FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
きえ詩 ~離れても~
2013-01-05-Sat  CATEGORY:
きえちんはいつから詩人になったんだ(←ちがう~~~っ)





私が旅行に行くたび 携帯した電話の中に残された『声』があったね

まだあの頃は、海外での通話もうまくいかなかった。


旅先で、一番お金のかからない方法で、あなたの声を聞いた
録音してくれたと分かったのはいつだったか。。。。

『あなたの帰りを待っています』


無謀に飛びだしてしまう私を、・・・その背を黙って見送ってくれた人

どれだけ不安にさせてしまっただろう


帰るたびにだきしめてくれた

そしてまた、飛び立たせてくれた


『帰りを待っているから』・・・と


あなたの愛情があるから、次へと向かっていける

あなたが待っていてくれるから、帰ろうと思う


一番愛された時だったね





時は過ぎても
どれだけ離れても

機械越しではなくて、じかにあなたの声を聞きたいよ
あなたの耳にわたしのささやきを響かせたいよ

どれだけ離れても、脳に響いた声音は忘れない・・・
低くて、優しくて、安堵させてくれるものだった・・・

あの声は、わたしだけのもの・・・

機械越しの声だったとしても、永遠にわたしのもの・・・


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです
『淋しい夜』のどこかでもちろっと書きましたね。
当時の『携帯事情』でした。

ありがとう
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
にかちん
コメントたつみきえ | URL | 2013-01-06-Sun 11:15 [編集]
拍手コメ ありがと

私も捨てられない携帯電話、あります。
撮った写真と、残された声と。

機種変更しても大事に手元に取っておいています。
本当は資源のためにもお返しした方がいいのかな。
自分がこの世を発つ前に消せたらいいな。
でも直前まで持っていたいな。

秘密が多すぎて、整理整頓、大変だねぇ~ 笑

コメントありがとうございました
+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+
コメントけいったん | URL | 2014-01-25-Sat 14:05 [編集]
読めば読むほど、詩人きえちんは 凄いって思う!
文才がある人は、 心に響く作品を書かれますよね。

しかし きえちんの詩に出て来る人
この人は 現実なのか 妄想なのか…

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ どうしても 現実な気がするなぁ

ねぇ、きえちん♪
この人って 優しそうで 深い愛を持ってそうで 素敵な人…だった?
ヾ(・ω・* ) ネェネェ...byebye☆
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.