FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
誰でも泳げる
2013-04-29-Mon  CATEGORY: 『想』―sou―
GW企画 っていうわけではないですが。
様々な写真を別宅でなくて、こちら本家でupしている現在です。

死海ですよ~。
この時はヨルダン側からだったので、向こうに見えるのはイスラエルでした。
うーん、泳いで渡りたかったなぁ(← ムリムリ、できないって・・・汗)

死海2

一葉「俺、泳げないもんっ」
那智「誰でも浮くんだって」
安住「一葉、心配なら浮輪、持っていて」
英人「しょっぱーぃぃぃっ」(なめた)
成俊「美容効果ある泥が、あちこちに沈澱しているとか・・・(←きにするところか、そこっ)」

何でも買ってくれる千城と、タダで済まそうとする(貧乏性な)成俊の性格がちょっと表れた。
成俊は沈殿した泥を体中に塗りまくって、自然のパックを楽しんでいた。

そのころ運動神経の良い久志は、浮かんではうまくバランスをとって、読めもしない英字新聞など広げている。
日野「サマになるなぁ」
神戸「高柳君っ、そのままでいてっ。ちょっと撮影っ」(ここまできて仕事根性)

佐貫「流されるなよ。発信機つけているからいいとしても」(←そこは塩害でやられないのか・・・)
安住「浮輪にロープつけているから大丈夫だよ」

やっぱりそのころ
千城「低刺激のものがあっただろう。とりあえず、今夜使える分だけ用意しろ(後は輸入でいい)」(お買い物)
美琴「社長、すでに日本でも買える品々だと思いますが・・・」
瑛佑「俺っ、みことさんに使ってみたーいっ」(塗るのは自分 質感確かめるのも自分)
雅臣「今夜のホテル、"泥温泉"ですから、そちらでも・・・」(水着着用のはずの泥沼だけど)
龍太「でも、それって"アナ"にしみちゃうじゃんっ」

雅臣「(////)」



死海には傷があっては入ってはいけない場所ですよ。
きえちんは、傷つくりやすい職場にいたので、旅行に行くために仕事がおろそかになっていました。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。

関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
読んでるよ~ヾ(:´Д`●)ノアワワワヾ(●´Д`;)ノ
コメントけいったん | URL | 2013-04-29-Mon 13:37 [編集]
東京や 兵庫県に住んでる甥っ子や 親戚の来襲だし~~!!
息子の友達は 遊びに来るし~~!!

今は ダンナと子供が居ないの(=艸=。)クククク(。=艸=)クククク

「GOLDEN WEEK」だなんて 誰が言ったのよ!(怒)
「HELL(←地獄) WEEK」だわぁ…

コメは書けないけど 隙あらば読んでるからね、きえちん♪:*:・'゜ (〃ゝ∇・)ゞえヘッ♪
あ、またまた余談ですけれど
コメントたつみきえ | URL | 2013-04-29-Mon 14:15 [編集]
シリアにアレッポ というところがあります
そこでの石鹸がさりげなく有名です
日本で買ったら。。。。

とりあえず当時、現地で1キロUS$2とか、いや、もっと安かったかな
半分くらいに切ってもくれたのでお土産にしました。

死海の泥パックは、品質にもよるのでしょうが、(グラム数わからないけれど、ふつうのチューブ)3本で1000円(←日本円かよっ)
充分アヤシイ商品でしたね
でも私的にはツルツルになったので満足しましたけれど。
死海で塗りまくった泥も、持って帰れるなら、それで十分な効果がありましたね~。
さすが 
コメントnichika | URL | 2013-04-29-Mon 16:15 [編集]
きえちん 泥んこになってはしゃいでいるのが様になります (≧m≦)ぷっ!
たしかに死海も行ってみたかった ほんと浮くんだね

あれ成俊君 誰のためにお手入れって バレバレですけどね
龍太さん それはメンバーみんなじゃない!!!
niは今更ながらアニメ「宇宙兄弟」見だめします (・_ ・)ジーッ
にっちん こんにとわ
コメントたつみきえ | URL | 2013-04-29-Mon 17:14 [編集]
ドろん子(笑)
はい、そのとおり、このあとはお見せできないほど泥んこにパックしました
(むしろかくれてていいのか?!)

うくよ~。
私も体重重いって思ったけど(同僚に言わせた時、大半は筋肉だと言われた・・・)
でも浮きました~っ

えーと、泥パックはみんな今夜の誰かさんのために・・・

でもほんと。傷あって入ってはいけませんからね
前夜は自粛してくださいね(笑)

もしかして、保護者に対する拷問ツアー????

きえちん、このとき、レバノンでテロ事件あったのを親に内緒で飛んでしまいました。
まぁ、ツアーだからという安心感もあったけれど

世界情勢なんてまったく無知の親だったし

それこそ聞かれたのは『あったかいくに?さむいくに?』でしたね
激爆の200めーとるくらいのとこを走った時、
遺書、残してくればよかったなぁとなんとなしに思ったものです。

そんなことなら、死海も泳いで渡れるか?!

あとあと知った『こまめじま社員(妹)』は現実を聞いてめっちゃ、旅行会社に問い合わせていたそうですが。
そんな心配をよそに楽しんでいた私でした。
今みたいに携帯電話もすぐさまつながったらまたちがったのかしらねぇ
まぁ、それもいい思い出です
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.