FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
オオトリは・・・
2013-03-06-Wed  CATEGORY: 原色の誘惑
またちー様が書いてくださいました。
ちょっと付け足しますね。
正しいコメントは コメント欄に残っております。(勝手に編集してごめんなさいm(__)m)

******


やっぱり、双子ちゃんてことで。

ちー、妄想話です。


雄和「もしもし?そっちに由利いる?」
萩生「え?あー、いますよ?てか、寝てる」

慌てた声で電話してきたのは、元痴漢・・・
いや、由利の旦那である雄和である。
(夜になっても帰らないから焦っているのはわかるけどさぁ)

雄和「寝てる?なんで?明日から、仕事だから帰るように言ってくれないと」(夕方には帰ってくるはずだったのに)
萩生「あ、しばらく休むから会社に言っておいてくださいよ」
雄和「何でだよ?」
萩生「インフルっすよ、インフル。たく、どこでもらったんだか。ついでに、由良もかかりましたからっ。嫁の体調管理ぐらいしてくださいね?」(ユーリのおかげでこっち(由良)もかかりやがった・・・っ)
雄和「嫁って・・・迎えに行くから」
萩生「来ないで下さい。二人、仲良く寝てますからっ」

言外に、折角の週末を邪魔された恨みつらみが見え隠れしている萩生に何も言えずに電話を切った雄和であった。
(ビョーキの時こそ、信頼できる人と一緒に眠りたいんだってわかんないのかなぁ・・・。そこに加えられない俺たちもなんだかなぁ・・・)

思えば、一週間前に会ったばかりの片割れに久しぶりに会いたいからと一人で出掛けたのが変だった。
急に行って、用事があるかもしれないだろうと諭す雄和の言葉も聞きいれず、大丈夫だと出掛けてしまったのだ。

由良は由良で、萩生との約束などなかったように由利を迎え入れたその夜。
(本当に約束なんてなかったけれどさ。突然やってくるってなんだよ by萩生 でも避けられない)

二人、揃って熱を出し、休日診療している病院に二人を担ぎ込み、くだされた診断は流行性感冒。

双子の絆が強いのは知ってはいるけれど、何もこんなところまで似なくても良いのにと、萩生は思った。
(たぶん由良の調子の悪さを感じとっていたのだろう そのユーリに絶句したけど、すでに感染していたユーリにも呆れた。だから予定のない休日だったのに。同時に崩れて落ちていくのは時間の問題だった)

一つのベッドでピッタリ寄り添い眠る姿は、可愛いけれどやっぱり気持ちの良いものでもなく。
だからと言って二人の間に割って入ろうとも思わない・・・と、無理矢理思う。
(間違いなく蹴っ飛ばされてベッドの下に転がされるだろうな・・・)


「はぎお、ごめんね」

高い熱にうなされる中、小さく言われた謝りの言葉。

「早く、元気になってくれよ」

明日は、若美に頼んで美味しいモノ作ってもらうからな。新しいヒエピタを貼り付けて部屋をそっと出れば、ピンポンとドアホンが鳴る。
嫁に甘い旦那は、ここにもいたのであった。

萩生「アンタ、明日の仕事どうしたの?」
雄和「由利が治るまで休むっていってある」
萩生「…(上司としての威厳かよ)…」

由利と由良は一緒に寝ていたけれど、萩生と雄和が一緒に寝ることはなかった(あたりまえか・・・)

由利由良


*******

きえちん、お熱下がったかな?

下がった…かな? 37度前後っていうのは平熱になるのかしら。
でももうずーっとこんな感じなの。
たまに夜に熱上がって 汗かいてるときもあるけれど。
起きればどうにかなっている容体です。
みなさん 心配おかけしてすみません。
きえちん、元気に暮らしていますよー。
昨日はイチゴのクレープもらったの~♪


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぼちってしてくれるとうれしいです。

関連記事
トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
いやん
コメントちー | URL | 2013-03-06-Wed 15:41 [編集]
書き足してくれてありがとう。
まさに、ピッタリです。
流石、きえちん。
私の頭の中、見てる?ふふっ。

人間、体温は高い方が良いらしいよ?
免疫力が違うって言ってた。
あんまり、慰めにならないね(笑)
あ、勝手に看病シリーズのオオトリにしてごめんなさい。ペコリ。
ちーさんのお気に入りの双子ちゃんだぁ(@^▽^@)ニコッ♪
コメントけいったん | URL | 2013-03-06-Wed 15:48 [編集]
風邪を引く時も 一緒なんだね。
ここまで同じだと ダンナ達も 何も言えないでしょ?

由利と由良は ほんとに 半身だから もう違う次元の存在と思うしかないって!(笑)

37度は 微熱でしょう
夜に上がるのが ちょっと辛いね。
今晩は 看護士さんが巡回に来る前には 良い子にして 早く寝なきゃだめだよ♪
麗しの
コメントnichika | URL | 2013-03-06-Wed 16:12 [編集]
さすが ちーさん こちらも登場ですね。  雄和さん、苗字に「痴漢」ってつくくらい登場印象強かったからね。 許せ~~~

けいったんさんも PCは穏やかになったみたいですね。
ユーミンも歌も素敵で 口ずさみたくなりますよね~(←うるさい!!!

やっと春らしい便りが聞こえ始めて  みんなで花粉に身を守り過ごしましょう! 
みなさん こんにちは
コメントきえ | URL | 2013-03-06-Wed 16:27 [編集]
なんでしょう こちらは午後になってから風が強くなりました
まぁ、いつものことでもありますけれど。

まさか双子まで出てくるとはおもっていなかったきえちんでした
でも、想像できちゃうのね♪
楽しかったよ
いろいろネタ、ありがとうです。

もともと体温、高いのかなぁ。
随分前、41度とか熱出した時は 死にそうだったけど
そのあと38度になったときは生き返った~とおもいましたからね
人間て順応していくのかな
って、それを喜んでくれない医者が・・・・

花粉も大気汚染も怖いですね。
全部入り混じった中に放りだされたら、きえちんはどうなっちゃうのか考えただけで怖いです。
みなさん、マスクと手洗いとうがいと・・・
自分で出来ることしかないかもしれないけれど
がんばっていきましょうね

福島原発で放射能汚染だとか 大気汚染で外出控えてだとか
日本人って、どこで暮らしていけばいいんだか・・・
こっそりと
コメントnichika | URL | 2013-03-06-Wed 20:20 [編集]
「大丈夫なの・・・」 「こないだ雅臣さんからmap貰ったから安心じゃん」 
「逆に怒られないかな」 「興奮されると悪いよ」 「それは。。。困るね」 シズシズとレンジャーもどきに伝い歩きする一行がいる。 
最後尾の方をたたく者がいた 「なーにやってんだお前ら」 「「「「ぎゃゎゎ」」」」 
そこには強面のいつぞやお見かけしてる 奈義さん  
「「「「売り飛ばされる」」」」 「カメラが持てる所へ」 「せてめイケメンの処へ」 「保母さんならできます」 「食事と休憩とetc、、、でいる処なら」 勝手な要望を申し出てダメなら騒ぐぞと 変な脅しを掛け始める面々だった
「おー やっぱり いたか」 本職の 佐貫さん  ほんとにヤバイ!
「で なんでお前がいる?」 「イヤ何最近 仕事にあぶれた掃除腐が変な事しないようみてたらさ そっちは」 「似たようなもんかな 最近某Hpでマークしてたkが密かに行動してるってとこだ」 
後ろ足忍び足とっとと帰ろうとしたレンジャー達でしたが 「君たち挨拶もないかい」   「「「「ごめんなさい 夜這いなんか 違う! 夜中のお見舞い」」」」 「守れてよ 見知ったのがいるから 免除してやる」  

翌朝病院の申し送りにて  「昨日は派遣会社に頼んで穏やかでした」 病院は手不足 正当な手続きをふみ夜巡回をいらいしていた。 すみません、激励のつもりです。 きえちん 寝れない時は音楽でもこっそり聴いてお休みしてね 
ニッタンも 素敵なSSをありがとう♪
コメントけいったん | URL | 2013-03-06-Wed 21:29 [編集]
♪わぁいヽ(∀`ヽ*)(ノ*´∀)ノ わぁい♪
皆 出演のSS,とっても とっても 面白かったよ~♪

レベッカの ボーカルの名前は 「のっこ」or「nokko」さんでしたっけ?
不思議な色気のある人でしたよね!

この歌「フレンズ」、良いね♪
若い読者様が 付いて来れるのか、心配ですが…ァハハ・・(゚∀゚ll)。o(ワラットコ)
こんばんは
コメント | URL | 2013-03-06-Wed 22:10 [編集]
いつも楽しく読ませていただいています
作品だけでなくコメントの方でも楽しめると知ったのはこちらさまでした
でも時々難解な文にであってしまいます
たつみさまとのやりとりでは相互交通がなされているのかしら。
nichiikaさんが書いてくれたのも、せめて誰が発している言葉なのかが分かる添え書きがあったら良かったです
すみません ど素人の私が言うことではないと思いながら、少し残念なきがしてしまって。
理解できない私の頭なので、お許しください。

たつみさま ちーさんのように移し替えてもらうの、楽しみに待ってます
名無し様
コメントきえ | URL | 2013-03-07-Thu 13:34 [編集]
お越しありがとうございます。
私もカンでしかないので、もしかしたら書きこんでくださったかたと、思っていることが違っているかもしれない不安があります。
あとは、読んでくださった方の想像力にまかせる といういい加減な作者でして・・・(冷汗)

えーと、真相はわからないけれど 私流に解釈するとこんな感じかしら。
にっちん、違ってたら苦情寄せてね。


病院の中をうろうろする人たちがいる。
成俊「大丈夫なの・・・」 
英人「こないだ雅臣さんからmap貰ったから安心じゃん」 
那智「逆に怒られないかな」
一葉「興奮されると悪いよ」
成俊「それは。。。困るね」
シズシズとレンジャーもどきに伝い歩きする一行がいる。
(壁際に一列。完全にアヤシイ ←本人たちは気付いていない)
 
最後尾の方をたたく者がいた
奈義「なーにやってんだお前ら」 
子供「「「「ぎゃゎゎ」」」」 (夜の病院、幽霊に会ったと思う)
そこには強面のいつぞやお見かけしてる 奈義さん
  
(悪いうわさしか聞いていない子供)
「「「「売り飛ばされる」」」」 
ちー(敬称略)「カメラが持てる所へ」(早速撮影開始)
けいったん(敬称略)「せてめイケメンの処へ」 
さえ(敬称略)「保母さんならできます」 
ni「食事と休憩とetc、、、できる処なら」
勝手な要望を申し出てダメなら騒ぐぞと 変な脅しを掛け始める面々だった
(どうにも理不尽な要求をしてくる家政腐どもに絶句した奈義。動きを止めた一瞬の時に、成俊に発信機を取り付けていた刑事が追い掛けてくる)

佐貫「おー やっぱり いたか」 (本職の 佐貫さん登場 ほんとにヤバイ!)
佐貫「で なんでお前がいる?」
奈義「イヤ何最近 仕事にあぶれた掃除腐が変な事しないようみてたらさ そっちは」 
佐貫「似たようなもんかな 最近某Hpでマークしてたkが密かに行動してるってとこだ」 
(保護者の登場で)後ろ足忍び足とっとと帰ろうとしたレンジャー達でしたが
佐貫に呼び止められ「君たち挨拶もないかい」  
子供(悪いことをしたことはわかっているらしい) 「「「「ごめんなさい 夜這いなんか 違う! 夜中のお見舞い」」」」
佐貫(奈義に向かって)「(見舞い時間)守れよ 見知ったのがいるから (今回の逮捕は)免除してやる」 (というか、奈義にかまっていられない) 

翌朝病院の申し送りにて  「昨日は派遣会社に頼んで穏やかでした」 病院は手不足 正当な手続きをふみ夜巡回をいらいしていた。
(掃除腐 巡回のためにいたらしいですね)

ということでどうでしょう?

またまた、すでに読んだかたのイメージ、変えてしまったら申し訳ありません。
ぴったり ビンゴ!
コメントnichika | URL | 2013-03-07-Thu 15:58 [編集]
きえちん ご想像通り~~
細かいことは みなさまで適当にっと (←投げてる

レベッカはnokkoさんです  ソロの「人魚」が好きでした
にったん
コメントきえ | URL | 2013-03-07-Thu 16:45 [編集]
こんにちは~
私も想像する楽しみと誤解を生むのではないかという葛藤の中にいました。
嘘でも『ビンゴ』のお言葉いただけて嬉しかったです。
そう、あとは読者様にお任せするのです。
逐一語って、積み上げた想像、ぶっこわしてはいけないな~と。

今日は徳永英明さんを聞いていました。
あの掠れた感じの声が耳に響きます。

♪遠ざかる故郷の空 帰れない人波に・・・

良かったら聞いてください
http://www.youtube.com/watch?v=k56eVvKL3_I

またね
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.