FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
【バレンタインコラボ企画】 6
2010-02-13-Sat  CATEGORY: コラボレーション
食事が終われば帰るものだと思っていた。
それなのに、「ちょっとドライブでもしようか」という千城の言葉に、結城と薫も誘われて、薫は少し驚いていたようだった。たぶん早く帰りたかったんじゃないだろうか…。
それでも店先に止められたいつもよりも大きい車…リムジンに案内されてしまえば、英人は元より、薫は目をパチクリさせていた。
「こ、これ?!この車ですかぁっ?!」
英人だってこんな車に乗せてもらったことは数度しかない。
車内でシャンパンを用意されながらゆったりと過ごし、都内へのドライブでも行くのかと思ったらネオンが瞬いていた場所から暗闇の中へと連れ込まれた。
「なに?」
不安がる英人の手がそっと隣の千城の手に握られる。
「ケーキのお礼だ」

都内からはすでに外れている。たぶん埼玉県の方だろう。
英人は地理的なものは理解できていなかったから(特に夜など)、ただの広場のようにしか思えなかった。そこでリムジンは止まった。
目の前には真っ白な宇宙船が止まっているようにも思える。大きな機体が繋がれたように地面に留まっていた。
「えーっっ??」
声を上げたのは薫で、あまりの興奮に現実を忘れたくらい動揺し結城を何事かと仰ぎ見ていた。結城が満足そうに笑っているのを見れば、結城も承知済みだったということらしい。
飛行船…。

夢のような世界だった。
英人は当初あまり興味がなかったが、実際に飛んでみれば興奮の嵐だった。上空500メートルとはいうが、冬空の寒風の下に広がるビル群は宝石に近い。英人が自分で作った看板まで身近で見えるようだった。
流れはゆっくりで空を飛んでいるようには思えない。客室乗務員の女性が2名もいて、(たった4人の客なのに)最高級のワインやシャンパンを提供してくれる。
機内は浮上してしまえば移動も自由で、コックピットも後ろから眺めることができた。英人と薫は窓に額を擦りつけるようにして眼下に視線を送りっぱなしだった。
最初こそ席に着いて見ていたが、千城に「後方からも見られるぞ」と連れられ、キャビンを移動させられる。
大きな窓ガラスから見る風景は圧巻だった。
英人の背後に回り込んだ千城が英人の身体を包み込んだ。人がいようが関係ないのはいつものことだが…。
でも今だけは二人の甘い世界に浸ってしまいたい。

「いつの間にこんなこと考えていたの?」
窓ガラスに映った千城に尋ねれば、「英人たちが何かをしてくれそうだったから」と、薫との秘密作戦がとっくの昔にばれていたことを耳元で囁かれ知らされる。
驚かすつもりが驚かされたのはこちらのほうだった。こういった秘密事をつくるのはどうやったって千城のほうが一枚上手だ。
「気に入ったか?」
「最高…」
これだけのものを気に入らないなどとどうして言えるのだろう。
英人がうっとりとした声を上げれば、千城が「それは良かった」とにっこりと笑った。ガラス越しではなくてどうしても本物の顔が見たくて振り返れば、軽く触れるだけのキスをくれた。
薫と結城もそれぞれの世界に潜り込んでしまったようだ。

クルーズは2時間ほどで終わり元の位置へと戻った。
薫と結城も充分なほど楽しんだようだ。特に薫は興奮が冷めないようで、リムジンで成城の屋敷に送り届ける間もはしゃいでいた。
「ありがとうございました。とても素敵な日でしたよ」
車を降りた結城から挨拶をされ、英人もまた薫と会う約束をした。
今度はアトリエのほうに遊びに来てくれるらしい。結城も薫もまた絵が見られることを喜んでくれて嬉しかった。
「夜風が冷たいから早く家に入って」と言っても、二人は車が見えなくなるまで外に立っていてくれた。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


妄想スパイラル SKY様編


 ディナーの後、外に出ると店の前に大きな黒塗りのリムジンが停まっていた。
「わあ……す、すごい車!……」
 ついぽーっと見惚れていると、千城さんがその車で食後のドライブをしようと言う。
 結城さんに促されリムジンに乗り込んだ。中も当然のように広くて皮張りのシートが向き合うように並んでいる。座席の中央にはテーブルがあり、小さな冷蔵庫やグラスの並んだ棚まであった。千城さんはそこからシャンパンを取り出して、みんなに注いでくれた。
 ……一体どこまで行くんだろう。リムジンは音もなく滑るように走り続け、どんどん都会の喧騒を離れていく。
 やがて着いたのはだだっ広い空き地のようなところで、リムジンから降りた俺はつい大声を上げてしまった。
「えーっ!!こ、これって……!!」
 目の前には真っ白いラグビーボールをものすごく巨大にしたような流線形の物体が浮かんでいる。
 慌てて手で口をふさぎながら結城さんを見上げると、結城さんはにっこりして頷いた。
「うん、飛行船だよ。これからこれに乗って遊覧飛行だ」
 どうやら千城さんと結託(?)して最初からこの企画を予定していたようだ。ささやかなサプライズで驚かせようと思ったのに、逆に俺と英人の方がそのスケールの違いすぎる企てに驚かされてしまった。なにしろ、乗り込んだ飛行船は俺たち4人の貸切で、それなのに女性の客室乗務員が2人も付いて飲み物を配ってくれたり、座席だって1個ずつのレザーシートでゆったりと脚を伸ばして座れる広さだ。コックピットの中もガラスの仕切りから見ることができた。おまけに眼下に広がる都心の景色はまるで光の海だった。ゆったりと、そして音もなく揺れもなく緩やかに、六本木ヒルズや国会議事堂の上空を流れるように進んでいく。
 飛行中は座席から立っても構わないらしく、結城さんに誘われて後方にある広いパノラマウィンドウに移動した。千城さんと英人も少し離れたところでくっついて景色を眺めている。
「きれいだね」
 結城さんがそっと俺の腰を抱き寄せた。
「とっても……」
 頬をくっつけ合うくらい密着して上空から眺める新宿のビル群は、いつも見慣れた風景とはまるで違っているように見えた。
「……ケーキ、とても美味しかったよ。……ありがとう」
 結城さんは優しく言って同じくらい優しいキスをくれた。咄嗟に英人たちが気になってちらりとそちらを見たら、千城さんの後ろ姿しか見えなかった。ちょっと安心して、俺は心おきなく結城さんの胸にもたれた。
 こんなに喜んでもらえたんだから、バレンタインマル秘チョコケーキ作戦(仮)は成功したってことでいいんだよね。
 胸にもたれたまま結城さんを見上げて俺も言った。
「俺も……こんなすごい飛行船に乗れるなんて思ってませんでした。すっごく楽しくて……とっても嬉しいです!」



 やがて2時間のフライトは終わり、先程の場所に戻ってきた。帰りもリムジンで成城まで送ってもらい、車の中でも先程見てきた夜景の話で盛り上がりながら家に着いた。
「今日はありがとうございました。とても素敵な夜でしたよ」
 結城さんは千城さんと英人に挨拶し、俺も一緒にお辞儀をして、それから英人とまた会う約束をした。今度はアトリエを見せてもらうつもりだ。千城さんもにっこりして頷いていた。
 「寒いから早く中に入って」と英人は心配してくれたけど、俺と結城さんはリムジンが見えなくなるまで見送った。外は寒かったけれど、胸の中はほんのりとあったかかった。


関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-02-13-Sat 09:23 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントきえ | URL | 2010-02-13-Sat 10:41 [編集]
S様
こんにちは。ないしょコメありがとうございます。

> バレンタインコラボ企画で妄想スパイラルからお邪魔して英人と千城にすっかり嵌って11日に一気読みしてしまいました^^;)
> おかげで目がしょぼしょぼ・・・ようやく復活です。

す、すみません、一気読みだなんて…。
今更振り返ると、その場で書きあげていたために少々頓珍漢な文になっているところがあって私も冷汗をかきます。

> できたら英人のお母さんの実家との仲直りが見たいなぁなんて思ってます。
> いくら旧家でも千城の家が認めてるのみたら悪かったと謝ってくれないか甘いこと考えてしまいました。英人にはもっともっと幸せになってほしいです。

リクエストまでいただきましてありがとうございます。
英人ママの実家との仲直り編ですか…。いいかも。
まさか孫が『榛名』になっているとはこれっぽっちも思っていないことでしょうしね。
すっかり縁の切れていることですし…。
なんといっても設定が曖昧なので、英人ママがなくなったのも何年前だろう…?って感じです。
ぜひまた遊びにきてください。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-02-13-Sat 14:51 [編集]
MO様
こんにちは。

>なんて素敵なバレンタインデーなんでしょう♪普段、お金では買えない大切な物を英人からもらっている千城ですから、英人の為なら いくらお金をかけても惜しくないでしょうが、とってもロマンチックな夜が演出できて、4人とも 大満足でしょうね~♪ 英人にとっても、薫君と親しくなれて、今後の生活にも良い影響を与えそうですね。 

喜んでもらえたようで良かったです。
普段からお互いに与えたりもらったりとしている人たちです。
全員がそれぞれを思って行動するっていいことですよね。
もちろん大満足です。
薫君の明るくて元気な性格は英人にいい刺激をあたえてくれることと思います。
最近はかなり図々しくなってきた英人ですしね…。
あと一話で終わりになります。
どうぞ最後まで楽しんでください。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.