FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
日生の休日
2013-10-06-Sun  CATEGORY: 新しい家族
キャラ 日生への質問をいただいたので、そちらの答えになります。
日生、おっきくなっています。
年齢は……、読者様のご想像におまかせします(←)


******

朝目覚めて、日生は自分を抱きしめてくれている和紀の匂いをすんっと嗅ぐ。
体温と香り…。一番落ちつく、大好きなものだ。
和紀はまだ起きそうになく、でも日生を抱きしめる腕の力は緩まない。
和紀を起こさないように、日生はまた目を閉じた。

だがまた眠ることはできなかった。
清音と一緒に行動していた時間が長かったせいか、規則正しい生活習慣が身についている。
和紀に促されるまま、一緒に横になっている時もあったが、今、和紀は熟睡中で、まだ目覚めそうにない。
会話をする相手がいるわけでもなく、日生は手持無沙汰に起きあがろうとした。
休日の日は清音も休みなので、朝食の準備でもしようと思ったからだった。
体に巻き付いた腕をそっと剥がす。
大概は日生が身じろげば和紀も目覚めるのだが、ここのところ多忙だったこともあって、疲れが残っているのだろう。
仕事をきっちりとこなしてくれるのはありがたいが、自分の体のことも気遣ってほしいと思う。
日生が和紀の秘書になってから、和紀はその仕事量を減らそうと動いてしまうのだから、何のために存在しているのか分かったものではない。
一番近くにいてくれると感じることができるところはいいのかもしれないが。
日生を甘やかしすぎる性格は、仕事関連では直してもらいたいと何度言っても馬耳東風と聞き流されている。

日生は熱いシャワーを浴びて脳をすっきりと覚醒させた。
茶色いふにゃふにゃの髪を軽くタオルで拭いてからキッチンに行き、コーヒーメーカーに豆をセットする。
清音に色々と教えられていた日生は、生活していく上で困らない知識をたくさん持っている。
大人になってわざわざ清音の手を煩わせることもないと思うが、ずっとそばに居てくれた人がいなくなるのは淋しいし、実際、和紀も日生も仕事が忙しくなるにつれて、家のことまで手が回らない。
いつも綺麗にされた家の中は、それだけで落ちつくところがある。
それに清音にとってはそれらが『仕事』なのだから取りあげてしまったら可哀想なのだ。
『好きなことをして生活が送れるなんて、私はなんて幸せなのでしょう』
清音は何かあるたびにニコニコと呟いてくれる。
それを聞くたびに、日生も「僕もなんて幸せなんだろう」と噛みしめた。

コーヒーの香りが漂っただけで、空腹の虫が音を立てた。
和紀はまだ起きてこないだろうか…。
一人、先に何かを食べてしまっても文句も言われないのは承知しているが、やはり"一人先に"というのは気が引ける。
かといって、起こすなんてことはもっとできない。
それでも準備をしようと、マフィンや卵、ベーコンや野菜を取り出した。
ほどなくして和紀が起きてくる。
…良かった、一緒にご飯が食べられそうだ…。
「和紀くん、おはよう…」
「うん、おはよう。…ひな、髪乾かしてないの?風邪ひいちゃうよ」
和紀は近づいてくるなり日生を抱き寄せて額と頬にくちづけたあと、軽く唇を重ねた。
ボディソープの香りが鼻孔をくすぐり、それだけで和紀も爽やかな気分になる。
洗いたての日生はとても新鮮に思えて、柔らかな日生の香りと混じり合う時が好きだった。
「和紀くんもシャワー浴びてくる?」
その間に作っちゃうけど…と首を傾げれば、「いや、いい。先に食べちゃおう」と洗面室に向かっていった。
去り際に日生のお腹をひと撫でしていったのは、空腹状態にあると分かっていたからだろう。
待てないわけではない、と文句を言いたいところだが、いつも日生を優先させる和紀には聞いてもらえるものでもない。
日生はいまだに、『拾ってもらった恩』が身に染みついているのか、喧嘩らしい喧嘩はしたことがなかった。
この先もないような気がする。
そのことを和紀はあまり良しとしないようだが、和紀も日生の機嫌を損ねることはしないのだから、喧嘩にもならないのだ。
ちょっと日生が素っ気ない態度を見せただけで和紀はすぐに「ごめん…」と謝ってくる。
そして抱きしめられて、すべてがうやむやにされて終わる。

向かい合わせになって食事を摂っているとき、どうしても会話の内容が仕事内容になってしまう時がある。
「今日は映画でも見に行く?」
次々と公開される映画は二人の共通の趣味でもあり、家にもたくさんのDVDが揃っている。
気に入ったシーンがあると、見学ついでに旅行をしたりもする。
和紀に問われて、外出するのでも良かったのだが、日生は教えてもらった『ブログ作り』をしたかった。
取引先の社長が、他愛のない出来事を綴っていると教えてくれて、知らなかった日常が見えてくるのが楽しかった。
もちろん何でも書けるわけではないが、話題のネタにできるのも確かで、自分もやってみようと思ったのだ。
日生がその話を持ち出すと、和紀は眉間を寄せた。
「ブログ?何書くの?」
「えーと、ふつうのこと?あ、今日の朝ご飯は○○でした、とか、映画を見に行ってきました…とか?…ほら、社長の知られざる世界をご開帳…?」
「俺なの?ひなから見た俺がどんなのなんだかおもしろそうだけれどさ…。閲覧規制かけておけよ。誰にでも見られるのは良しとしない」
とりあえず和紀に反対されたわけではないので、日生は「うん」と頷いて笑顔を見せた。
たぶん、和紀も手を出してきて、ふたりで一つのものを作っていくことになるんだろうけれど…。

その日見た映画は、貧しい青年が路上に落ちていたゴミの紙を拾って、即興で切り絵を作り、通行人を楽しませるものだった。
差し出された紙を二つに折り、三つに折り…、鋏を入れて広げたら蝶になっていたり、手をつないだ人になっていたり…。
投げ入れられるお金で生活を送り、やがて人の目にとまり、大きなホールで展示会まで開くようになったが、生活は変えることなく、贅沢をしない。
休みには近所の子供を集めて、一緒に触れ合う。
ほのぼのとした世界は、見終わった後も心をほっこりと温めてくれた。
そしてまた、日生にもそうあるべきだと教えられた気がした。
日生が「僕でもできるかな」と売店に並べられた『基本セット』を眺めると、和紀が「やりたいの?」とやっぱり商品を手にした。
「やりたいっていうか…。今度の忘年会でちょっとだけみんなに楽しんでもらえるかな、と思って。ほら、部署ごとから芸を披露する人が何人かいるじゃない」
「あぁ、強制していないのに、なんでか伝統行事みたいにやりたがるんだよな…。親父が好きに楽しませればいいって放っておいたからなんだけど。まぁ、社内の人間に顔を覚えられるのも悪くないしな」
大がかりなことはできないけれど、鋏ひとつで、待っている間のワクワク感をみんなに与えられるのは楽しそうだ。
日生が見守ってくれる人たちに対して恩返しできるものといったらこれくらいだろう。
日生は一番難しそうな技は和紀にも内緒で練習しようと思った。
基本セットの他に、難易度が示された本も購入する。
和紀の驚く顔を想像したら自然と笑みがこぼれてしまった。
…ちゃんと練習しなくちゃ…。
日生は童心に返ったような気分になって、「早く帰ろう」と和紀を促すのだった。

―完―

お題は

*パートナーと喧嘩しちゃいました。理由はなんですか?
*好きな匂いは?
*パートナーに直してほしいところは?
*休日の朝、遅く起きたパートナーに「おはよう」の後に何か一言
*パートナーにどうしても言えない秘密があります。何ですか?
*宴会で一芸を披露するとしたら、何をしますか?
*ブログを始めました。テーマは?

だったのですが、うまく盛り込めたでしょうか。
想像してて面白かったです。
ネタフリ ありがとうございました。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
関連記事
トラックバック0 コメント9
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
大きくなったひなちゃん
コメントちー | URL | 2013-10-06-Sun 09:59 [編集]
すーさんのお題だ!
しかも、ひなちゃんがブログ。読まなくちゃ。
閲覧規制ですと?
まあ、上手いこと友達になって読みますわよ(笑)
何となく、二人の生活が垣間見えてホッコリしたなあ。
その前に、ひなちゃん初めて物語を読み返してたってのもあるけどねー。
お兄ちゃんから和紀くんへ。
この違いにいろいろ思うのよねえ。
アマアマなお兄ちゃんにひなちゃん。
幸せにねって思うの、いつも。
そして、パパもまだ元気!だって、いつの頃って書いてないもんね。パパ、お兄ちゃん、ひなちゃん、清音さん。時々、時々、オヤジ殿。
私が描く幸せな風景です。
ヾ(*^o^)ノひゃっほほーいっ♪
コメントすぎもと | URL | 2013-10-06-Sun 10:04 [編集]
素敵なSS、ありがとうございますっ!
2日連続で、早朝から奇声を発してしまいました。
嬉しくって、テンションはMAX振り切り、超うるとらスーパー最高Highです。

思いつくまま書き並べた質問で、統一性の欠片もないものだったのに、
こんなに見事に自然に盛り込まれるなんてっ!
さすがですっ!
すごすぎですっ!
作中作もすてきで、見に行きたくなっちゃいます。

ちっちゃい日生も好きだけど、成長しても健気なままの日生も大好きです。
幸せそーな日生を垣間見ることができて、とっても嬉しかったです。
素敵なSS、ほんとーに、ありがとうございました。





腐レンジャーにブログの閲覧許可は頂けるのかしら。。。
あっ!
コメントすぎもと | URL | 2013-10-06-Sun 10:12 [編集]
ちーさま、ブログの閲覧許可、必ずGETしましょーねっ!



連投失礼しました。
書き込み完了した後にちーさまのコメントに気がついて。。。
Re: ヾ(*^o^)ノひゃっほほーいっ♪
コメントたつみきえ | URL | 2013-10-06-Sun 10:16 [編集]
すぎもとさま こんにちは。
ご一緒していたようです。

> 素敵なSS、ありがとうございますっ!
> 2日連続で、早朝から奇声を発してしまいました。
> 嬉しくって、テンションはMAX振り切り、超うるとらスーパー最高Highです。

また本日も喜んでいただけてこちらも悦にひたっております。

> 思いつくまま書き並べた質問で、統一性の欠片もないものだったのに、
> こんなに見事に自然に盛り込まれるなんてっ!
> さすがですっ!
> すごすぎですっ!
> 作中作もすてきで、見に行きたくなっちゃいます。

いや、もう、強引に組み込んだ…というものです(恥)
流れもへったくれもない…(´∀`;)

> ちっちゃい日生も好きだけど、成長しても健気なままの日生も大好きです。
> 幸せそーな日生を垣間見ることができて、とっても嬉しかったです。
> 素敵なSS、ほんとーに、ありがとうございました。

以前、別の方にも"大きくなった時の日生"のリクをいただいたことがあって、そちらはすっかり放置してしまったものですから、こんな時にでも盛り込んでおくか…と。
なんでも詰め込むこの私(笑)
相変わらず日生には甘々な和紀と、和紀のために居ると考える日生のようです。

> 腐レンジャーにブログの閲覧許可は頂けるのかしら。。。

きっとパスワード申請をすることで見られるでしょう。
あ、申請する時は『腐レンジャー』の姿を隠して、『ご令嬢』になってね~。
警戒されてはいけませんから(笑)
コメントありがとうございました。
Re: 大きくなったひなちゃん
コメントたつみきえ | URL | 2013-10-06-Sun 10:39 [編集]
ちーさま すみません。すっかり見落とし…m(__)m
遅くなりましたがレスです。

> すーさんのお題だ!
> しかも、ひなちゃんがブログ。読まなくちゃ。
> 閲覧規制ですと?
> まあ、上手いこと友達になって読みますわよ(笑)

ええ、是非潜り込んでください。
きっとさえちゃんあたりが プリンで釣って、広めてくれると思いますけれどね(笑)
閲覧規制…。どこまで有効でしょうか。

> 何となく、二人の生活が垣間見えてホッコリしたなあ。
> その前に、ひなちゃん初めて物語を読み返してたってのもあるけどねー。
> お兄ちゃんから和紀くんへ。
> この違いにいろいろ思うのよねえ。
> アマアマなお兄ちゃんにひなちゃん。
> 幸せにねって思うの、いつも。
> そして、パパもまだ元気!だって、いつの頃って書いてないもんね。パパ、お兄ちゃん、ひなちゃん、清音さん。時々、時々、オヤジ殿。
> 私が描く幸せな風景です。

そう。最初、パパはすでにおりませんって書こうかと思ったんだけど…。
なにせ年齢不詳のままで終わった作品だから、別に書くこともないかなと思って。
想いが通じた後のことは確かなのだし。
清音さんも母屋と新居のお世話に大変でしょう。
母屋には時々オヤジがやってくるけれど、周防はそこは絶対に清音サンには関わらせないだろうしね。

好きに妄想できる幅を残してありますので(←)
"幸せな家族の図"として伝わったら嬉しいです。
コメントありがとうございました。
拍手コメ う様
コメントたつみきえ | URL | 2013-10-06-Sun 10:54 [編集]
こんにちは~。
本日もご来店ありがとうございます。

> 大人のひなちゃんもかわいい(´ψψ`)

大人になっても無垢なところは変わらないでしょう。
あまり和紀が世間を見せませんのでねぇ。
それはそれで問題だと思うのですが。
ずっと小さい頃のままの日生で番外が進んだので、私も良い気分転換になりました。
イメージとか、ぶっ壊れなくて良かったです。
コメントありがとうございました。
そういえば
コメントちー | URL | 2013-10-06-Sun 12:13 [編集]
クイズ正解リクエスト、まだ有効かな?
すーさんみたいな上手いお題は出来そうもないけど、あんな感じでリクエストしたいと思います。

相方が大好きすぎる。相手はどう思ってる?
どうやらライバルが出現したらしい、さて、それは誰?
どうしても譲れないものは?
とうとう別れ話に発展、どっちが折れる?

出来たら筑穂兄ちゃんとフクちゃんか、吉良さんと千種さんカップルが良いなあ。

うーん、上手く出来ないなあ。
あとは、きえちんの立派な文章でよろしく~。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-10-06-Sun 21:57 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2013-10-06-Sun 22:30 [編集]
秘密コメの み様 こんばんは~。

> 初めましてm(_ _)m
> いつも読ませていただいているのですが、
> この数日、何度目かになる“成くん”を
> よんでました。
> ひなちゃんも大好きで、思い出したのですが、
> ひなちゃんの背中の治療どうなったのだろうと・・・
> 風邪をひいた時のわっくんが大変で、パパは思い出の中・・・
> でも、手術となると・・・知りたい・・・

成俊を読んでくださったのですかっ。
一度読めばもういいと思うのですが…(←)
本当に嬉しい出来事です。
えーと 日生の背中の傷ですが、さりげなく12話で手術を受けた記録があります。
一部の読者に言わせると、この外科医は成俊のお世話をした外科医らしいですが(笑)
この当時はそんなこと、微塵も思わずに書いておりました。
年を追うごとに消えていったかと思います。
風邪をひいても頑丈な和紀は問題ないかと…(あれ?これってコメ欄か番外で書いた?)
周防、生きている間は、和紀と日生に手を尽くしまくりましたからね。

> 文章力がなく、すみません
> 更新されることを楽しみに待ってます(^人^)

こんな駄文にお付き合いくださいまして、こちらこそ感謝です。
また疑問点でもリクエストでもお寄せくださいね。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.