FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
春が来てくれるなら 1
2013-04-22-Mon  CATEGORY: 春が来てくれるなら
順調なくらいに、大学の卒業も、就職も決まっていた。
御坂大月(みさか だいき)は、新入社員として就職の決まった会社の前で、苦笑すら浮かべていた。
就職難で路頭にさまよい出た人間はどれほどいたのだろう。
父親であり、また社長の御坂都留(みさか つる)が、その人生だけは避けた結果の、大月の就職。

つまりのところ、コネ就職なので、風の当たりは強いのは覚悟の上だったのだが。

総務部に配属され、その場では、『社長の息子』という特別な目で見られていたが、それもあからさまには漂ってこない。
実力が伴っていないと分かれば、否応なく、精神的に潰されていくだろう。
父である社長も、分かっていながら口をはさんでくることはない。
そこは、『一社会人』として見離した部分なのだろうし、揉まれて成長しろという期待も感じられる。
変に気にかけられないだけ、まだ救われるというものか。

こんな空間に押し込められること、それすら嫌であったのだが、自分で仕事口を探せない情けなさもあり、今は『収入』という点で甘えるしかない。
仕事に対するやりがいはみつけられなかったが、組織というしがらみを勉強させてもらうには十分な環境だった。

ちょっとした休憩のつもりだった。
トイレで用をたして、手洗い場の前の鏡に自分の姿をうつす。
大学を卒業したころより、少し、痩せただろうか。
もともと細面の顔だったが、その頬は、またコケたようにも見える。
額に流れ落ちてくるストレートの髪は黒く、見つめる瞳も漆黒だ。
『クールビューティー』と誰かが名付けてくれたっけ・・・と、苦笑すら浮かんでしまう。
その呼び名は大学時代から変わらないが、就職した現在は、ただの嫌味だと知れる。
もっとも、そんな噂話に惑わされるほど気弱な神経ではなかった。

父の働きぶりも、5つ離れた兄の出来も、いつも比べられるものとなっていた。
火付け役であったのだろうが、答えられる根性も、大月にはなかったのかもしれない。
大月は執着するタイプではなかった。
自分自身が投げ出すことで、親族の諦めを誘ったものの、すんなりとはいっていない。
世間体もあるのか、それがこの就職であり、恥の上塗りをさけさせていた。

もう、ずっと随分昔に、『就職などしない』と思っていたはずなのに。
負けたのは金銭面で、だったのか・・・それとも・・・。

見つめた鏡の奥に、滅多に姿を表さない人物が写って息をのんだ。
「なんだ、サボリか?」

大月よりも5つ年上、つまり兄と同じ年の男は、精悍な表情を崩さずに、そっと大月の脇による。
自動で流れ出てくる水道水で両手を洗って、スラックスのポケットから取り出したハンカチで水滴をふき取っていた。
両サイドから後ろに流した髪型だけで、顔の作りの良さをはっきりと浮かび上がらせる。
兄の明野(あけの)と大月の、ほとんど身長差のない二人より、頭一つ分は大きな人。
滅多に階下には降りてこない・・・雲の上の人間と言われるような人が何故にこんなところにいるのか、その疑問さえ、大月からは消えていた。
兄、明野が入社する時に、強引に呼び込んだ人物。
それゆえ、大きな顔をしているのかもしれない。
韮崎巨摩(にらさき きょうま)。
さらに、大月の就職に、社長以上に采配を振るった人間でもある。
彼がいなければ、大月は『フリーター』という、くらげのような存在のままであっただろう。

父の仕事のせいもあったのか、どこか、人生を冷めきった目で見ていた。
いざとなったら、どうにかしてくれるだろう。
・・・全ては甘えなのだけれど。
それらを打ち消したのも韮崎だったのだが。

『親や兄弟の財産を狙うな。おまえをホームレスとして世に送り出してやることは簡単だ。親父さんも明野も、おまえの力は見出していない。俺が全部面倒みてやるから、見返してやれよ』

発破をかけられたのだろうか。
渋った就職を、たったその一言で受け入れることになった。

ただ、代償は大きかった。
大月の全てを見守る代わりに、韮崎が求めたものは、大月の体だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

新連載・・・おっぱじめたようです。
溜めたものを出すのならともかく、なんとなーくしか頭にないし。
いきあたりばったりですからねぇ。
止まらないようにがんばります。
目指せ、5月中完結。(短期決戦)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-04-22-Mon 22:28 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わ~い♪
コメントさえ | URL | 2013-04-22-Mon 23:20 [編集]
新作だ~(*^^*)
今回のネームは山梨県ですね~(^_-)≡★
どうなるか楽しみです♪
おお新連載ですね
コメントnichika | URL | 2013-04-23-Tue 06:58 [編集]
うふ 山梨ですか この時期は 桃や桜も 終わったけど 杏がみごろだったような。。。 間違ってるかも。
みなさま おはようございます
コメントたつみきえ | URL | 2013-04-23-Tue 07:31 [編集]
はーい、今日も元気なきえちんです。

今回は山梨ですね~。みなさん、気付くのが早い(ここまで書けばあたりまえか?!)

初コメ様、いらっしゃいませ~♪
過去作品の中にも、かなりの数の地名が登場しています。
地域ごとにこだわりだしたのは、ここ最近の話なのですが。
たぶん漁れば、どこも地名で埋め尽くされている命名です(汗)
親近感あるとは、そちらのほうの方かしら。

くだらないかもしれませんが、そんなところでも楽しんでもらえたら嬉しいです。

山梨はよく遊びに行っていました。
くだものが美味しいところですよね。

またね~
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.