FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
かけがいのない日々のはじまり 6
2010-01-31-Sun  CATEGORY: かけがえのない日々
R18です。性描写があります。閲覧にはご注意ください。
予約ができるくらいは残せたので…。またただのえっちで終わる二人です。


…ヤバイっ…マジでクる…これ…。

神戸を慰めてやりたいだけで始まった行為は、しっかりと日野を虜にしていた。
酔いの上に、激しい運動とも取れる行動で神戸の意識は現実の世界から切り離されていったようだ。
「あぁぁぁっ!んっ、いいっっ!!」
神戸の仕草はもっと大胆になっていった。
日野に合わせるように動く腰や、自ら触れる昂り。

肉の叩きつけられる音が数度繰り返されると、きゅうっと締まる孔があった。
絞り取られるとはまさにこのことを言うのだと思う。
抜き差しを繰り返せば繰り返すほど、射精感は抑えられなくなって、だからといって自分だけが先に爆ぜるのはプライドが許さない。
神戸の屹立に添える手を日野の手に変え、自分の動きと共に扱いてやると抱えた足がぶるぶると震えた。
「でちゃ…」
「イって…。俺もちょっともう無理そう…」

自慰はしたことがあるから手の動きはどうにか想像がつく。あとは神戸の体内に収めてしまった自分の息子をどうするかだ…。
「あまり触れないで」と言われたアノ場所がたぶん快楽を与えるための最短の道なのだろうとはなんとなく分かった。
ぐりぐりと擦りつけたら一気に神戸の肌が戦慄いた。
「んっあぁぁぁっっ!!」
一層の締め付けが日野を襲い、日野の理性ももう飛んだ。
握り締めた股間がピクピクと脈を打って神戸の腹から胸へと白濁が飛び散る。
神戸が果てると同時にぎゅっと締まった孔の狭さには日野も耐えることができなかった。
コンドームという薄い壁に守られながらも、神戸の中で弾ける日野の性器があった。


ぐったりと何をすることもなく、神戸は眠りの世界へと落ちていった。
日野はこの世界を恐ろしいと思った。
まるで妖怪にとりつかれたようなあやしさがあった。
ずるりと引き出した分身からコンドームを取り去り、神戸の汚れた肌も拭ってやる。
神戸は全く目覚めることがなかった。

どこか憂いを帯びた表情はこれまでにも何度か見たことがあったが、今夜の酔い方は尋常ではなかった。
余程の何かがあったのだろう。
日野は客の愚痴を聞くことはあっても問うことはない。
人は時折壊れるような時間を持ってもいいと思う。その手助けを自分ができるかは疑問だが…。
目が覚めた時に神戸が後悔しないことだけを祈った。

そして自分を誘った言葉…。
普段であれば客の誘いに乗ることなどない日野だが、何故か放っておけなかった。
店のカウンターでことりと額を落とした身体を、帰す場所がなかったというのもあるかもしれない。
こんなふうに酔い潰れる客などあの店ではいないから、他の客ならどうしていたのかも分からない。

だが、濡れたこの行為を、他の男とまでするようにはならないだろうと何故か感じた。
静かな寝息を立てる神戸の額から汗で湿った髪を梳いてやる。
他の男に対してどう思うかはともかく、この男には惹き寄せられて襲われるような魔性が潜んでいた。
「俺の人生、変えられちゃったよ…」
小さく呟いた言葉は神戸には聞こえていないだろう。


知らなかった世界。

『おしえてあげる…』

始まりに神戸が囁いた言葉は、本当に”悪魔のささやき”だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

一応これで終わりです…。
すみません。ただのえっちで…m(__)m
ポチがあったらもしかしたら続きが?!(もういらない???)


電話での会話
千城「今日は休ませる」
神戸「はぁぁぁ???」
千城「新年から会食続きで色々と大変なんだ」
神戸「『色々』ってさぁ…。慰め方にもうちょっと気を使ってよ」
千城「英人が満足するようにしてやっている」
神戸「満足しているのは千城じゃないの?」
千城「…」
神戸「こんな臨時休暇、早々認められないっていうのっ!!」
千城「動けないんだから仕方ないだろう」
神戸「動けない~ぃ?!もういい加減にしてよっ。手加減っていうものを知ってっ」
千城「はいはい」
神戸「(…絶対に懲りていない…)」
千城「(…誰がいうことなんか聞くか)」
神戸「(…僕も何かに溺れたいよ…)」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
悪魔のささやき?
コメント甲斐 | URL | 2010-01-31-Sun 22:34 [編集]
あーびっくりした。
暫く来られなくて寂しい思いをしていたので、やっとやっとたどり着けたら、こんなことになっていたなんて・・・。
晴天の霹靂といっては大げさでしょうか?
神部さんが受けだったとは・・・っていうか男もいける(あるいは男だけ)のひととは全く思いもよりませんでした。脳内の神戸さんのイメージ書き換えなくちゃです。
淋しい夜で描写があったかどうか記憶にないのですが、勝手に神戸さんはごっつ系で短髪、若いときからオヤジ入った性格ってなってたんです。すいません、急遽書き換えました。
華奢ではないけど細身。髪長めで現場では後ろで縛ってたりする(根拠はないんですけど)
神部さんがこんなに酔いたくなってしまう状況ってなんなんでしょうね。
失恋でしょうか。
忙しすぎて彼氏にふられた?
まさか、まさか、ちーちゃん、ひーちゃんがご迷惑をかけていたりしませんか?
ズル休みとか、ズル休みとか、ズル休みとか・・・・
コメントきえ | URL | 2010-02-02-Tue 20:43 [編集]
S様

こんばんは。
レス遅くなりました。

>神戸乱れてますね~。日野はもう神戸の虜ですね。私はもうちょっと続きが読みたいなぁ。

乱れたたようで…(汗)
日野はすっかり神戸にされるがままで終わっています。

>そして千城は相変わらず英人に好き放題ですね。きっと英人は千城が電話してる向こうで次こそは流されないって思っているのでしょうか?

日野目線で書いたので神戸が何でこんなふうになっちゃったのかは謎のまま。
まぁ考えられる理由などこのくらいかと…。
英人は千城に流されるまま…。
同い年のお友達は、やっぱり同い年のお友達に翻弄されているのです。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-02-02-Tue 20:46 [編集]
H様
こんばんは。レス遅くなりました。
またお越しいただけて嬉しいです。

>日野くん大好きなので、続き読めたら嬉しいです

日野にラブコール、ありがとうございます。
今更…ですが、一応続きがいつになるか分からないものをあげておきました。
この先、どうするのかあまり決まっていないので不安も少しありますが…。
(見切り発車)
ぜひまた遊びにいらしてください。
コメントありがとうございました。
Re: 悪魔のささやき?
コメントきえ | URL | 2010-02-02-Tue 20:55 [編集]
甲斐様
こんばんは。
またお越しいただきましてありがとうございます。

> あーびっくりした。
> 暫く来られなくて寂しい思いをしていたので、やっとやっとたどり着けたら、こんなことになっていたなんて・・・。
> 晴天の霹靂といっては大げさでしょうか?

驚かせてしまってすみません。

> 神部さんが受けだったとは・・・っていうか男もいける(あるいは男だけ)のひととは全く思いもよりませんでした。脳内の神戸さんのイメージ書き換えなくちゃです。
> 淋しい夜で描写があったかどうか記憶にないのですが、勝手に神戸さんはごっつ系で短髪、若いときからオヤジ入った性格ってなってたんです。すいません、急遽書き換えました。
> 華奢ではないけど細身。髪長めで現場では後ろで縛ってたりする(根拠はないんですけど)

すみませんっ(汗)イメージの書き換えなんてさせてしまって…。
別に神戸が受けという設定はどこにもありませんでした。
神戸の描写もたいして書いていないと思います。(記憶ないし…)
日野とたいして変わらない背丈の予定です。
ただ日野のほうが普段動く(お酒持ったりとか)お仕事なので少しは逞しいような…
神戸はどちらかというと頭脳派なので…とか勝手に想像していました。
描写少なすぎで本当に申し訳ありませんでした。

> 神部さんがこんなに酔いたくなってしまう状況ってなんなんでしょうね。
> 失恋でしょうか。
> 忙しすぎて彼氏にふられた?
> まさか、まさか、ちーちゃん、ひーちゃんがご迷惑をかけていたりしませんか?
> ズル休みとか、ズル休みとか、ズル休みとか・・・・

失恋か~。ありかも。
忙しすぎる身は間違いないんでしょうね。
千城と英人が関わってさらに忙しくなって…
きっと他に理由がないでしょうね…。
公休日の他に週3日くらい休まれたんじゃないんですか?(またいい加減な発言を(-_-;))
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.