FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
Present 5
2010-01-17-Sun  CATEGORY: Present
「なぁ、普通、年末から食べないだろう?こういうの」
鹿沼らしく、不揃いな太さにカットされた伊達巻卵を箸の先でつまみながら思わず聞いてしまう。
年越し蕎麦もまだ食べていないのに、こたつの上にあるのは伊達巻卵やかまぼこ、栗きんとんだった。
「細かいこと、言わないでくださいよ。消化するんでしょ。食べ飽きちゃいますかね」
「うん、飽きそう」
向かい側に座った鹿沼と視線が合って、見慣れない姿に一瞬の躊躇があった。
冗談ばかり繰り返す間柄で辛辣な発言も多いけど気にしたら次から次へと戸惑いが生まれる。
思えば、自分も部屋着なんだ…。
付き合っていた人たちにもあまりこんな姿は見せていない。
それくらい『外』で会っていたのだと振り返った。
恥ずかしさが一気に湧いて緊張した指先が震えた。
なんだろう…この心臓のバクバク感…。

余計に芋焼酎が進む。
俯いてしまう雅臣を気遣うように話題をあれこれと変える。もともと人に対しての気遣いはとても良い方だと思っていた。
鹿沼には独特のオーラのようなものがある。
「いつもそういう格好なの?はんてん、可愛い」
突然振られた話にこれまでなんとなく適当に相槌を入れていた言葉が止まった。
「な、何、可愛いって。嬉しくないし…」
「可愛いですよ。窓口にいる姿も可愛いけど今のほうがもっと惹かれる。見られて良かった、こういうの」
「ばっ…かっ…」
こたつから温まるものではなくて、身体の中からボウッと燃え上がるようなものがある。
羞恥心だったが、取り繕うことに精一杯で雅臣は慌てふためいていた。

「ねぇ。ずっと誤魔化そうってしていませんか?はぐらかされる気はないですよ。この前の男、別れたんでしょ?」

空気の流れが突然変わった。
真剣な眼差しが雅臣を攻める。
鹿沼は雅臣が付き合っていた過去の男を知っていた。
この3年の間に移り変わった男の数も承知している。同じ社内で気まずさに陥りたくない関係にわざと雅臣が付き合っている奴はいると明かしたからだった。
最初の頃は鹿沼も雅臣を思って、それが本人の為なら…と身を引いてくれていた所はあったが、感情を入れこまない雅臣に気付いたのだろう。
最後の男が身体だけの関係と言って良かったから尚更思うものがあったのかもしれない。

「鹿沼、あのさ…」
「もうやめてください、あんなの。いい加減な思いで付き合うとか。俺もこれ以上だまされる気はないですから。適当な感情を抱えてふらふらと他の人間に縋るのなら俺のとこに来てください。絶対に大事にします。後悔させない」

言いかけた言葉をさえぎられる。
人を愛することが怖い…。また自分は捨てられる。そう思うから心を寄せられない…。
そしてどうしたって別れる時のことが頭に浮かぶ。同じ社内なんて、ずぅっと抱えるはめになる。

酔いの力もあって溜め込んでいたものが喉の奥から零れた。
「何でわかんないの…?いつか傷つくんだよ。鹿沼にそんなこと思わせたくないし…」
「なんで傷つくって言い切るの?!」
「だっていつか別れる…」
「別れないっ!何それっ!付き合う前に別れる時のこと考えてんの?馬鹿じゃんっ!そんなことしてたらいつまでたったってふらふらのままだよっ」
雅臣の言うことを理解できないと言うように鹿沼から激しい言葉が吐き出された。
脅えている自分を知っているし踏み込まれたくもない。だけど傷つけられるくらい攻められたい自分がいるのも確かで上薬を塗り込められるみたいに癒されたかった。
きっと過去の傷を抉ってもらわない限り次には進めない…。
だけどやっぱり恐怖の方が勝った。
「もういいのっ!つらいことしたのっ!二度と経験なんてしたくないっ」
「どんだけ悲惨だったの?そんな傷ついた恋の思い出だけじゃ終わらせないよっ!よくないっ。全部ぬり変えてやる。苦しみだけを味合わせて終わりにしたくない。過去の思い出全部俺が貰ってやるから俺にだけは本当のこと見せてよ」

口調を荒げた男が目の前に来た。避ける暇もなく肌の温もりに包み込まれる。
久しく感じていなかった肌の温度と酔いが雅臣を襲った。

…だめだ、今、涙がこぼれる…

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

20000踏んだ方いらっしゃいましたね。前後10番くらいは…。
4← →6
関連記事
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントたつみきえ | URL | 2010-01-17-Sun 15:30 [編集]
MO様
こんにちは。

>あ~残念!ちょっと出遅れてしまいました(>_<)  リクエストのお話、楽しみにしています♪  鹿沼は、強引なようですが、ちゃんと考えて、心を開かせる機会を狙っていたんでしょうね。別れる事を思って、先に進めない雅臣にとって、酔って流されちゃうのも良いかも?鹿沼、頑張れ~!

リクエストはいつでも受け付けていますので…(笑)
明け方にキリ番のようでしたね。

雅臣、流されちゃうのかな~。
うちの受けくんはみーんな流されています。
鹿沼に応援頂きありがとうございます。
とりあえず、常陸家から出なくていいように準備はしてあるので…。
ご期待ください(なんのじゃ?)
コメントありがとうございました。   
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.