FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
淋しい夜の果て 16(最終回)
2009-12-13-Sun  CATEGORY: 淋しい夜
裸体の上に乗せられる食材を想像しただけで英人はかぁぁぁと顔を赤らめた。
「な、な、何馬鹿なこと…」
「冗談だ」
クスリと笑われてからかわれたのだと知る。
「もう…っ」
拗ねて千城の胸を離れようとしても腕に捕まえられて叶わなかった。
「何を想像したんだ?」
クスクスと笑う瞳は意地悪としか言いようがない。絶対に分かっていて聞いているのだから癪に障る。
プッと口を尖らせてみればくちづけを落とされた。そのまま口腔内を嬲られて誤魔化される。滑るような手付きはあっという間に英人を裸にしてしまった。
「ね、ご飯は?」
「英人が先だ」
充分昂ぶった体を前に今更聞くまでもなかったが、英人としてみればまだどこか抵抗したいところがあった。
このまま千城に流されるのはなんとなく納得がいかない。
それに気付いているのか千城から小さく溜め息が漏れる。
「いつまで拗ねているんだ。素直なのが一番可愛い」
誰が原因を作ったと思っているの!と内心で剥れても、千城にひょいっと持ち上げられてしまえば逆らいようなどなくなった。
結局自分はこうやっていつも流されてしまうのだ。
「もう…。千城なんか嫌い」
ベッドルームに移動する中、投げやりに呟けばフッと笑われるだけだった。

「どうせ神戸に連絡はいっているんだ。休んでいろ」
という千城の無謀な台詞に、散々啼かされることとなった。
何度の絶頂を迎えても弄られてまた反応してしまう自分の体を恨めしく思いながら、この温もりを感じられることが幸せだった。
この部屋に居た頃は淋しさばかりだった。
金で買われただけの関係で、いつか捨てられるとずっと思っていたし、募る恋心をどうにもできなかった。こんなに満たされた生活が待っているなどこれっぽっちも想像などできず、今でも夢のようだと時々思う。

翌朝、英人は自力で歩くこともままならなかった。
「少しは手加減してよ…」
バスルームまで運ばれて温かな湯に浸りながら寄りかかった胸に文句をぶつける。
体力自慢は結構だがほどほどにしてもらわないとこちらの身がもたない。
「英人が強請ることに答えたまでだ」
「手出ししなければいいのっ」
「展示品ではあるまいし。指をくわえて見ているだけなんてできるか」
千城はいつだって英人を煽り立てて英人から望ませる。その結果がこの言い分なのだから悔しくもある。
英人がプイッと横を向くのを千城はただ穏やかな笑みを浮かべていた。
どうやったって英人に勝ち目などない。

家に戻っても英人はベッドの中だった。
千城はあれこれと仕事に追われていたようだが今日も自宅にいた。出社しなくても良いのかと尋ねれば野崎がいない上にスケジュールもないそうでどこにいてもいいとの返事だった。
どうやらニューヨークに野崎を残してきているようだ。
「野崎さん一人に仕事をさせているの?」
「ちゃんと報告は受けているから大丈夫だ。それに野崎は失敗しない」
「相変わらずバリバリやっているんだね、あの人」
もう随分長いこと、野崎には会っていない。ホテルを追い出されて以来、千城が完全に接触がないようにとしてしまったから会うこともなかったのだが、千城の父にも認めてもらったことを思えば、もう嫌味も言われなくて済むような気がした。
何より千城が一番の信頼を置いている人間だけに嫌いたくない。
もう少し経ったらまた一緒に食事でもしようと千城に声をかけてみようか。

手をかざすように上げて指に嵌めてもらった指輪をしげしげと眺める。
何もかも丸く収まった平穏な日常があるだけでいい。千城が傍にいてくれる。何事からも守ってくれる。もう不安に思うこともない。夜が淋しくて泣くこともない。
だっていつだって英人は愛しい人と一緒にいられるのだから…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ようやく最終回が迎えられました。
応援してくださったたくさんの皆様、本当にありがとうございました。
気付いたらお客様も15000名様を越えていました!びっくりΣ( ̄□ ̄;)
次は新しいお話になるか、また英人たちの番外でも書こうか考えているところです。
とりあえずお礼まで。
関連記事
トラックバック0 コメント11
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
最終回おめでとうございます♪
コメントメグミ | URL | 2009-12-13-Sun 13:23 [編集]
こんにちわ

毎回楽しませて頂きました(^_^)v
完結☆おめでとうございます♪
英人が幸せをつかんでとっても良かった~(o^∀^o)

千城父に連れてかれたときはハラハラドキドキしていました(汗)

きっと長い付き合いね中で英人の純粋な心に気付いて千城父や野崎とも和解出来るはず

そして仲良くなってしまえば千城はヤキモチ焼きそうですね(^_^;)
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-12-13-Sun 14:41 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 14:49 [編集]
t様
こんにちは。またいらっしゃってくださりありがとうございます。

>本当に毎日毎日楽しみにしておりました。ハッピーエンドで迎えられて良かったです。

ようやく完結しました!肩の荷がおりました。
全てまんまるく収まってくれて良かったです。

>英人達のお話は一度終幕でしょうが、番外編でまた逢えたら幸いです。 更新、無理為さらない様、新しいお話、番外編両者のんびり楽しみにお待ちしております^^

新しいキャラを考えるのが嫌で番外で食いつないでいこうかと思っていたりするんです(汗)
何が出るかわかりませんが、どうぞのんびりお待ちください。
コメントありがとうございました。
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 14:53 [編集]
S様
こんにちは。
>こんにちは。英人にやっとほんわかした幸せがやってきて良かったです。千城もほっとしただろうなぁ。いつも読むだけの私がコメント書くなんて初めてのことでした。すっごく引き込まれた英人と千城でした。また次のお話も楽しみにしています。

いつもお越しいただきありがとうございます。
英人も千城も安堵していることと思います。
私も話が長くなった分、この子たちには入れ込んだところもありまして…
またいつか登場させられたらいいな。

コメントありがとうございました。
Re: 最終回おめでとうございます♪
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 14:58 [編集]
メグミ様

こんにちは。

> 毎回楽しませて頂きました(^_^)v
> 完結☆おめでとうございます♪
> 英人が幸せをつかんでとっても良かった~(o^∀^o)

ようやく完結できました。応援ありがとうございました。
やっと英人も収まるところに収まってくれました。
親にも認めてもらってあとはらぶらぶな世界が待つだけ?!

> 千城父に連れてかれたときはハラハラドキドキしていました(汗)
> きっと長い付き合いね中で英人の純粋な心に気付いて千城父や野崎とも和解出来るはず
> そして仲良くなってしまえば千城はヤキモチ焼きそうですね(^_^;)

英人が無垢な子ですからね。世間知らずを千城父にも呆れられそうで…。
まぁ可愛がってもらうと思います。
千城も目を光らせるところが増えちゃって大変だなぁ。

コメントありがとうございました。
Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 15:00 [編集]
M様

こんにちは。

> 最終回&15000hitおめでとうございます。英人が千城さんの愛に包まれて幸せそうで嬉しいです。もっともっと幸せになってね(*^.^*)
> 次の作品も楽しみです。新作、番外編どちらも気になりますがお体など無理のないよう更新して下さいね。まったりお待ちしてます(^-^)

いつも応援ありがとうございます。
気付いたら15000名様の数字にびっくりしました。いつの間に…。
そしてやっと完結に持ちこめてほっとしております。
次は何を書こうかとまだ悩んでいるところですが、あまり間をあけずに書けたらいいです。

コメントありがとうございました。
祝!完結
コメント甲斐 | URL | 2009-12-13-Sun 16:22 [編集]
体調不十分なのに最終回お疲れ様でした。
ありがとうございました。ハラハラドキドキなとても楽しみな毎日でした。

英人くんの想像した”なんとか盛り”ってヤツは、どんだけすごい情景だったのでしょうね、自分自身の上の食材って。
千城さんならいつかやってしまいそう。でも、英人君なら生クリームたっぷりのフルーツケーキとかチョコフォンデュとかデザート系が似合いそうです♪

やっぱり野崎氏はやりかけの仕事の後始末に追われてしまうことになってんですね。いい気味だー。。。。と思ったけど、野崎氏にとってそれほど辛いことでも大変な事態でもなさそうだから淡々と片付けていることでしょうね。

今度は、ラブ甘な番外編でますます甘やかされる英人くんとか、英人くんパパとのふれあいとか、日野さんの近況なども知りたいです。
Re: 祝!完結
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 16:52 [編集]
甲斐様

いつもいらっしゃってくださいましてありがとうございます。

> 体調不十分なのに最終回お疲れ様でした。
> ありがとうございました。ハラハラドキドキなとても楽しみな毎日でした。

どうも風邪をひいた模様で、口内炎までできて憂鬱な私です。

> 英人くんの想像した”なんとか盛り”ってヤツは、どんだけすごい情景だったのでしょうね、自分自身の上の食材って。
> 千城さんならいつかやってしまいそう。でも、英人君なら生クリームたっぷりのフルーツケーキとかチョコフォンデュとかデザート系が似合いそうです♪

どんなものを想像していたんですかね。
千城ってばいつか本当にやりそうです。
『夢は叶えるもの』という人なので…。

> やっぱり野崎氏はやりかけの仕事の後始末に追われてしまうことになってんですね。いい気味だー。。。。と思ったけど、野崎氏にとってそれほど辛いことでも大変な事態でもなさそうだから淡々と片付けていることでしょうね。

きっとなんてことなく終わりにしていることと思います。
それが分かっているから千城も放っておいているのでしょう。

> 今度は、ラブ甘な番外編でますます甘やかされる英人くんとか、英人くんパパとのふれあいとか、日野さんの近況なども知りたいです。

英人パパはいつか出したいな~と私も思っていました。
フランスの一件で終わりじゃ、ちょっと淋しいですよね。
日野もどうしているのか。千城の信頼は取り戻しているのでしょうけど。

コメントありがとうございました。
Re:
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-13-Sun 21:24 [編集]
S様 (で宜しかったかしら?すみません何とお読みしたら良いのかと思いまして)

こんばんは。
>めちゃくちゃいい小説でした。読み始めたらとまらなくなっちゃうほど、よかったです

ありがたきお言葉!!
こんな駄文にお付き合いくださいましてとても感謝しております。
長くなってしまいまたが無事終えることができました。

コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-12-14-Mon 01:41 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2009-12-14-Mon 06:51 [編集]
T様
おはようございます。

> 番外編 楽しく読ませて頂きました!!
> 途中ハラハラするところもありましたが、千城の愛に英人も救われて、自信を持ててよかったです。

いつも応援いただきとても感謝しております。
英人、やっとなんとか独り立ちできそうな雰囲気まで持って行けました。

> 親の愛ってのはいつまでも、どこまでも深いってことですよね~
> パートナーの愛と親の愛と二種類の愛を読ませてもらいました。

そ、そんな大層なものを書いたつもりはないんですけど…
でも人はみんな誰かから愛されているんだよっていうのを書いてみたかったです。

> これからも素敵な作品楽しみにしています♪
はい。がんばりたいと思います。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.