FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
策略はどこまでも 1
2009-06-29-Mon  CATEGORY: 策略はどこまでも
22時を大きく回り込んだ時間帯。週末の金曜日だから休日である明日、のんびりできる安心感はあったが、体は疲れ果てていた。
こんな日はビールでも飲んでさっさと寝てしまいたい。

桜庭那智(さくらば なち)は、辿り着いた自宅マンションの郵便受けに入った封書類の中で懐かしい名前を目にした。
『岩村卓也』。3年前に卒業した大学で同じ学部だったやつ。卒業後も時々会いはしたが、就職した土地が離れてしまったため、連絡を取るのも年に数度という頻度である。
突如舞い降りた同窓会の案内状。同窓会とはいっても大それたものではなく、普段着で気軽に参加してほしい旨が記されていた。
場所だって大学時代によく通った近くの居酒屋。もしかして、気兼ねなかった連中にしか案内を出していないのかな?と、那智はまず誰に連絡をしようかと思案した。受け取ってない人物に連絡を入れたのでは失礼にあたる。
そもそもただ再会を果たすための飲み会だったら何もわざわざ郵送物でなくったって、電話連絡でもしてくればいいことなのに。

建設機械の販売業に携わる仕事についていた那智は、電話やメールで人とやり取りをすることが多かったから、郵送物が届いたことに少々の違和感を覚える。
とはいえ、お互い仕事で忙しい身を思えば、案内くらい確実に手元に届けたかったのだろうか。

9月の残暑が厳しい中、部屋のエアコンを入れて案内状を読み終えると、とにかく休みたくてネクタイの結び目に指を入れた。
上着なんてとっくの昔に脱ぎすてられ、今日一日はワイシャツのみで過ごしていた。腕に抱えられるだけで邪魔にしかならなかった上着をハンガーにかけてクローゼットに戻し、バスルームに向かおうとしたとき、鞄に入れっぱなしにされた携帯電話がブーブーと振動を伝わせていることに気づいた。
営業職である那智は、会社から支給されている携帯電話とは別にプライベート用でもう一つの電話を保持していた。
カバンの中で震えているものが会社のものであれば、速攻で無視だと悪態をつく。
機械の故障やメンテナンス、トラブルなどには会社のそれなりの部門が設けられており、営業の身に連絡がくることがないように組織作りがされているものの、まず連絡を入れるのはここだと言わんばかりに電話をしてくる連中がいる。販売業の立場上、それも分かる気がするのだが、なんていっても時間が時間である。
先ほどまで得意先に上げる事務処理で会社の机にへばりついていた身には関わりたくないと思えるものだった。

「誰だよ、こんな時間にかけてきやがってっ」
外見からは想像もできないような汚い言葉が口を突いた。
身長170センチをなんとか越えたところで成長は止まっていた。小柄ながらも体の均整は取れている。その上にチョコンと乗った顔は、男らしいとはあまり言えずにどちらかといえば可愛らしい印象の方が強かった。とがった顎元、ぷっくらとした赤い唇、高くない鼻に長い睫毛を纏った二重の大きな瞳。
大学を卒業して3年がたつのに、いまだに就職活動中の大学生に間違われる。私服で夜の街を歩けば補導されかけたことだってあった。
カバンの中で唸っていたのがプライベート用のものだと分かると、ふと表情を緩めた。
画面には『高柳久志(たかやなぎ ひさし)』とある。岩村同様、大学時代に仲の良かった人物だと分かると、先ほどまでのとがった気持ちも薄れて懐かしさに通話ボタンを押した。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.