FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
誘われたその先に 9
2013-03-23-Sat  CATEGORY: 誘われたその先に
「茨木くんにはいつも感謝するよ。早速新商品を薦めてくれて、その上大量注文まで取りつけてくれて。在庫がないんでメーカーから直送する手配にしてもらったんだ」
・・・店長は何の話をしているのだろうか・・・
鳩ポッポの状況は変わらない。
「和泉くんが早上がりしても、予定時間の給料は支払ってくれるようにお願いしたから」
自分の知らないところで進められる話に絶句するしかない。
高槻はやりかけの仕事を終わらせようとする。
手にしていたポップは店長の手に取り上げられていた。
「さあ」
再び高槻に促されて、退勤しなければいけない状況に追い詰められていることを教えられた。

一度は控え目に和泉の心境を探ってきていたはずなのに、和泉の心理状態を確認してしまえば、迷いは生ませないと考える間を持たせなかった。
間をおけば、また和泉が躊躇いを持つと思っているのだろう。
奥へと追いやられ、帰り仕度をさせられようとしている時、店内の不穏な動きに気付いた東成が近づいてくる。
「どしたの?」
「いや、別に大したことないんだけれど・・・」
「あの人、また来ているだろ」
「え?」
唐突に尋ねられることに、『あの人』が誰なのか、即座には分からなかった。
怒ったような東成を見るのも初めてかもしれない。
「和泉、人がいいのは結構だけれど、危機感も持てよ」
まるで幼い子供にされて、言いきかせられているようで、どこか不貞腐れてしまった。
高槻までも否定されたような気がして気分が良くなかった。
直接話してもいないだろうに・・・。

「大丈夫だよっ」
強い口調で返してしまったのは否めない。
高槻が自分に対して何をするというのだろう。
高槻は親切心から、また"感謝"として、気遣ってくれていたというのに。

それは東成にとっても、和泉から初めて聞かされた反抗のようなものだったのかもしれない。
「言いすぎた。ごめん・・・」と即座に謝ってきてくれる。
スッと伸ばされた指が、茶色く染められた髪を撫でた。
指の感触が、再度謝られているようで、返っていたたまれなくなる。
相手の気持ちを思いやれるものを知るから、強く出られたとしても嫌いになれないし、信頼も寄せられる。
「今日、早上がりになっちゃったから・・・。後のこと、お願いすることになってごめん」
「え?」
今後の流れを東成に伝えると、あからさまに驚かれた表情をされた。
ふたり一緒に帰る約束なんてもちろんしていなかったが、暗黙の了解のようなところが二人にはあった。
これ以上、突っ込まれるのもいやだったし、その話題が更なる溝を作りそうで、さりげなくかわそうとする。
今は言い訳すら思いつかない。
なにより、高槻を待たせていることだろうか。
「和泉?」
「じゃあ」
とくに返事をすることもなくロッカールームに消えた。

高槻にこれ以上の心労をかけたくないこと。何より期待している自分がいること。
その根源を・・・。

ハッと何かが過り、思わされる。
和泉は、自分をこんなふうに気遣われて、追いかけられたのはいつぶりだろうと振り返った。
しつこい女はいたけれど、彼女たちは自分の欲求を口にするばかりだった。
こんなふうに誘われて嫌な気分にならなかったのは初めてだと。

それこそが、高槻自身が魅せる、"男の魅力"なのだろうか。

店外で落ちあって、高槻の車に誘導された。
一目で高級車だと分かるスポーティータイプの車は、国内でもそこそこ目にする。
国産車であり、それだけに、さほど値ははらないと言いたいのかもしれないけれど。
和泉からしたら高値の花だ。

「和泉くんの意見、聞くのを忘れちゃったんだけれど、若いから、この時間で鉄板焼きでも大丈夫かな?」
車に乗り込むなり尋ねられたことに、「なんでもいい」としか答えられない。
こんな突然で、連れていかれる所になんの反論ができようというものか・・・。
更に見えてくるのは、高槻の嬉しそうな表情だ。
これで彼の肩の荷がひとつ下りるのなら、付き合ってあげるのはわるいことではないと思わされる。
高槻は、ハハハと軽い笑い声を上げた。
「もしかしたら俺のほうが参るかも」

和泉は高槻の態度に気を取られた。
気を許してくれているのは分かる。
今までとは違う雰囲気というか、言葉遣いというか。

これまで、そしてさっきの店長の前でも、高槻は『俺』とは言わなかった。
少しずつ晒される彼の内面に、今まで以上に興味を持ってしまったのは、和泉の方かもしれない。

しばらく走って、やがてたどり着いた先は、テレビの中でしか見聞きしたことのない、有名な高級ホテルだった。
それこそ誰もが知っている・・・しかし利用した人はどれくらいいるのかというような・・・。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。

ホテルヽ(゚∀゚)ノ

しばらく、別宅まで気が回りそうにありません。完全放置になると思います。
何か更新あった時にはこちらでもお知らせしますね。無駄足されませんように。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.