けば温泉の中に落ちてしまう…。

全てを挿れ終えた鹿沼が、傾いた雅臣の身体を支える支柱のように、雅臣の頭の下に片手を入れた。
風呂の淵に手をつき、甲の上に雅臣の頭を乗せる。
後頭部を濡らし続けるお湯から掬いあげられたような感じだった。

「雅臣さんの肌って綺麗ですよね。温泉に入ったから…とかじゃなくて。なんだろ、この艶っぽさ。今は特に上気しててピンク色に染まって…」
「言わ、なくて、いい…っ」
実況中継などされれば余計に恥ずかしさが込み上げてくる。
息も絶え絶えながら吐き出せば、クスッと笑う鹿沼の微笑があった。
「せっかく褒めてあげているのに」
「も、い、から…」
鹿沼の視線から逃れたくて反らした瞳。
自分を見つめる視線がとても熱い…。
呟いた言葉は、これ以上の会話は避けたい意味と、早く灼熱の動きを感じたいじれったさに込められた。
「こんなのね、他の人には見せられないですから。大浴場、出入禁止。行く時は俺も一緒ですよ。分かりました?」
「…んっ」
ピクリと動いた鹿沼の腰使いに、頷いたのか頷かされたのか雅臣には分からないくらいだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
よかったらぽちってしてください。
→29 
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント甲斐 | URL | 2010-02-21-Sun 02:38 [編集]
でも、お風呂って思った以上に声響きますよね。
はじけちゃった雅臣さん、大丈夫?

褒め過ぎ!?
恥ずかしがり屋の雅臣さんには、ある意味言葉攻めかも。

ほどほどにね・・。
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-02-21-Sun 06:22 [編集]
甲斐様
こちらにもありがとうございます。

> でも、お風呂って思った以上に声響きますよね。
> はじけちゃった雅臣さん、大丈夫?

ま、まぁ…、あまり細かいことは気にせずに…(汗)
一番良い離れでお過ごしなのできっと周りにはなにもないんですよ…(またいい加減な発言…)
あまりないシチュエーションに雅臣の方が酔ってるかも?!

> 褒め過ぎ!?
> 恥ずかしがり屋の雅臣さんには、ある意味言葉攻めかも。
>
> ほどほどにね・・。

鹿沼も一緒にここまでこられて嬉しすぎちゃっているんだと思います。
(書いていないけど)道のりが長かったからねー。
褒めることで雅臣に自信をつけさせたいんですかね。

ほどほどにするよう、伝えておきます。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.