FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
かけがえのない日々の訪れ 3
2010-02-06-Sat  CATEGORY: かけがえのない日々
R18 性描写があります。ご注意ください。

初めて神戸からフェラを受けた時、快感とも恐怖ともいえる世界がそこにあった。
道端で拾った女から幾度もしてもらったおざなりなものとは雲泥の差があった。
一舐めごとに興奮がつのり、昂った自身は今にも吐き出してしまいそうな舌使いに幾度も息を止めた。
他の人間に同じ行為をしてもらった時に、果たして感じるのだろうかと思ってしまうくらい…。
それが分かるから、施される愛撫もある意味で脅威だった。

両膝を抱えあげられて、一層秘部が空気に晒される。
その冷たさにピクリと身体が揺れたが、意外と力のあった神戸に、興奮をまとった自分の身体は抵抗の意思を見せなかった。
だけど、ただのフェラだけだと思っていた舌先が会陰をなぞった時、日野は言いようのない快感の波に襲われた。
そして辿り着いた後孔の上を舐められる。

「えっ?!ちょっ!!ちょっと、神戸さんっ?!」
そんな場所を人目に晒すことはもちろん、舐められたことなどない日野は驚愕に腰を引いた。
「なにしてっ…っ!?」
日野の手に顔を上げさせられた神戸が、少し不服そうに日野の腿を軽く叩いた。
「大人しくしていて。悪いようにはしないから」
「だからってそんなところ…」
「たまには僕の好きにさせてよ」

神戸から誘われる夜の逢瀬とはいえ、最終的には日野の感情が突っ走るような状況ばかりだった。
“たまには”と言われてしまえば返す言葉もない。

それでもやはり抵抗はあったし、「ハイ、わかりました」と素直に開ける場所でもない。
実際、日野はいまだに神戸の性器に触れたことはあっても唇を寄せたことはない。
神戸に失礼だと思いながらも最後の砦を崩すことができないままで、神戸はそんな日野に文句の一つも零してなどこない。
日野が出来ないでいることを飛び越え、更に奥地へと潜り込まれた時には、密林の奥深さにめまいを起こしそうだった。

「心の準備はできた?君は何もしなくていいからね。ただ身体の力を抜いていて」
諭すような神戸の声が聞こえる。
逃げ腰だった日野の腰を掴み寄せ、神戸の口腔へと日野の中心が飲み込まれていく。
一番大事な部分をねっとりとした口の中に咥えられて、ぬちゃぬちゃとした音が立ち始めれば、日野はもう逃げ場のない自分の身体を知った。
だってもうこれは、言葉にできない気持ち良さ…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
こいつらはえっちしかないような気がしてきた…。
↑たまにはぽちっとしていってね。↓
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.