FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
お子様お花見
2013-04-07-Sun  CATEGORY: 『想』―sou―
桜と聞いては騒ぐのがお子様。
榛名家敷地内に用意された本格的な焼き台で、新鮮な海鮮物やお肉が焼かれていく。
単なる"お花見"なのだが、次元が違っているのが、『榛名家』だ。

一葉「えびだーっ」
那智「桜鯛のごはんもあるよ~」
成俊「・・・豪華だな・・・」
英人「食べようよ」

日野「・・・つか、すげえ高級食材なんですけど・・・」
久志「そうなの?まぁいいじゃん 食えよ」

お子様に混じって花より団子の久志に、ため息も漏れるというもの。

見上げれば青空と桜。
そこに漂う香ばしいかおり、特別に用意された空間は、緊張のひとつもなく 寛ぐことができる。
絶対に危険はないのだと知れるのだ。
自由きままとはこのことか。

桜

おなかがいっはいになれば・・・

英人「眠くなっちゃうね~」
那智「ぽかぽかしてる~」
一葉「…ん、ねむい…」
成俊「寝たらいいよ」

おもいのままに過ごす人たちに誰も文句も言わない。

ここは『楽園』・・・
桜のシャワーに包まれて、お迎えが来るまで、いつもと同じに過ごした。


~傍で~
日野「風邪、ひかねぇかな」
久志「那智は大丈夫。俺抱くし」
日野「他は?他がこえぇよ。どれ優先しても何かしら言われる・・・」
助けなければ文句も言われるだろうし、手を出しても何を言われるか。
勝手な保護者は知ってはいるけれど。

榛名家のお手伝いさんが、一斉に毛布を用意して、かけていた。
それを見て気をかけることのむなしさを感じる。

日野「俺…、もう心配しないことにするわ・・・」(残った料理をつまむ)
久志「あ、ずりーっ、俺も食う」(日野の心などどこふく風)
(気遣うところはどこなんだろうか・・・考えたくない日野でした)

がきんちょ

*ずーっと昔に書いた話を少し手直ししました
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
マイペース
コメントさえ | URL | 2013-04-07-Sun 22:59 [編集]
食べたら眠くなるよね~(p_-)
お子様達はいつもマイペースです。
日野っちはいつもやきもきしてるね~。
ま、可愛いお子様達のお守りだもんね~。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.