FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
春が来てくれるなら 28
2013-05-15-Wed  CATEGORY: 春が来てくれるなら
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


先日は同じベッドに入ることはなかった。
韮崎に促されたからなのか、勝沼の自制心が勝ったのかは分からないが。
許してしまえば時を同じく刻む。

抱いて欲しい、と願い出たのは大月のほうだろう。
"間違い"にはならないとどこかで確信があった。
委ねてくる体を見ては、心配げに眉根を寄せられた。
「分かっているよ、分かっているけれどさぁ・・・」
まだ躊躇いを含んだ声にどう答えて良いのかも分からない。
大月の遊んできた過去。今見える現在。
踏み出してしまいたい葛藤は勝沼のほうが強いのだろうか。
「本当に、マジで、俺だけにしとけよ・・・」
小さくつぶやかれた声は、勝沼の"不安"でしかない。

優しい口付けだった。
上と下と、両方を静かに食む。
髪を撫で上げて全ての体温を感じるかのように手指と口先がうごめいた。
ゆっくりと・・・だけど確実に官能を呼び覚ましていく。

「あ・・・双葉・・・」
「もうすこし・・・」
下半身に集まる熱を誤魔化したくて、先をねだる。
でも勝沼はより多くの、大月の乱れる姿を望んでいるようだった。

他人の前で誰かを求めたシーンなどいくらだってあっただろう。
それらを演じることは決して苦痛ではなかったのに、どうして、勝沼を前にしたら羞恥心が湧くのだろうか。
そう、あの韮崎でさえ、平気で足を開けたというのに。

両腕の力で膝を割られて、「いやっ」と初めて恥らいが駆け抜けた。
慣れきったはずなのに、それは大月ですら意外な反応だった。
「大月・・・?」
「あ、ごめん・・・でもなんか・・・」
堂々と過ごそうとは思う。
しかし意思とは関係なく、全てをさらけ出すことはできなかったのだ。
分かったように、勝沼は口角を上げた。
「これ以上韮崎さんに慣れ過ぎられたら、俺、なんて言えばいいの?今の大月、めっちゃ可愛いし誰も知らないウブなとこ、ある。誰にも知らせず、残しておけよ」

他の人間に対してどう振るまったのか。またどう対応してきたのか。
責めるつもりはないと暗に含まされる。
韮崎とのことも分かっていて目をつぶった結果だ。
これ以上、自分のことを分かって、理解して、見つめてくれる人はどこにいるだろう。

抱かれたその時に、今までとの違いを見た。

韮崎も優しかったけれど、全く違う指の動きがある。
胸を撫で、脇腹を辿って、敏感な性器にたどりつく。
唇を滑らせては、含んで、官能をよんだ。
「いやっ、やぁっ」
「大月、誰も聞いていない。お前の声は全部俺のものだから」
どこまでも上り詰めていく。
張り詰める嚢が満タンになって・・・。
「あぁぁっっっ」
綺麗に飲みこまれた時は声も出なかった。

「ふ、たば・・・?」
「好きだよ。マジで好き。大月は遊びとかそんな風に思っているかもだけど、俺はマジなの。お兄さんのこととか会社のこととか、いっぱい思うとこあるだろうけど、大月を一人の人間として『好き』ってそれは許されないの?俺は韮崎さんみたいに、何ができるわけじゃないし、力になってやれないとも思う。でも、思うことまで取り上げるなよ。本当に、本当に、大月に思う人ができたら、諦めるからさ」

吐き出した精と想いを、彼なら受け止めてくれるだろうと思った。
ずっと燻っていた過去、もろとも。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
来ちゃった!(@^_^)ゞ ポリポリ
コメントけいったん | URL | 2013-05-15-Wed 09:19 [編集]
勝沼の本気の気持ちを感じ取れば 大月だって 今までにない反応をしちゃいますよね~
大月に触れる唇も指も 囁く言葉も 遊びの相手とは違う 優しさと温かさ

韮崎と比べてしまってる勝沼だけど 勝沼には 韮崎に無い誠実さがあって それが これから良い方へと向かう気がする
お似合いだと 思うよ~☆゜.+:。゜(oゝω・o愛)゜.+:。゜☆

昨日の衣替えの続きをしなきゃいけないのに 昨日一日 ネットの散歩をしなかっただけで もう「ネット渇望症」になってます。
重症ですねー、私!(*/∇\*)))イャ――――冫♪  
コメントきえちん | URL | 2013-05-15-Wed 12:07 [編集]
けいったんさま

衣替え、順調ですか?
忙しいのにいらっちゃってくれてありがとうです

大月、今までの遊び相手との違いをはっきり感じていることでしょう。
それくらい、真剣に向き合ってくれている双葉なんだよね。
そこんとこは韮崎もわかったんだろうね。
だから預けられたのでしょう。
(ホントいままで、どんだけフラフラしていた大月なんだか・・・韮崎も心配するよね)

またね(^.^)/~~~
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.