FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
イチゴ狩り
2013-03-14-Thu  CATEGORY: 『想』―sou―
観光バスは、某イチゴ園内へと進んでいった。

雅臣「皆様~っ採りたて食べ放題コースです。練乳もありますので、白いの まとわせていっぱい食べてくださいね~」
龍太「・・・白いの・・・は余計だろう。保護者の心配が・・・」
子供「「「「わーいっ、たべほうだいだってぇ」」」」

安住「食材、そのものを味わうのがいいよ」
佐貫「美味いものだからな」
千城「食べきれなければ持って帰ればいい」
久志「うまそーっ。まじっ、食い放題っ?!」
日野「おまえ、どこまで 食うんだよ・・・」
神戸「高柳君の白濁垂れっていうのも見物かも・・・」(←日野「白濁」ちがうっ バキッ)

佳史「ビタミンはとった方がいいよ」
望「風邪引かないためにもね」

由良「ユーリ いちごだよーっ。あ―んして」
由利「うん、食べる」
雄和 萩生「「おまえら、いいかげんにしろ・・・」」

瑛佑「美琴さん、イチゴで美味しいカクテルつくってあげるね」
美琴「あまりアルコールが強いのは・・・」(←控え目なひと)

雅臣「イチゴワイン(〃▽〃)」
龍太「ここで飲むのはやめてください・・・・」



観光バス、満席になりつつありますね。
(何名乗れるんだ?、観光バス)


あ、忘れた 腐女(助)子

受付嬢(けい) 「あらっ、周防様が見当たらないわ」(一気にやる気なくした)
作業員(ちー) 「こっちよー。こっちー。おいしいのはこっちー」(撮影ポイントを狙う)
練乳配り(ni) 「ムフフ いくらでもおかわりしていいのよ」(なんだったら食べさせてやりたい)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ポチってしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ 
関連記事
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
わーい
コメントちー | URL | 2013-03-14-Thu 15:41 [編集]
佳史さん、来たぁ!望さんも。ふふふ。
私は、美味しいイチゴのある場所を教えてれば良いのね?ついでに記念撮影しちゃえば良いね?

「あ、そこの可愛い双子ちゃん。このイチゴ美味しいよ。食べてみて?」

「「はああい」」

(うっ、可愛い)

「はい、ユーリ。あーん。」カシャッ。生アーンいただきました。
「甘いよー。美味しいよー。由良食べて」
「あ、美味しいねー」
「「こらぁ、二人きりになるなと言ってるだろうがあ」」
はい、バカ旦那達もいただきました。カシャッ。

「あ、佳史さんと望さん!お二人にとっておきの差し上げます」
「え、ハート?」
「望といつまでもラブラブにって事ですか?」
「ラブラブって!僕達いくつだと・・・」
うふ、照れる望さんと案外Sっぽい佳史さんもいただきましたぁ!

あ、師匠。不貞腐れてるよ。
「佐貫さん、受け付け行ってぇ」
「仕方ないなあ。成はあっちで楽しんでるから行ってやるよ」




ni 「 お子さま達の動きについて行けないよー!」
疲れたにっかたんとフォーレンジャーもカシャッ。

あっちでは、地主きえちんと日野っちがイチゴの値段交渉中。
き「うちは、この辺で一番安いよ?」
日「嘘つけ、何とか狩りの果物が高いのなんて知ってるんだぞ?」
き「お母さん、そんな子に育てた覚えはぁぁ←ウソ泣き」
日「お姉さんて言い張ってたじゃねーかよ」

さえさんは、イチゴスィーツ制作中。

あっちには、すぎもとさんにぽちょんさんの姿も。
どちらにしろいつも賑わう丘でした。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.