FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
木漏れ日 40
2013-09-04-Wed  CATEGORY: 木漏れ日
優しい眼差しで見つめられて…。
でも鳥海は自分の気持ちは吐露できなかった。
その後にやってくるものは、今までと変わらない態度なのだろう。
思いを告げたら迷惑がられるかもしれないと思うと、いつも鳥海を気に掛けてくれた瀬見を失う気がした。
ゴンドラは静かに現実の世界に舞い降りていく。
瀬見は『魅惑の国』と言った。
きっと、海でのマジックと同じなのだ…。

悲しい気持ちが宿れば、自然と態度にも出るようだ。
鳥海を覗きこんだ瀬見に、「疲れた?」と問われて、「少し…」と答えるしかない。
「じゃあ、八竜たち、呼び戻すか」
携帯電話を持った瀬見は、すぐに八竜と連絡をつけたようだ。
出口で待つ、という話になって、その場所へと向かう。
辺りはすっかり暗くなって、まだこれからの時間を楽しむ人たちがいて、叫び声もあちこちから聞こえてきた。
楽しんだのは自分も一緒なのに…。

ほとんど同時に着いたようだ。
「鳥海~っ」と久し振りの顔に、万遍の笑みが浮かんでいる。
それだけで、どういう経過をたどったのか、想像できてしまう。
両手を広げて飛びこまれて、嬉しそうに笑う藤里が羨ましかった。
こんなふうに正直に自分を表せたなら…。
隣では八竜と瀬見が何やら話をしている。
興奮した藤里が鳥海に話しかけてくる。
「ありがとう」
その一言が今日一日の結果だった。
…やっぱり、なんでもうまくいくんだ、藤里は…。

藤里に対してだけは素直になれる。
それこそ、取り繕う必要がない。
藤里の喜びとは対照的に鳥海は口を開いた。
「オレ…、瀬見さんのこと、好きになっちゃったみたい…」
ん?と藤里が真剣な顔に戻って首を傾げた。
「いいんじゃない?瀬見さんだって、その気でしょ?」
「そうなのかな…」
とてもそうとは思えないのは、森吉と比べてしまったからだろうか。
森吉と同じ行動を取られて、森吉は平然と元の関係に戻った。
こればかりは、藤里の言葉を信じることはできなかった。

******

車に乗って揺られると、しばらくして鳥海と藤里は眠りの世界に誘われた。
はしゃぎ過ぎてつかれたんだろうな、とはどちらの意見でもある。
後部座席でふたり、コクリコクリと船をこぎ出して、完全に眠ったと思われた頃、八竜が口を開いた。
「参ったな…」
その意味を瀬見は理解する。
「いい加減な気持ちで答えるなよ」
「おまえじゃあるまいし…」
憎まれ口は、お互いの過去を知るからだ。
藤里が間をおかずに告白したのだとは、漂う雰囲気で感じることができた。
喜ぶ姿をみれば、どんな返事をしたのかも容易く想像できる。
藤里がとても純真であると知るから、瀬見も忠告するのだけれど。
八竜は、改めて告白されたことで、自身の気持ちに気付いたのだろう。
はっきりとした関係が訪れれば、心境は劇的に変わる。
自分の手中にあると自惚れて、その曖昧さに辟易としたのち、去られる人はどれくらいいるのだろうか。
「知ってたんだ…」
八竜はため息と共に、自分の不甲斐なさを感じていた。
言われるまで気付かないとは、どれだけ情けない男なのかと、後悔も滲んでくる。
瀬見はフッと笑う。
「まぁね」
「そういうとこ、敏いのは昔からだよな」
皮肉か、褒め言葉か。
藤里の気持ちに気付いていたからこそ、ふたりきりにさせた過程を思うと、八竜は余計にこの男のすごさを見せつけられた気分になった。

同時に湧いた思いは瀬見に向けられる。
「おまえさ…」
問いかけられて、チラッと助手席に視線を送り、また正面を向いた。
「ん?」
また思いつめた、重い空気が流れる。
「鳥海はダメだぞ」
「え?」
静かに語られる言葉に、兄としての思いが漂った。
「その気にさせるだけさせて、こっぴどく振ったヤツが何人いたと思っているんだ。モテ男の勲章は立派だけど、鳥海をその中には入れさせない」
「八竜…」
過ぎてきた過去に後悔が混じったのは、瀬見自身、初めて守ってやりたいとか大事にしたいという思いが湧いていたからだった。
過去を知るだけに、八竜の発言は辛辣だ。
弟を大事に思うからこそ、やがてやってくる苦しみを味あわせたくないと、前もって境界線を引く。
そんなつもりはないと訴えたところで、誠実さは八竜には伝わらなそうだった。
「八竜…」
「鳥海はダメだ」
同じ言葉の繰り返しに、お互いからため息が漏れた。
鳥海から心の声が聞かされたなら、八竜は『気の迷いだ』と否定するのだろう。
どんな手段を使っても、引き離すよう動くのは目に見えた。
それほど、瀬見の過去は酷かった。
その場の雰囲気だけで喰い尽した数を知られ、呆れられ、あんな連中は『付き合った数には相当しない』と豪語したやりとりを知る人。
自分だって、同じような男が妹に近づいたなら、間違いなく反対する気持ちは痛いほど知れた。
「瀬見がいい奴だっていうのは分かってる。鳥海を救ってくれたことも、いつも気に掛けてくれることも知っているけれど、それとこれとは別問題」
「鳥海を海原に出す気はないってこと?」
「おまえ、いつから鳥海を呼び捨てで呼ぶようになったんだよ。そういう、軽いところがさ。唯一気に入らない点だね」
誰とも分け隔てなく付き合ってきてくれた八竜の真髄を見た気がした。
相手の意思をくみ取り、親しい間柄でも正直に声に出すところは、それだけで人の良さを思い浮かばせる。
真正面から向かってこられるから、自分の欠点も素直に受け入れられた。
今更遅いのだろうか。

「鳥海はダメだ」
念を押すように同じ言葉を繰り返され、瀬見は過ごしてきた自分の生きざまを呪っていた。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ダメだよねー
コメントちー | URL | 2013-09-04-Wed 13:43 [編集]
来た、にぃのダメ!
でもー、可愛い子には旅をさせろって。
え?自分の息子じゃないからって?
当たり前です!ははは。

そうかあ、それで瀬見ちゃんあんな事するんだ。
納得納得。
(私の中では決定事項)

さあ、モテオの瀬見ちゃん。
今までのツケを払う時がきたね!
頑張れ、鳥海くんが本当に欲しかったら。
(.*'∇')ノ゜・:*【祝 FC2 ブログ☆ランキング 3位】*:・゜オメデトー!!
コメントけいったん | URL | 2013-09-04-Wed 14:11 [編集]
「ポチ」は してたけど、 私が 気づかなかっただけかしら?
もし そうだったなら ごめんよ~~(^人^)

まぁ 藤里の アノ積極的な言動なら 告ると 思ってたよ!(笑)
でも 八竜が 「OK」するとはねー、
良くて 「保留」かと…吃驚!Σ(*゚д゚*)!!!
このCPさんは、亭主関白なダンナと 甲斐甲斐しい嫁になるのは、間違いないでしょうね。
でも 藤里って ちゃ~んと計算する子だから 八竜に気づかずに 「カカア天下」になってるかもね♪(o^^o)ふふっ♪
  
それなのに 鳥海と瀬見の方は…(´Д`) =3 ハゥー
頑固親父化した八竜が 何度もダメと言うのは 本当に拒んでいるのでしょう
私が 。o0((((゚∀゚)ノオットゴメンヨ~♪ ← お邪魔虫をする隙も無いわ!

瀬見も 反論しないんfだから それだけの過去があったんだね、瀬見…┐(´~`;)┌ヤレヤレ
過去の自分を 悔み呪うより 今は 如何すればいいか 前向きに考えてね~d(≧ω≦)ネッネッ


瀬見は 鳥海と 仲良く 観覧車だし、ヤケクソな気持ちで お化け屋敷で 頑張ってる私!
白塗りも 汗で 半分は溶け 更に 怖さを増したオバケ姿で
ナルを怖がらせたのはいいけど、(好きキャラ・ランキング3位の)佐貫に 鋭く冷たい視線を浴びせられ 私の方が 怖かったよ~~
( =_=) ギロッ----冷視線---→(((つд⊂)))エーン

そんな凹んだ私に 追い打ちを掛ける事がーー!
テッペンに上がった観覧車の中で 瀬見と鳥海がチュウ~(*^3^*)とは!!
それって 永遠に結ばれた愛を誓うって ことでしょう
もう~~いやぁ~~~号(━━┳━━ ◇ ━━┳━━)泣

 


 
Re: ダメだよねー
コメントたつみきえ | URL | 2013-09-04-Wed 14:41 [編集]
ちーさま こんにちは。

> 来た、にぃのダメ!

来ましたヽ(゚∀゚)ノ
そんな簡単に認めないよっ。
にぃちやんが大事にした弟だもん。
(つか…私が思うのに…、いったいいくつ、兄弟書いたの…? また兄弟ものかよ…って感じですね)

> でもー、可愛い子には旅をさせろって。
> え?自分の息子じゃないからって?
> 当たり前です!ははは。

めっちゃ投げやりだね。
でもそうです。
旅に出さないと新しい出会いもないしね。
そこが、某家族のお兄ちゃんとは違うところですね。(あのにぃは絶対に外には出さない)

> そうかあ、それで瀬見ちゃんあんな事するんだ。
> 納得納得。
> (私の中では決定事項)

さらに決定事項は続くかと…。
妄想はいっくらでもしてください。
私の責任の範囲ではありませんので(笑)

> さあ、モテオの瀬見ちゃん。
> 今までのツケを払う時がきたね!
> 頑張れ、鳥海くんが本当に欲しかったら。

ここにきて瀬見の過去が暴露されました。
これでも"いい人"と言えるのかなぁ(←)
でも私はSじゃないし、ハピエン主義者なので~。
どうなるのでしょうねぇぇぇぇ(←どうでもいいかもしれない作者)
…つか、早く終わりにしろよってとこですが。

いろいろ思いながら、明日を待ってね。
コメントありがとうございました。
Re: (.*'∇')ノ゜・:*【祝 FC2 ブログ☆ランキング 3位】*:・゜オメデトー!!
コメントたつみきえ | URL | 2013-09-04-Wed 15:07 [編集]
けいったんさま こんにちは~。

> 「ポチ」は してたけど、 私が 気づかなかっただけかしら?
> もし そうだったなら ごめんよ~~(^人^)

いえ、私もはじめて知りました。
そんな大層なことじゃないと思いますが。
ランキングはどうでもいいので、とりあえず読んでくれる人がいるとわかると
続きかこうか~ってきになにます。
でも、いちいち、ポチするのって絶対に面倒だと思うので、読み逃げでもいいんですけどね。
見える数字は確かに嬉しいですが。

> まぁ 藤里の アノ積極的な言動なら 告ると 思ってたよ!(笑)
> でも 八竜が 「OK」するとはねー、
> 良くて 「保留」かと…吃驚!Σ(*゚д゚*)!!!
> このCPさんは、亭主関白なダンナと 甲斐甲斐しい嫁になるのは、間違いないでしょうね。

ハイ。無事収まりました~(端折って結果だけ 汗 書かないよ。スピンオフなんて)
八竜はそばにいることに甘えていて、去られることを思ったのでしょうね。
いろいろ考える にぃ なのです。
こんな俺に着いてきてくれるやつはイネェ…とかなんか…。
…実感しとけ。

> でも 藤里って ちゃ~んと計算する子だから 八竜に気づかずに 「カカア天下」になってるかもね♪(o^^o)ふふっ♪

だってすでに母親の懐に入り込んでいるもん。
もう家族の一員ですよね。
次に起こす行動といったら、それこそ、小姑を追い出すことか(←?!)
  
> それなのに 鳥海と瀬見の方は…(´Д`) =3 ハゥー
> 頑固親父化した八竜が 何度もダメと言うのは 本当に拒んでいるのでしょう
> 私が 。o0((((゚∀゚)ノオットゴメンヨ~♪ ← お邪魔虫をする隙も無いわ!

いえいえ、一緒にオジャマムシしてください。
八「アイツはこいういのに弱いから…」
師「ふむふむ…」
八「瀬見の弱点は…」
師「(キラーン☆ ▽ ☆;)エッ!!」(←教えていいの?!)

> 瀬見も 反論しないんfだから それだけの過去があったんだね、瀬見…┐(´~`;)┌ヤレヤレ
> 過去の自分を 悔み呪うより 今は 如何すればいいか 前向きに考えてね~d(≧ω≦)ネッネッ

反省点山もりです。
お兄ちゃんに土下座してでも、誠実さを示そうね。
…どんな過去があったんだかねぇ。

> ナルを怖がらせたのはいいけど、(好きキャラ・ランキング3位の)佐貫に 鋭く冷たい視線を浴びせられ 私の方が 怖かったよ~~

脅したことで、なんとかの『刑』にならないとは思いますが。
相手が佐貫だもんねぇ。
( =_=)~~タイホ

瀬見はとうとう動いた?!
まあまぁヾ(- -;)
チューは普通らしいのでなかないで~
♪泣かないで~♪(←なつかしい曲)

コメントありがとうございました。
乗り遅れ
コメントnichika | URL | 2013-09-04-Wed 20:29 [編集]
ふぇーん けいったんさんと違うお化けを狙い 白塗りサ貞子はやめて 全身黒塗り透明人間を狙ったのに・・・すっころんで
硬いものからぬかるみの感触  腐腐 みなさん 私の背中をガシガシ踏み飛ばして頂きました
お化け屋敷でまっ黒はキツイ! 仲間にも分からなかったみたい  師匠がどんだけ瀬見さんに手を伸ばしていたか(笑)黒塗りは見た!
そう ちーさんがひなちゃん達を激写している隙に 暗躍しておりました★  へへへ 次はさえさんをビックリさせようっと! あう ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ! なにか白馬の王子が阻止してる・・・  エーンまた転んだ すーさん ヘルプ-
Re: 乗り遅れ
コメントたつみきえ | URL | 2013-09-05-Thu 11:16 [編集]
にっちん、こんにちは~。

> ふぇーん けいったんさんと違うお化けを狙い 白塗りサ貞子はやめて 全身黒塗り透明人間を狙ったのに・・・すっころんで
> 硬いものからぬかるみの感触  腐腐 みなさん 私の背中をガシガシ踏み飛ばして頂きました

真っ黒で登場(爆)
そりゃ、待機していたって気付かれずに踏まれたでしょうよ。
ヾ(- -;)ヨシヨシ
でも楽しませるために頑張ってくれたんだよね~。

> 師匠がどんだけ瀬見さんに手を伸ばしていたか(笑)黒塗りは見た!

それこそお化けの勢いであっちこっち移動して、どうにか接触の隙間を図っていたんでしょうね。
撃沈したらしいけど。
一部始終を見ていたにっちんは、腐腐腐腐とほくそ笑んでいた模様。

もっともっと頑張って阻止してね~(←無駄だと思うけど コラコラ)
転んでひざ擦りむいたにっちん、傷の手当てはきちんとしてね。
そこからウジウジ ウジウジ虫が発生したら本当のおばけになっちゃうよ~。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.