FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Present 24
2010-02-10-Wed  CATEGORY: Present
料理が運ばれてくる頃に雅臣は目を覚ました。
さすがに露天風呂で一戦を交える気はお互いになく(あまりにも外気が冷た過ぎて)、ベッドまで戻った。
「食事前の軽い運動」をこなし(すみません、R飛びました(汗)、良い匂いが漂った時にはおなかはぺこぺこだった。

囲炉裏端に用意された料理にも目を剥いた。
囲炉裏には鍋が吊るされ、その脇には川魚や地鶏が串焼きにされている。
また別に、牛肉や海の幸を炙れるよう網まで用意され、火を当てない先付けやお造りなどは膳に配置された。
雅臣はどこから手を付けていいのか全く分からなかった。
「締めのおうどんはこちらに置かせていただきます。お客様にお手数をおかけいたしますが、何かございましたらすぐに参りますので遠慮なくお呼びください」
一通りの料理を全て並び終えてしまえば、あとは客同士の都合でいかにでもしてくれという配慮は、こういった場合にはとてもありがたくも思える。
人によっては『サービス不足』と捉えられそうだが、鹿沼がいる今では雅臣にとっては気の休まるものだった。

「隣に行ってもいい?」
地酒をすでに数杯煽っていた雅臣は自分で何かをするのは億劫だった。
常日頃、あれこれと手を焼いてくれている鹿沼を知っているだけに、鍋から取るのも串から身を剥ぐのも面倒でしかない。
素直に甘えられる環境は鹿沼を”恋人”と充分なほど認めていた。

人前でこそ建前があっても、二人だけの空間になってしまえば、いつもの家と変わらなかった。
一つの角を挟んで隣にいたようなものだが、もっと近づきたいと思ってしまう。
「どうぞ」
両腕を広げられ、飛び込むようにその腕に落ちた。
広い胸板にもたれかかるようにして身体を預け安堵の息を漏らす。
あとは食べ物を順に与えられる子供と一緒だ。

雅臣自身、自分がここまで変わっていくとは思ってもいなかった。
取り繕う必要がなくなったと感じたのはいつの頃のことだろう。
随分と前から鹿沼のペースに乗せられてきてはいたが、しっかりとはまり落ちることまでは想像していなかった。
人の腕の中とは予想以上に居心地がいい。もちろん、『鹿沼』だからなのだろうが…。

鹿沼の隣に座りなおした雅臣のもとに順序良く焼き上がった肉や魚などが届けられる。
雅臣のペースに合わせて仕上げてくれるのだから感心すらする。
「顔が火照る」
「今更恥ずかしがることもないでしょ」
「そうじゃなくて。火が。こんな目の前でパチパチいっているからさ…」
「浴衣、脱ぎますか?」
「ばかっ」

炭火の調整までしてくれた。
鹿沼はよく雅臣の知識の豊富さに驚き感心していたが、鹿沼だって充分なほど色々なことを知っていると思う。
実際、料理に関する分野は何一つ鹿沼に敵うものなどない。
雅臣に言わせれば、雅臣は教科書の通りに作る『丁寧さ』だけで、鹿沼はそれを全て暗記して自己流に作り変えているといったところだろうか。

「雅臣さんには申し訳ないけど、お酒、飲み過ぎないでくださいよ」
空になったお猪口に新しく注いでくれながら釘を刺される。
誰もぐでんぐでんになるまで酔おうなんて思っていない。確かに美味しい料理を前に酒は進むが、胃袋にだって限界はある。
「大丈夫」
それに、自ら鹿沼に手を出すほど酔ったのも最初の夜しかない。
「まだいっぱいやりたいことがあるんだから」
注いだはずのお猪口を鹿沼が飲み干しながらぽつりと呟いた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

あー、まじめに鹿沼の一人が欲しい我が家…。
『淋しい』シリーズに押されっぱなしなんですけど、こいつらも可愛がってやってください。

23← →25
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
甘アマですね。。
コメントちぃ | URL | 2010-02-10-Wed 21:36 [編集]
鹿沼くん、雅臣に尽くしすぎで、はたから見てるとウラヤマしいですっ
きえ様に激しく同意します。ウチにも1人欲しい~っっ

蕩けるような視線と尽くし技で、どこまで雅臣くんは落ちてしまうのでしょうか。。

このまま幸せモードで行ってほしいですが、つかの間の幸せでは無いですよねっ??

私の大好きな二人をずっと応援します!
Re: 甘アマですね。。
コメントきえ | URL | 2010-02-10-Wed 23:12 [編集]
ちぃ様
こんばんは。

> 鹿沼くん、雅臣に尽くしすぎで、はたから見てるとウラヤマしいですっ
> きえ様に激しく同意します。ウチにも1人欲しい~っっ
>
> 蕩けるような視線と尽くし技で、どこまで雅臣くんは落ちてしまうのでしょうか。。
>
> このまま幸せモードで行ってほしいですが、つかの間の幸せでは無いですよねっ??
>
> 私の大好きな二人をずっと応援します!

甘いですよね~。
うちにも一匹欲しい鹿沼です。
どこまでも甘やかす鹿沼なので落ちまくる雅臣。。。なんですけど?!
Σ( ̄□ ̄;)つかの間の幸せ?!(いや、そんなことはないはず…(冷汗))

応援ありがとうございます。
ぜひまた遊びにいらしてください。
コメントありがとうございました。
甘いなー
コメント甲斐 | URL | 2010-02-11-Thu 14:11 [編集]
尽くし攻めですねぇ鹿沼くん。
いいな、私もほしいよ。
めいっぱい甘やかされて尽くされて、
そんな愛され方を知らなかった雅臣さんには、気恥ずかしさもあったかもしれませんが、今度の旅行ではそんな部分を取り払ういい機会だったみたいで安心しました。
たくさん甘えて優しく愛される喜びを知って、肌艶もよくなってご帰宅ですか。きっと美肌効果抜群の温泉だと評判になるかも?
Re: 甘いなー
コメントきえ | URL | 2010-02-11-Thu 16:38 [編集]
甲斐さま。
こんにちは。
こちらにもありがとうございます。

> 尽くし攻めですねぇ鹿沼くん。
> いいな、私もほしいよ。
> めいっぱい甘やかされて尽くされて、
> そんな愛され方を知らなかった雅臣さんには、気恥ずかしさもあったかもしれませんが、今度の旅行ではそんな部分を取り払ういい機会だったみたいで安心しました。
> たくさん甘えて優しく愛される喜びを知って、肌艶もよくなってご帰宅ですか。きっと美肌効果抜群の温泉だと評判になるかも?

お肌つやつやで戻った日には、宣伝効果もっとあがっちゃって人気商品になりそうな温泉地…(本人も?)
鹿沼は私の理想です(千城の次に…えっ次?!)
ずーっと一人で生きていくっていう精神だった雅臣の中に着実に入り込んだ鹿沼です。
今回の温泉旅行で、真っ裸にされちゃった雅臣は生まれたての心を持って新たな道に進むことと思います。
鹿沼の餌付けは成功の模様?!
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.