FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
雛鳥の巣立ち 23(最終回)
2010-01-11-Mon  CATEGORY: 淋しい夜
桜の蕾が膨らんだ。湯沢はもう日本にはいなかった。次にいつ逢えるのかの約束もなかった。
でも「いつでも逢いに来い」と英人を歓迎してくれたし、榛名家の人間も「日本に来た時には是非寄ってください」と湯沢を空港まで見送ってくれた。
英人が渡した絵を湯沢は大事に持ちかえった。
湯沢は英人が描いた絵を何点か持っていたようだ。ただそれは園児だったころのものだったり、高校生の頃や大学時代に描いたものを母が学資金の礼代わりに送ったものだという。
英人は自分の描いたものを大事に飾って過ごした時代ではなかったから、母が処分していても気付かなかった。捨てるように『処分』されたわけではなく、大切にしてくれる人のもとに送ってくれていた母の気持ちに今では感謝しているかもしれない。
今になって出てきたことに恥ずかしさはあったけど。

「見慣れた景色が全く別のものに見えるよ…」
湯沢はニューヨークの夜景を描いた絵を見て、そんなことを呟いていたっけ…。
寄り添える場所をいくつも手に入れられたようで、英人の心の中から一人にされることへの『不安』という言葉が消えた。
以前のように何事にも自信が持てなく躊躇ばかりする自分ではなくなったと、英人も思えるくらいだった。


「ちょっと…っ!もうだめ、やだってばぁ…」
ベッドの中で繰り返される冷たい指先の動きに、思わず背を向けて丸まるのだが千城の力に英人が敵うはずもなく、あっという間にくるりと正面を向かされる。
英人はすでに何度か達した後だったからそれなりに満足していたのだが、相変わらず強情を張った千城はまだ一度だけの放出で、これで終わりにする気などなさげだった。
「明日は休みなんだ。たまにはいいだろう?」
「たまに?!昨日だって『明後日は休みになるから一日頑張ればいい』って言ったの、誰? 俺今日オフィスで動けなかったのっ」
「今日頑張った褒美をやるよ」
「こんな『御褒美』いらないっ!」
「でもちゃんと感じている」
スッと千城に撫でられた下半身が熱を帯びているのを英人は認めたくなかったが、しっかりと反応してしまっているのは動かぬ証拠で、慣れたように千城は英人が強請るように仕向けてきた。
疼いてしまった身体を鎮める方法を英人も千城も充分なくらい知っていたから、やってくるほんの数分後の自分たちが想像できた。
「やぁだぁぁ」
ささやかな抵抗を試みたところで口先だけで終わるとは分かっていても、いつもいつも流されっぱなしの自分がなんとなく悔しかった。
「わかった、あと一回で終わりにするから」
千城に口付けられながら懇願されて、珍しく下手に出るなぁと仕方なく譲る気分で頷けば、その言葉通りに済まされるはずがなかった。
一度英人の体内に潜り込んでしまった千城の分身はなかなか出ていこうとしない。
揺すられ焦らされ、結局明け方まで弄くりまわされて、休日はベッドの中で過ごすことになった。こんな週末が今年になってから何度も繰り返されていて、いい加減学習しなければならないのだと後悔するのに、触れられるたびに愛しさが込み上げてきて自分からも触れたくなった。

そういえば一つだけこれまでと違ったことがある。
今まであまり英人に触らせようとしてくれなかった千城の身体を、最近は「触ってもいい」と言ってくれるようになった。
まぁ千城が大人しくしているのなんて最初のうちだけなんだけど…。あっという間に形勢は逆転され、それ以降は起き上がる気力まで絞り取られるように啼かされた。
嬉しいのか悔しいのかは分からないけど、千城に火を付ける行為になるのは確かなようで、手の指の一本も動かなくなる自分になってしまった時に英人は少しだけ後悔したりする。
だけどこんな体にしてもらえるくらい愛される自分が幸せなのだと思う瞬間でもあった。

…千城がずーっと隣に並んで飛んでくれるんだ…。一緒の景色を見るんだ…。
そう思うとまた愛しさが込み上げて、冷たい千城の指を暖めてあげたくなった。
触れたら我慢できなくなるのは自分なのに…。
こんなところまで見透かされているのだろうか。全部分かっているくせに英人から強請らせる千城をズルイと思いながら、しっかりとその思惑にはまって、今日も千城の愛情を受け取る。流されてしまう自分であっても、英人はやっと自分自身のことを好きなのだと思えるようになった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
長い間お付き合いくださいしましてありがとうございました。
とりあえず千城と英人のお話はこれにて”本当に”完結です。
自信もついて強くもなった英人を長いこと応援してくださった方々、心より感謝を申し上げます。
強くなった…はずなのに、やっぱり千城には流され続けちゃう英人でした。
自分の意見もちゃんと言えないような英人でしたが、たくさんの人から愛されていると知ることで自信を身につけてくれたようです。
次に登場する時には千城の図々しさも少しは備えているかもしれません。(日野とかに言わせたら充分図々しい人間だと言われそうですが…)
そんなのは英人じゃないよーってお叱りの声を頂きそうですが、いつか千城とまた喧嘩をしているくらいのところが書けたらいいです。
とにもかくにも、ここまで支えてくださった皆様にお礼を申し上げますm(__)m
関連記事
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントたつみきえ | URL | 2010-01-11-Mon 19:07 [編集]
S様
こんばんは。
いつも応援してくださいまして本当にありがとうございました。

>最終回がとうとうきてしまいました。淋しい。でも、英人が一回りも二回りも大きくなって千城と一緒に飛ぶ力がついて良かった。英人の中の足りないものが父によって埋められたのでしょうね。千城といつまでも幸せに。そしてまた会える日を願って。 たつみ様お疲れさまでした。次回作も楽しみにしています。

終わりました~っ。やっと終わりました~。
うじうじ英人がようやく成長してくれたようで私もなんとか満足の世界に飛び込んでおります。
家族をも巻き込んで、心の隙間を余すところなく埋め尽くせたのではないでしょうか。

次はどんなお話か…。

ぜひまたお付き合いいただけたら嬉しいかぎりです。
コメントありがとうございました。
お幸せに♪
コメント甲斐 | URL | 2010-01-12-Tue 00:10 [編集]
ああ、英人君の幸せがしっかり見えたところで、終わったんだ~という安堵感と
終わっちゃうのね~という残念な気持ちが半々です。
千城さんに流されちゃうってところはたぶん一生直らないし、ベッドの中で翻弄されてしまうのも主導権がとれないのも仕方ないですよね。
ほんとに愛されてるんだー。

今後もSSみたいな形で時たま、ラブラブな二人の日常やちょっとした出来事が覗けたら幸いです。

終わったばかりでなんですが、新しいお話も楽しみにしていますね。
Re: お幸せに♪
コメントたつみきえ | URL | 2010-01-12-Tue 07:03 [編集]
甲斐様

おはようございます。

> ああ、英人君の幸せがしっかり見えたところで、終わったんだ~という安堵感と
> 終わっちゃうのね~という残念な気持ちが半々です。
> 千城さんに流されちゃうってところはたぶん一生直らないし、ベッドの中で翻弄されてしまうのも主導権がとれないのも仕方ないですよね。
> ほんとに愛されてるんだー。

やっと終わってくれました~。
何時まで経っても主導権なんて握れない英人です。
でもそんな世界が大好きな英人なので、ラブラブ度を噛みしめていればいいと思います。

> 今後もSSみたいな形で時たま、ラブラブな二人の日常やちょっとした出来事が覗けたら幸いです。

長い間育てたので、とても愛着のある子供たちになりました。
またいつか突拍子もない事件を起こすと思います。
そして実家のお兄ちゃんとか上司(友人?)とか従弟とかのため息とお怒りに触れるんじゃないでしょうかね。

> 終わったばかりでなんですが、新しいお話も楽しみにしていますね。

見切り発車してしまったものがあがりました。
今後もお付き合いくださると嬉しいです。
コメントありがとうございました。
Re:
コメントたつみきえ | URL | 2010-01-12-Tue 07:08 [編集]
MO様
おはようございます。

>多くの揺ぎ無い愛情に支えられ、自信を持って、千城の横に並び、二人で飛び立つことができそうですね。最後に、甘い二人を読めて嬉しいです♪まあ、千城に振り回されちゃうのは、しょうがないようですね。ここ数ヶ月、本当にこのお話に嵌り、楽しませていただきました。お疲れ様でした。これからも、宜しくお願いしますm(__)m

英人もやっと千城と共に羽ばたく自信をつけてくれました。
けど、どうやったって千城には振り回されています。
一応、意思を伝えているつもりらしいんですけどね。
結果を見れば…(オイオイっていう感じです)
長い間お付き合いくださいまして本当に感謝しております。
またSSでもあげられたらいいなぁ。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-06-Sun 16:46 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ニアピン
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-06-Sun 17:25 [編集]
秘コメす様
こんにちは。(お名前の読み方、あっていたかな…)

> こんにちは
> はじめて、書き込みいたします。携帯から時々おじゃまさせていただいて、楽しく読ませていただいています。
> こちらのサイトにおじゃました時、カウンターが222223だったので、リクエストさせていただいてもいいのかなあと、よくわからないまま恐る恐る書き込みさせていただきました。
> 本当にそんなことがお願いできるのなら、ご連絡いただけたらうれしいです。

ニアピン~~~♪。
おめでとうございます( ^^) _旦~~ まぁ、茶でも一杯~。のんびりしていってください。
自ブログに来てコメントがあって、自分でキリ番のことを思いだしました(←)
ハイ、リクエスト!!
書けるかどうかは分かりませんが、どのようなご要望でしょうか。
可能な限り妄想させていただきます。
どのCP、こんな内容の話が読みたい~っていただけると嬉しいです(案を他人に任せるという…汗)
コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-07-Mon 12:43 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ニアピン2
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-07-Mon 13:15 [編集]
す様
またコメントありがとうございます。
ちょっと内容が内容だけに伏せさせていただきますね。

リクエスト、ありがとうございました。
別アンケで貼っているものでも人気CPでございます。
少しばかり、以前書いたこともありましたが、やっぱりまだ、その先~~~っですよね~~。
当の本人が努力するかどうかは疑問ですが、新しい未来に進んでいく姿を書いてみたいです。

> 22万回という数字、気が遠くなるような大きな数字。金字塔ですね。おめでとうございます。これからも、みんなの心に響く作品をお待ちしています。

本当にびっくりする数字です。
いつも皆様に読んでいただいて、支えられております。
この先も我が儘をいっぱい言うと思いますが、暖かな目で見守ってやってください。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.