FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
誘われたその先に 番外
2013-04-01-Mon  CATEGORY: 誘われたその先に
もう、この男は・・・と年下の、まだ学生の奴を見据えていた。
藤井寺門真(ふじいでら かどま)は、雑貨店の外で、恋人になった人の帰りを迎えていた。
少しでも手をかけなければ、どこにでも泳いでいきそうな男だ。
遊んでいる という言葉はこの男こそに似合うと思う。
オトコを抱くことにもたけていた。
そこに溺れてしまったのも事実だ。

『なぐさめてやろうか?』

そう声をかけられたのは、身体だけの付き合いだった高槻生野(たかつきいくの)にはっきりと振られた時だ。
生野が他に想いを寄せるひとがいるとはわかっていた。
それでも、抱かれている間は自分のものだと思えていた。
ノンケの男を捉えようとするなんてバカだと内心で思っていたけれど。
結局は相手の男は、生野が施した愛撫に浸ったようだ。
その男を大事にしたはずの友人は、今度は、自分に目を向けてくれた。
一人のひとを思う部分があるとは分かる性格。

阿倍野東成。
とんでもない男だったと気付いたのは抱かれた後か。

こんなやつに・・・
そう思ったけれど、一度抱かれてしまえばその手管に溺れた。

生野以上にウマすぎる。
若さからなのか、貪欲なほど求めてくれて、それは門真を満足させるに十分だった。
気を失うほど激しい行為。

内部を打ち抜かれることに喘ぎは抑えられなくて。
「あぁぁっっ」
こんな年をとった人の声など聞きたくもないだろうと思いながら止められない。
さらに「もっと・・・」と求めてしまう浅ましさがある。
求められることが門真にとっても嬉しいできごとだったとは・・・口にしたくない。

「抱き心地、いい・・・」
東成はそんなことをつぶやいてくれた。

そのことに喜びがある。

誘われて、呼ばれて・・・
後悔はなかった。

「子供と一緒に守ってよ。俺のこと」
「図々しいやつ」
東成の提案にはあきれるばかりだ。
だが憎めもしない。
まだ学生で、将来も決まっていなくて。
そこも可愛いものである。
ねそべりながら苦笑を浮かべていた。

「もう遊ぶなよ」
門真のつぶやきに「アンタもね」と言ってくるところもしっかりしたものだ。
遊んだつもりはないが、生野にゆるしまくった結果を知られている。
どちらかといえば、東成のほうが遊んでいただろう。
大人として、そんな過去を責めるつもりはないが。
お互い、誰にも寄りつかず、遊べる相手の男を相手にした存在だったということか。

若いだけに心配はあるけれど、『大人』としてつつみこんでやることにした。

「引っ越してきてやる」
この図々しい発言もどうだろう。
家賃がもったいない背景は理解できても・・・。

抱き終わった後、東成はリビングでひとりでいる息子につぶやく。
「もも、岬おじちゃんがあそんでくれるって」
我が家の幼い桃谷を、金持ちの息子に、どこかの嫁(いや、娘)と共に預けて、ねずみの国に追いだした技もさすがだ。
忙しい(姐さん)社長はすごく喜んでいたけれど。

したたかな考えに、時々悩まされた門真だった。
ふたりきりにしてくれることは、うれしかったが。

誘われた相手に対して。年下だからだろうか。
なんでも許せてしまう気持ちがあった。
可愛い存在だ。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
きた~ε=ヾ(*~▽~)ノ
コメントさえ | URL | 2013-04-01-Mon 00:57 [編集]
番外編きました~♪
遊びなれた二人は年の差を感じさせないね~。
岬くんは子守りなのね♪
その間に二組ともイチャイチャ~(〃▽〃)
きえちんありがとう~♪
番外編☆ありがとうヾ(@^▽^@)ノ
コメントけいったん | URL | 2013-04-01-Mon 09:19 [編集]
藤井寺のような男には 東成みたいに ちょっと図々しい男の方が いいかもね!
ツベコベと分別くさい事を並び立て 中々 踏み出せない所がある大人は、まだ社会に打たれてない真っ直ぐな気持ちを持ち キラキラとした若者の方がね。(o´・ω-)b ネッ♪


『うーの にっき』
きょうは  ねずみのくにに うーと もぅーくんと みさきちゃん(←八尾岬)と いきました。
ねずみさんや アヒルさん、いぬさん、リスさんに あえて うれしかったです。
いっぱい あそんで たのしかったです。

でも もぅーくんは パパが いなくて すこし さびしそうでした。
もぅーくんパパが とーせい(←東成)とバカップルになったからです。

げんきのない もぅーくんを うーは がんばって えがおに したかったのに!
もぅーくんたら ちょっとしか わらってくれないの~~
だけど みさきちゃんが もぅーくんのてを にぎったら とっても うれしそうに わらったの!

みさきちゃんは アタチのライバルね!
ぜったいに まけないんだから~~!\(*`∧´)/ ムッキー!!
あらまぁ
コメントnichika | URL | 2013-04-01-Mon 16:33 [編集]
ちょとー生野より上手いって。。。どんだけ遊んでたのでしょうか?
もう、お上手なんて~~~

久しくねずみの国に行ってないから、行きたいな。
きえちん あまり無理せずにいてね 愉しかったお話ですね
ありがとうございます
コメントくろ | URL | 2013-04-02-Tue 00:16 [編集]
初めましていつも読ませてもらってますありがとうございます
策略シリーズ読み終わって次は寂しい夜読み始めてます( ´艸`)
大阪人なので名前では思わず笑ってしまいました
東成は意外と遊び人だったんですね和泉には一途な思いだと思いますが( ´艸`)
番外編面白かったです。友達思いな八尾にもいつかいいことがありますように・・・と思いました(n´v`n)
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.