FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
誘われたその先に 19
2013-03-30-Sat  CATEGORY: 誘われたその先に
思いをぶつけあえば、わだかまっていたものも解けていく。
八尾がどう、東成に話を付けたのかはしらなかったが、東成は大人しく退いてくれる態度に出てくれた。
「幸せになる姿を邪魔したくない」と。
高槻もはっきりとした気持ちを東成に伝えていた。
一時はさけていたはずなのに、ここまで潔い態度に出てくれることが和泉には意外で驚かされた。

閉店した店の外で出会う4人がいる。
和泉に東成と、高槻、何故か藤井寺だ。
迎えに来てくれた高槻は「一緒に帰ろう」と和泉を誘った。

出会った高槻と東成の二人は隠し事をしなかった。
隠すことではないといいたいように、マイノリティな関係を認めてくれる。
「守っていく。和泉は、俺のものとして・・・」
その言葉がどれだけ嬉しかっただろう。
「もう、迷わせないでよ。和泉、どれだけ悩んだか・・・」
初めての男との関係は、甘くはなかったのだと伝えてくれた。
近くにいた東成だからこそ、おぼつかない、頼りなさを日々感じていた。
和泉では分からないものを、東成も八尾もしっていたのだ。
そのことを声を荒げて言ってはこなかったが。
悩んでいた日々が分かるからこそ、八尾は和泉を励ましてくれたし、東成を近寄らせもしなかった。
疑いをはらして、高槻を和泉のもとに戻した。

そんなことができるって、やっぱり経験値のちがいなのだろうか。

さらにもう一人。二人の気持ちを確かめては今更何も言えないと悟った、大人の男に、東成は声をかけていた。
不思議なくらい軽い言葉遣いだ。

「なぐさめてやろうか」
「ガキに言われることかよ」
高槻を取り戻すことができなかった藤井寺は、それでも若い体に不満はないようだった。
遊び慣れた東成は簡単に堕としはじめる。
抱かれ慣れた体も、また、魅力的なのだろうか。
和泉は高槻と顔を合わせて、驚き、次には苦笑いだ。
過去、高槻が抱いた人は、体の飢えを高槻に埋めてもらうために必要としていたのだとは、なんとなしに理解できた。
自分も『抱かれたい』と望んだ時期があったからこそ。
他の存在が見つかれば切り替えが早いのは、理解できないところだったけど。

男同士の関係はまだ良くは分からないけれど、『好き』という気持ちだけは譲れないのだと知る。
高槻だからこそ、身体を開けるし、恥ずかしい行為もすることができる。

「抱きたいんだけれど」
高槻に耳たぶをかじられながら、今日の『おねだり』に頬を染めながら頷き返した。
自分に出来ること。自分にしか出来ないこと。
愛されていること。
わかることが嬉しい。

最初は、あの男に悔しくて開いた体だったけれど、気持ち良さを与えてくれたのも高槻だ。
大事に大事にされ続けた。
抱かれ慣れたあの男がどんな反応で高槻を引き留めたのかは想像もしたくないけれど。
きっと自分ほど、大事にはされていなかったのだろうと、自惚れだけがよぎる。

「生野・・・」
和泉ははじめて、高槻の名前を呼んでみた。
嬉しそうに頬がほころぶ。

『恋人』・・・
あらためて、その位置を知る。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。

あともう少しで終われるかな。
ちょっと迷走して意味分からないものを書いたようですみませんでした。
感情的にならないように、書きたいと思います。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
きえち~ん♪(o^-^o)
コメントけいったん | URL | 2013-03-30-Sat 11:57 [編集]
藤井寺とも スッキリはっきり別れて これで 高槻も 和泉を不安にさせる事も無いよね~
で その藤井寺の相手が 東成だとは、 吃驚だわぁ!!
案外 和泉と高槻より 良い感じの組み合わせ化も…(笑)

『うーの にっき』
いーちゃんに こいびとが できました。いずみちゃんです。
うーがいても いつも イチャイチャ ベタベタしてるんだぁ~

ママが 「バカップル…」って いってました。
うーも おおきくなったら もうぅーくんとバカップルに なりたいです。
もぅーくんも うーと バカップルに なりたいよね! 

きえちん、迷走って 16話と17話のことかな?
σ( ̄、 ̄=)ンート・・・ちょっと 分かり難かったかも…

「歩くのが ままらない」と書かれる程 体力が落ちているの!?
そんな時は 思考も落ちてるからね。 
きえちんは、頑張り屋さんだから 頑張り過ぎちゃうんだね。

いつもの様に更新して下さって おバカな私のコメに いつもの様に 返事を下さってる きえちん、ありがとう♪ヾ(@^▽^@)ノ

時々 知らされる近況に 分かっていても 戸惑い動揺する私が居ます。
少しでも きえちんとの いつもが 長く続くことを 切に祈ってます。
ニコニコ♪(⌒~⌒(⌒~⌒(⌒~⌒)⌒~⌒)⌒~⌒)ニコニコ♪

  


みなさま こんばんは
コメントたつみきえ | URL | 2013-03-30-Sat 19:12 [編集]
遊び人、八尾と東成とどっちにしようかと悩んだのですが。
東成になったようです。
和泉と切り離すために動いたのかな。

そう。もう、迷走しまくりました。
読者様からも『分からない』と頂いて、読み返して、本当に分からない.(反省)

あとで書きなおそうともおもっていますが どうなることか。

『もものにっき』

うーちゃんのおじちゃんは、『ばかっぷる』になったそうです。
うーちゃんに「しょうらい ばかっぷるになろうね」とさそわれましたが
ももはおとなのおとこ、岬くんがいいです。
『いろおとこ』というのだとききました。

でもパパに、「うーちゃんが悲しむからまだそのことはいっちゃいけません」といわれました。
『夢はみさせてあげるもの』だそうです。



階段の上り下りが本当につらくなりました。
筋肉がなくなっちゃったんだね。
応援してくれてありがとうございます。

さえちゃん、あれは「チチカカ湖」というところです
ぺるーとボリビアにまたがっています。
汽船が通れる最高峰とか言われています。
標高、4000メートルくらいだったかな。
高山病に、みごとかかった場所でした。

くるしかったけれど やっぱりまた行きたいよ
今度は少しくらい免疫あるかしら。
拍手コAさま
コメントたつみきえ | URL | 2013-03-30-Sat 19:38 [編集]
あやまらないでください
私がどう表現していいか分からず、突っ走っただけです。
思いのままに書き綴って、混乱させてしまいましたね。
こんな、どうしようもない文であるにもかかわらず、いつも寄ってくれて本当に感謝です
ありがとうございます

しばらくお休みさせていただくことになりそうです
頭がはたらくようになったら また復活したいです。

何度も読み返す、そんな無駄な時間、使わないでください。
一度だけでも読んでいただけたら、それだけで嬉しいです。
お付き合いありがとうございました。
ありがとう!
コメントさえ | URL | 2013-03-31-Sun 23:56 [編集]
湖はチチカカ湖でしたか♪
そういえばこの前タッキーの旅番組で見たよ~!
きえちん色んなとこ行ってるね~。
私はアメリカのみだよ~(>_<)
国内は割りと行ってるかも?
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.