FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
策略はどこまでも 12
2009-07-06-Mon  CATEGORY: 策略はどこまでも
翌朝、会社に出勤すると、中條の機嫌は悪かった。だが、本気で怒っているものではなく、どちらかといえばいたずらを叱られた子供が拗ねているようにも見て取れた。
そっと、使われていない会議室に呼ばれると、意味もなく緊張感が漂う。中條の話そうとしている内容が分かったからだ。
数台の長テーブルが置かれているだけの部屋。折りたたみ椅子を出してくるわけでもなく、その長テーブルに腰をちょこんと乗せ、胸の前で腕組みをした中條が、遅れて入ってきた那智に咎めるような口調をした。

「なんだって昨日のうちに、安住に電話なんてしちゃうかな」
「感謝の気持は速攻で表せって中條さんが俺に教えたんですよ」
「しかも全部バラしてくれたし。おかげで僕の綿密なる計画が頓挫したじゃないか」
「えっ!?榛名との取引、ダメにされちゃったんですか!?」
雲行きの怪しい言葉が中條から漏れれば、不安感は急激に上がる。大きな目をさらに見開いて驚きの声を上げれば、落ち着け、と中條が掌を振って見せた。
「そうじゃなくてさ。榛名との取引は元々僕が担当することになっていたけど、ゆくゆくはさくらちゃんに任せようと思っていたんだよね。だけど、初めからそんな話をするとプレッシャーを感じて何にもできなくなっちゃう性格だからさ。どうしようか考えていたら、偶然にも安住から連絡が入って、これは使えるなって思いついた案件だったの。表向きの窓口として徐々に慣らせていけば、そのうち抵抗もなくなるだろうって。さくらちゃんがもう少し度胸のある子だったらあまり心配しなかったけど、これくらいのことで潰されちゃっても嫌だったからねぇ。昨夜、こってり絞られたから、今更何かを企てようとか思う気も失ったよ」
中條の全身から力が抜け、外国人がするような、肩をすくめられ掌を上に向けて首を少し傾けられれば、会議室に入ってきた時の緊張感がはらりと崩れ落ちた。
これみよがしに那智の口が開く。
「そんな気、起こさないでくださいっ。だいたい、『綿密なる計画』って…。悪巧みじゃないですか」
「なに?その失礼な言い方」
「安住さんだって、そんなの脅迫だって言ってましたよ」
「あいつは仕事柄、些細なことも犯罪言葉に置き換えようとするから」
そんな言葉は大げさだといった感じで、掌がぱたぱたと振られた。さらに中條からは大真面目に今後の計画を伝える報告がされた。
「さくらちゃんにとっても、悪い話ではないはずだよ。当面は僕が受け持つけれど、いつ引き継がれてもいいように、そのすべてにさくらちゃんを連れていくからね」
もう、冗談や軽はずみな口調では返すことのできない内容だと那智は悟った。

それからは、那智はかなりの忙しさに追われていた。
これまででも手に余しそうな得意先の他に、中條と手がける榛名建設との取引に本格的に参入したからだ。
実際には中條が全てを請け負っていたので、ただ黙って同行し、そのやり取りを見守る程度でいたのだが…。

一か月以上が過ぎ、仕事で忙しいという生活の中、日常にも変化が起きていた。
安住と中條を含める3人での一席を設けることはできなかったが、昼食の時間ならいつでも、という安住の言葉に誘われるように、時に那智は安住の家に訪れていた。
もちろん事前に、那智の得意先との時間を考えた上で、何時にコーヒーを飲みに立ち寄っても良いかを尋ねていた。
安住は自宅で客との打ち合わせなどを行っているので、来客のある時には行くことができない。
しかし、数日前に連絡を入れれば、例の定食屋で待ち合わせをするということもあった。

季節もだいぶ冷え込んできた10月の末、久しぶりに高柳から連絡のメールが入った。
『岩村がこちらに来るので、金・土と休みを取ったから、一緒に会わないか』というものだった。
那智は高揚する気持ちを抑えきれずに、すぐに『OK』と短い返事を打った。


ドタバタと仕事を終え、約束の時間に遅れながらも那智は待ち合わせの居酒屋に直行した。
すでに飲み始めていた高柳と岩村が向かい合って座っていた。
身長190センチを越える高柳と180センチ程度の岩村が向かい合って座っているのに、目線はあまり高低差がない。
そこに自分が入れば、明らかに見下ろされる存在となった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

ようやく、会社編が終了!?
次は親友たちの酒盛り。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.