FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
小学6年生の遠足
2013-04-10-Wed  CATEGORY: 待っているよ
ちくちゃんの子育て日記です。



嘉穂が小学校最後の遠足の日。

両親がなくなってから、筑穂は在宅勤務に変えてもらっていたから、いつも家の中にいた。
自分にあたえてもらったような愛情を、弟たちにせめても味あわせてあげたかった。
自分だけが、成人式を迎えるまで、『親』がいたのだ。
ぜいたくだ、とすら思ってしまった。

前もって『おたより』で、遠足の日は聞いている。

朝、というより 早朝から、筑穂は台所に立っていた。
持ち物の中に『雨合羽』や『スケッチブック』そして『お弁当』とあった。
色とりどりの綺麗なお弁当を筑穂は思い出していた。
かつて、母親は、冷凍食品なんて絶対に使わなかった。
いつも手作りの味で、ひじきいりの卵焼きだったり、えびとそらまめの炒め物だったり。
それらを思い出しながら、少々型崩れした品を詰め合わせる。
嘉穂は食欲旺盛だ。
二段重ねのお弁当箱はおかずでいっぱいにして、別に、ふりかけを混ぜたおにぎりを4個作った。

実は前の日に、香春の母から連絡をもらっていた。
『ちくちゃん、香春のぶんも作るんだから、嘉穂くんのもできるのよ』
同じものを作ってくれるということなのだろうが。
できるだけのことはしてあげたい兄心が湧いていた。
「大丈夫ですよ。嘉穂と香春くんと取り合うのもいいでしょうね」
違う味があること・・・

遅刻するのではないかという頃まで寝かせてしまったのは、弁当作りに真剣になっていたから。

穂波が気付いて、嘉穂の部屋に向かってくれた。
その時、成長した次男を少し思ってしまったものだが。

「嘉穂っ、ほらっ起きろ、てめぇっ」
「ほら、くん・・・?」
「遠足っ、行くんだろっ」
「あーっ、えんそくっ」

不憫な思いをさせていないだろうか。
常にそんなことが頭をよぎる。

「嘉穂、お弁当作ったから。水筒も忘れないで」
呼びかける声のあと。
そしていつもやってくる存在。
ピンポンのチャイムに嘉穂の笑みも広がる。

「かほくん、あのね、ママがね、みんなで一緒に食べるのよってたくさん作ってくれたの」
肝心の遠足の前にたいらげそうな笑みに頭を抱えたくなる。
家庭の味を少しずつ教えてくれる存在が、筑穂にはありがたかった。

両親を失って・・・だけれど、教えられることも多かった。
きっと、嘉穂がいてくれたからこそ、香春の家とも付き合いができたのだろう。
香春の母の味も、筑穂は好きだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
おべんと~おべんと~嬉しいなぁ~♪
コメントけいったん | URL | 2013-04-10-Wed 18:40 [編集]
中身が分かっていても そうじゃなくても お弁当箱を開ける時って ワクワクするよね!

嘉穂も 香春も 
私の母が作ってくれて お弁当の御飯は絶対に 俵型のオニギリでした。
ただ 子供の頃は 車酔いがハンパなかったんで いつも残してばっかりだったなぁ~
(゜∇。°)ノ□ヾ(`◇´)ノ彡☆ゴハンツブ トリナハレ!!
コメントたつみきえ | URL | 2013-04-10-Wed 19:30 [編集]
うん、おべんとうばこのなかはたのしみだったよね

きえちんは、おいっこのえんそくのときにトー○マスのかたちをつくったお弁当つくってあげました
きゃらべんなんてママも作らなかったからむ大喜びだったようです。
はしゃぎ過ぎて食べてくれないのももんだいだけれどさ。

おべんとうばこがからっぽになって戻ってくると嬉しいよね
食べたいな~~~
コメントnichika | URL | 2013-04-10-Wed 20:06 [編集]
良いな良いな!!!お弁当☆
きえちんやけいったんさの手作り 目にも楽しくおいしそう (ぱく)

以前保母さんの資格を持つ方が、お弁当作ってくれたけど
めちゃラッピングに凝って、嬉しかったよ

niはやっとPCの移住が終わりひと段落  でもよく分からん
まぁブログ読むだけなら大丈夫だけど。

今日は思ったより黄砂が無くて一安心でした。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.