FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
誘われたその先に 1
2013-03-17-Sun  CATEGORY: 誘われたその先に
茨木和泉(いばらき いずみ)は大学四年生になり、GW明けになんとか就職先が内定した。
早くに決まった人から見れば大分遅れたことは仕方がないが、これで最後の夏休みは謳歌できると喜んでいた。
親からの仕送りはもらっているものの、アパート代と水道光熱費でほとんど消えてしまう学生生活だった。
入学してすぐに見つけた雑貨店のバイトは、ズルズルとこれまで続いていた。
雑貨店と言っても、文具用品を多く扱う店で、他にインテリア用品やちょっとしたキッチン雑貨があるくらいだ。
有名店のような大型店舗ではないが、そこそこ賑わっているのは、近くに小学校と中学校、住宅団地があるおかげだった。
二階建ての店舗は一階に文具用品と週刊誌、二階にインテリア用品等が並べられていた。

最近は可愛いステーショナリーグッズも多く、また機能も充実してきていて、品ぞろえも増えていた。
以前と大きく変わったのは、カラフルなものが増えたことだろう。
『色違い』で出している雑貨も多く、それらの在庫を管理するのも一苦労である。

明るい茶色に染めた髪は少し長めのストレート。それが少々軽めの雰囲気を人に与えてしまうが、人見知りなわけではないが人付き合いが得意とも言えない和泉にとって、華やかな印象を与えて、相手から近寄りたいと思わせてくれるものになっていた。
バイト先でも客に対しての印象は悪くなく、むしろ長いことこの店にいたことで、客とも気さくな会話ができている。

開店してから間もなくの午前中の時間は比較的暇でもあった。
混雑するのは午後、それも夕方のほうが客足は多い。

この日は特に大学にも用はなかったので、和泉は開店時間から勤務していた。
開店時間になっても全ての品の確認が終わっているわけでもなく、接客をしながら、乱れた棚を整えたり品出しをしたりする。
チラホラと店内にいる客は、商品を選ぶ人が多く、またレジには店長がいるから、『応援コール』が響かない限り、現在の仕事に没頭すればいいだけだ。
他にパートの女性が、一階には二人がいた。

新客の登場に、一斉に「いらっしゃいませ~」と元気な声が響き渡る。
入ってきたのは家族だろうか。
一目で『高そうなスーツだなぁ』とぼやくことができそうな、背の高い、肩幅もある男性と、グレーのパンツスーツの女性。両手を握られてピンクのワンピースを着た、四、五歳くらいの女の子。
たぶん二人とも三十歳前後と見受けられた。
男性は髪を後ろに流していて、硬質なイメージがある。同じく女性も白黒ははっきりと付けそうな堂々としたたち振る舞いで、一応胸上まで伸びた髪を内巻きにしているところが穏やかさを見せた。女の子は耳の上の上で結んでもらったツインテールで笑顔を振りまいていた。
男性が入口にあったカゴを手にして三人はノートや鉛筆が並んでいるコーナーへと向かっていった。
和泉が立っていたところと、入口を挟んで反対側になる。

お絵描き帳か何かを買うのだろうか。
そんなことを漠然と思いながら作業をしていると、いつの間にか三人連れは和泉の方に向かってきていた。
気付いたのは携帯の着信音が聞こえたからだ。
ちょうど中央の通路のところで、女性は電話に出ると、店外へと速足で歩いて行った。
別にここで話しても、大した迷惑にならないのに・・・などと思ってしまうのだが。
残された二人はレターセットがある方へと向かおうとして、ふと、男性の足が止まった。
入口を見た人は、入店してくる人間に気を取られたようだ。
また「いらっしゃいませ~」の声が出迎える。
あちらはやはり三十歳くらいの男性で、片手に女の子と同じ年くらいの男の子を連れていた。

「よぉ」
「なんだ、生野(いくの)も来ていたのか」
入ってきた男は店内にいた男を名前で呼んでいた。
それだけで親しい仲なのだと分かる。
二人が話を始めてしまうと、女の子はふらふらと歩きだした。
ようやく、手を繋いでいなかったのだと分かった。きっと母親とだったのだろう。
和泉がいるところは、最近流行りの、機能性の高いグッズが多く、上下三段の棚に、可愛く見えるようにと籐のかごに入っていた。
危険なものはやたらと子供が触らないようにと上段に展示してあったのだが・・・
『子供から目を離さないでください』の張り紙は、時々無視される。
女の子は見えない中身に興味を示したようで、背伸びをして、籐のかごに手をかけようとした。
・・・あれは・・・
和泉の背中に冷たいものが走る。
切れ味が良くなったというハサミの展示棚で、パッケージに包まれているからといっても、顔にでも落ちれば柔肌に傷がつくのは必至だ。
「あぶないっ!!」
叫び声と同時に、和泉は走り出していた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。

あまり長い話にはならないと思いますけれど。
あと1000文字くらい書けたら、サクサクいけるんだろうけれど・・・
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
(∩´∀`)∩オォ♪新作~♡
コメントけいったん | URL | 2013-03-17-Sun 17:30 [編集]
主役は、和泉ですか!?

(Θ.Θa;)うーん 、お相手は…
店に来たのは 家族連れ3人と 子連れの男
今の所、どっちも 既婚者で子持ちかぁ

「新しい家族」も そうでしたが、今作品も きえちんの新境地の作品かしら♪o(^▽^楽)o wakuwaku♪
新作スタート
コメントきえ | URL | 2013-03-18-Mon 09:38 [編集]
けいったんさま おはようございます

ハイ、和泉が主役ですね。

まだお話は始まったばかり。
これから展開させていこうと思います。

新境地・・・そうなのかしら。
意外性があるかどうかは謎ですが、そのご判断は読者様におまかせしますね。
またね~
コメントきえ | URL | 2013-03-18-Mon 09:40 [編集]
拍手コメ様たち(←複数形ですみません)

たくさんの応援のお言葉とても嬉しいです。
相変わらず続く地名編(笑)

すぐに気付かれたかた、さすが地元ですね(笑)
楽しんでくださいね

またね~
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.