FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
かけがえのない日々の訪れ 4
2010-02-08-Mon  CATEGORY: かけがえのない日々
R18 性描写があります。ご注意ください。

「…あ…、んっ…」
思わず息を止めた。
神戸から施される口淫はしつこいくらいで、日野はしっかりと勃ちきった息子を爆発させないように耐えていた。
いつも神戸はこれほど執拗に攻めてはこない。
口淫はもちろん丁寧で巧みだったが、ある程度のところで口を離してくれた。だから日野にも余裕が生まれた。
それが今は…。

「か、神戸さんっ、ちょっ…っ!…も…」
このままであれば自分の忍耐力が持続できるとはとても思えない。
限界だという声を上げても、神戸は聞こえているのか聞いていないのか、日野のモノから口を離そうとはしなかった。
次から次へと溢れ出てくる先走りをぺろぺろと舐められ、ピクピクと性器が脈打つのが触れていなくても分かる。
神戸の唇や舌が触れたのは性器だけではなかった。
時折後孔まで舐められ、感じたことのない気持ち良さに酔おうとすればそらされてまた中心の先端へと戻る。
思わず、もっと…と強請ってしまいそうなむず痒さがあった。

それを何度も繰り返され、窄められた舌先で裏筋を舐め上げられて、もうこのまま耐えずに、快感の波に流されてしまおうと覚悟を決めた。
あともう少しで…というところで刺激が止まった。
今となれば、このまま放置されるほうがもっと辛い。

神戸がローションを手にするために日野の身体から離れた。
その時に恥も外聞もなく自らの性器に手を伸ばそうとして咎められた。
「触っちゃダメ。これで満足させようなんて思ってないから」
触れかけた手を軽くパシと叩かれる。
それからフッと笑みを浮かべて「いい子だからもう少し我慢してね」と囁くような声が聞こえた。

散々弄られて嬲られて、男のプライドにかけて耐え続ければ、果てさせてもらえないもっと辛い現実が待っていた。
全てを分かり切りながら計ったように事を進めるのだから、『意地悪』としか言いようがない。

…悪魔だ…

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ああ、日野さん~
コメント甲斐 | URL | 2010-02-09-Tue 00:57 [編集]
神戸さんてすごいテク持ってるんでしょうね。
男も女も上も下もOKっていうのもだし、カイカンのツボ心得ている、任せなさーいって感じだし。。。
日野さん、悪魔に捕まっちゃったんですね。
コメントきえ | URL | 2010-02-09-Tue 07:16 [編集]
MO様
こちらにもありがとうございます。

>神戸さん「悪魔」だったんですね~?千城と英人こ、煽られちゃったのかしら?二人だけの秘密が増えちゃって、日野君 これからどうするの~?

日野ってばこの先どうなっちゃうんでしょうか。
神戸の性格が分からなくなってきた私…(滝汗)
千城と英人に対するうっぷんがここではらされているんじゃ日野も気の毒としか…。
いや、結構神戸は楽しんでいますよ。(きっと)
コメントありがとうございました。
Re: ああ、日野さん~
コメントきえ | URL | 2010-02-09-Tue 07:20 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 神戸さんてすごいテク持ってるんでしょうね。
> 男も女も上も下もOKっていうのもだし、カイカンのツボ心得ている、任せなさーいって感じだし。。。
> 日野さん、悪魔に捕まっちゃったんですね。

悪魔に捕えられた模様です。
どんなテクを持っているのか、神戸。
なんでもありな神戸なので、どんなことでもやりそうですね。
まさに経験値高っ!!(どんな成長過程があったんだか…)みたいな人ですから…。
日野、翻弄されまくりです。
一度の『慰め』の代償は大きかったですね~。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.