FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
淋しい夜に泣く声 77
2009-11-04-Wed  CATEGORY: 淋しい夜
微妙にR18くらい…

「な…んで…?」
…だって、来るのは明日だって言ってたじゃん。今日着くって分かっていたら出掛けなかったのに…っ!

聞きたいことや言いたいことが溢れてくるのに、嗚咽に邪魔されて声にならない。
温かくて力強い腕に支えられながら榛名の唇に、濡れる睫毛や頬を拭ってもらう。親指の先で赤い唇を撫でられた時、もう我慢できないと榛名に口付けを求めた。榛名の首筋に両腕を回し、少しだけ背伸びをしてみる。
「仕事を切り上げてきた」
榛名は短く答えただけで英人の唇を塞いだ。
腰をぐいっと引き寄せられて榛名の肌にもっと密着させられる。
口は息苦しさを訴えても離してくれなかった。
「…はぁ…、っんっ…」
息を吸い込んだ途端にまた塞がれる。歯列を割られ舌を絡ませ幾度も角度を変えられて、送り込まれる唾液はこぼれて仰け反った白い首筋まで流れ込んでいった。後頭部を片手で押えられ、あとの片手は指先がシャツの裾から入り込み、背中を撫で脇腹を這い鳩尾から胸へと滑っていく。
冷たい感触にビクビクと肌が粟立ち、硬くなり始めた股間を確認するように榛名のモノへと押し付けられた。

「んっ、あ、ダメ…!…まって…」
軽い口付けを施しながら、間近にある瞳が「何故?」と悪戯に笑った。
何故って、だって一日中動きまわって汗にまみれた汚れた身体を触って欲しくない。
ようやく放してもらった顔を榛名の胸に埋めてプルプルと振れば、全てを理解したように「お風呂に入りたいの?」と囁いてきた。
小さくコクリと頷けば、ガクガクと崩れ落ちそうな膝をいきなり抱え上げられる。
「仰せの通りに」


裸体を見られることに変わりはない。
バラの香りのするバスタブの中で身体を触れあわせた。逞しい胸筋の前で英人の股間はすでに蜜を零すくらいにまで成長している。
榛名の太腿の上に跨った英人は何度も榛名と唇を合わせた。
湯の中で撫でられる身体が嫌でも反応してしまう。

ビクビクとする柔肌が榛名は楽しいようで、何度も指先で股間に触れてきた。触る…というほどの刺激までは与えてくれない。湯をわざと波立たせるようにかいて英人の全身に刺激を与えてきた。
「…んっふっん…」
首筋を仰け反らせて快感をやり過ごそうとするのに、榛名は容赦しない。
突き立てる指先で双丘の間を何度も舐られた。
「おまえの中を見てもいいか?」

何の間違いもなかったのに、確認したいと言われれば英人は逆らうことなどできずに静かに頷いた。
のぼせそうな身体をバスタブの縁にあげられて、片足だけが目の前に佇んだ榛名の肩に乗せられる。
後ろに倒れてしまわないように背中を支えられ、蜜壺を覗き込む榛名の視線が痛いくらいだった。
英人は榛名の首筋に回した手を解かなかった。

こんなに恥ずかしい体勢はこれまで取らされたことがないはずなのに、榛名の前ではできた。
英人は目を閉じることで榛名の動きを肌の上だけで感じようとした。
それが感じることの逆効果になっても、嬉しさだった。すでに反り立った熱は後孔をかくしてもくれない。

クチュッと厭らしい水音がたった。榛名の一番長い指が英人の中へと潜り込んでくる。
柔らかな内壁を榛名の指が辿った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

すみません、全然書けなかった…。

↓こっちだけでいいですからどうかポチッとしていってくださいナ…m(__)m
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
めいっぱい愛されたい!!
コメント甲斐 | URL | 2009-11-04-Wed 10:39 [編集]
千城さんたら、
英人君がパリで別れてから今日までどんなふうに過ごしていたのか不安だったのでしょうか。
誰にも触れられていないって事を確認したいくらいに。
大丈夫さ、もう英人くんは心も身体も千城さん以外に開けないくらい愛しているんだから。千城さんでいっぱいさ~。

よそ見するのは、美しい風景や絵画だけだと思いますよ。
それにも嫉妬する!?
Re: めいっぱい愛されたい!!
コメントたつみきえ | URL | 2009-11-04-Wed 12:47 [編集]
甲斐様

こんにちは。

> 千城さんたら、
> 英人君がパリで別れてから今日までどんなふうに過ごしていたのか不安だったのでしょうか。
> 誰にも触れられていないって事を確認したいくらいに。

最近、こいつ(千城)はどこまで嫉妬深い男なのかと思い始めました。
勝手に動くなと言いたいくらい英人を溺愛しております。
離れている一週間、英人よりも千城のほうが不安だったみたいです。

機会あったら千城のこんな状況も書いてみたい…(うそうそ。冷汗。冗談です)

> よそ見するのは、美しい風景や絵画だけだと思いますよ。
> それにも嫉妬する!?

うっ!!嫉妬してそうだぁ。
なんて心の狭い男…。
英人が視線を向けるのは自分だけで十分くらいに思っているのでは…。

まぁ、なんでもかんでも『英人のため』と言い訳を付けて連れ出します。私と神戸は。

コメントいただきありがとうございます。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.