FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
兄弟
2012-12-31-Mon  CATEGORY: 待っているよ
津屋崎家

台所でドタバタの長男筑穂のとなりで、福智は口をぽっかりと開けていた。
「ち、筑穂、こんなに作るの…?」
山積みの材料を見ただけで、何ができるのかも分からない福智だ。
「昔からうちの御節は手作りなの。お母さんたちの味、伝えていかなきゃ…」
ずっと母の手伝いをしてきた筑穂だからこそ、再現できるものと言うのか…。
弟たちに味あわせてやりたい思いやりがあちこちに溢れていた。
調理師を目指した二男穂波が、やがてこの味を継いでいってくれるかは疑問のところ。
作り続けるのは、その願いも含まれている。

「福智っ、大根、千切り、塩もみっ、にんじんもっ」
「えーと、今、だし、取っているんですけれど…」
「同時進行っ」
次々と出される指示に、師走の忙しさを見た気がした。
手造りのおせち料理なんて見たこともなかったから、感心して、感動して、動揺もしたけれど。
重箱にでも詰められるのかと思いきや、そこはやはり津屋崎家。
大皿に盛って終わりらしい。

それでも一体、何品あるのやら…。

将来の調理師はどこにいった…?と思わず振り返ってしまう先で、三男坊嘉穂が、ルンタッタ(自動お掃除機ロボット)を追いかけまわしていた。
筑穂「嘉穂っ。追いかけなくていいから窓ふきしろ~っ」
嘉穂「さっきお風呂掃除したよ~」
福智「洗剤、ばらまいただけだろー」
筑穂「ヾ(。`Д´。)ノふたりして風呂掃除してこい~~~。福智、おしえろーっ」

穂波「(帰宅)兄貴、何、あばれてんの?」(←蕎麦と天ぷらを買ってきた)
筑穂「嘉穂が全然掃除しないんだもんっ」
穂波「あー、まぁ、あいつはいつものことだし…」(←なんだか分かっている兄)

さりげなく筑穂に近寄っていく次兄に福智の視線が向かう。(←風呂掃除に追い出された人)

穂波「(おたま手にして)味付け、いいんじゃねぇ?兄貴の味、ずっと変わらないよな」
筑穂「思い出すのが大変だよ…」
穂波「無理しなくていいって。ずっと作ってくれるから嬉しい」
筑穂「うん…。穂波も、筑紫野さんちの味、継ぐんだよ」
穂波「分かってる…」

さりげなく、背中を押してくれることに、穂波の悦びは溢れる。
一時は反対されたけれど、認めてくれた今後。

新しい年に向けて味わう数々。

ふたりの後ろ姿に、入る隙間がないのかと思わされながら、福智は頬を緩めた。
語り合うことができるようになった、ふたりだったから。

嘉穂「香春んちにいく~っ」
福智「てめーっ、さぼるなっ」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
お兄ちゃん
コメントちー | URL | 2012-12-31-Mon 14:32 [編集]
お節まで作るのか・・・
今、作ってるのはなますかな?

煮物も作るんだね。エライエライ。

ホナもパン屋さんになるんだね。
お兄ちゃん、フクちゃんが来てくれて素直に背中を押せるようになったんだ。
エライエライ、お兄ちゃん。

長男長女、誉められなれていないから誉めてあげる(笑)


きえさん、ありがとう。
良いお年を。
前の記事は、師匠が素敵なコメントしてるから、ちーの駄コメは省略します!
きえさん、丘の住人のみなさん。
ありがとうございました。

来年も、きえさんの息子さん達に会いにくるね!
可愛い!!!!!
コメントnichika | URL | 2012-12-31-Mon 17:48 [編集]
久しぶりに くるみ様のイラスト、香春ちゃん登場 パチパチパチ
福智さんも津屋崎家に落ち着いて、筑穂と上手くいっているし穂波も将来設計ばっちりなんだね。

こんなにほっかりした場所に
とっても素敵な面々に出会えって今年は充実しました

きえ様、のんびりお正月ゴロンゴロンとしてくださいね

素敵な日々を向かえ過ごせますように。 きえ様・丘のみんなさまへ
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.