FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
現実
2012-12-28-Fri  CATEGORY: あの日の夢
普段は同じ寝室で寝るのだが、少々のいさかいが起きると、燕はゲストルームのベッドへと逃げてしまう。
本気で怒っているわけではなく、単に機嫌が悪いのだとアピールしたいだけで、また五泉に心配してもらいたい心の弱さが出ていた。
そんなことをしても五泉が燕に対して嫌がらないことを知った昨今だ。

先に風呂に入って、後から出てきた五泉は、寝室に燕がいないことを知ってゲストルームの扉を開けた。
使われることなどほとんどないのに、ツインのベッドルームだった。
布団の中でうつぶせになっている燕に溜め息が降り下りる。
「燕、いつまで拗ねているんだ・・・」
「・・・」
「燕」
「五泉なんか・・・」
嫌い・・・と言いたい言葉は、まだ言えない。
ぼそっとした声を聞いては、五泉の溜め息はまた深くなる。
「またいくらだって買ってやると言っただろう」
「そういう問題じゃないのっ。今日食べたかったのっ」
最後の一個だったのに・・・とまだブツブツと文句が続いた。
三度目の溜め息が耳に届く。

事の発端は五泉の兄 能生が買ってきてくれた老舗和菓子屋の大福を、大事にとっておいたら、帰宅した五泉がパクリと食べてしまったのだ。
全てが手作りのために、一日に造られる数も限られていて、また一人につき販売する数も制限がある、幻の品とも言えた。
中の餡が違うものを揃えてくれたために、大事に一つずつ味わっていた燕だった。
もちろん、裏事情があっての差し入れだったのだが・・・
年末に行われるパーティーに参加してくれ、というもので、その日はもう年末年始の休暇に入る五泉を言いくるめてくれと言うお願い付きだった。
まずは燕から手懐けることを理解していた能生なのである。

食べ物一つで踊らされている自分もどうかと思うけれど、どうあっても言うことをきかなければならない状況になることを分かっていた燕は、その手土産をありがたく受け取っていた。
ある意味、燕に対しての休日を潰すことの詫びだったわけだ。
当然 燕のために 持ってきてくれたものだったのに、あっさりと食べ尽されてしまってむくれていたのだ。

「燕、いいかげんにしろ」
「いいよっ、どうせ俺、子供だもん。物分かりが悪いっていつも五泉に言われているじゃんっ」
「可愛げがあるところはいいけれどな・・・」
頭を撫でられて、布団ごと抱きしめられて、ついほだされる。
呆れた素振りを見せながら、感情をありのままに見せる燕を褒められる。
そしてグズグズになって、結局は宥められて五泉の思い通りになるのだった。

抱きあげられて寝室に連れられた。
裸になって燕に覆いかぶさってきた五泉は 「こっちで燕のご機嫌をとってやるよ」と口角をあげる。
ふくれたままの尖らせた唇は重ねられて、あっという間に甘い時間へといざなわれた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック0 コメント15
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントきえ | URL | 2012-12-28-Fri 13:56 [編集]
みなさま コメントは全部読んでいますからね~
お返事書けなくてごめんなさい

人とはその状況に慣れて行くものなのですね
苦手だった携帯もなんとか使えるようになりました

またね
携帯からでも バッチ∑d(ゝω・´*)グッ☆!
コメントけいったん | URL | 2012-12-28-Fri 16:00 [編集]
これが 最後の一個と、言われたら
そんなに欲しいものでも無くても 何故か 買ってしまうって事が あります。
あの心理は 如何してでしょうね??(@△@)??

能生が それぞれ違う味のを買ってくれているのなら
最後の一個は どんな味か 燕は 楽しみは格別だったのでしょうね!

御菓子で 燕に 用件を頼む 能生も能生だけど、燕もね…┐ε-(´・_・`:)┌
でも 拗ねた燕が 可愛いのでしょ、五泉♪

きえちん、お返事の件は お気遣いなく 読んで下さるだけで 嬉しいですから!
それより 毎日の更新で 疲れないか 心配だよ~~
絶対に 無理は禁物だからね♪
。+.。゚:;。+゚( 。 ・▽・。)( 。・▽・ 。) 。+.。゚:;。+゚ネー…またね☆
 

かきわすれました
コメントきえ | URL | 2012-12-28-Fri 17:11 [編集]
五泉は兄が届けたことが気に入らなくて食べちゃったんだと思います
でもこんなにすねられるとは思わなかったのね

またそこで嫉妬心もわいているのです

たかがお土産されどおみやげ
つばめ~
コメントちー | URL | 2012-12-29-Sat 02:54 [編集]
ケンミンショーの京一郎さん風に、「つばめ~ぇ」(て、みなさんが知ってるのか?)

連載中から何故か↑こればっかり浮かんできてました。

ツバメちゃん、少しはワガママ出来るようになったんだね。良かった良かった。
お菓子で懐柔されるの?
じゃ、私もっ。ダメか(笑)

五泉のヤキモチ焼きなとこが好きです。
体育会系のヤローを蹴飛ばしたり、魚沼さんに燕は俺のだって宣言したり。
今回は大福かあ。可愛いな。

きえさんが、日に日に慣れていく携帯投稿。
大丈夫かしら?
無理しないでね。お返事なんか気にしないで。
私達、勝手にやってますからねー?

コメントきえ | URL | 2012-12-29-Sat 09:46 [編集]
きえちん 年末年始おうちに帰れることになりました
もともと自宅にいた人間なのでまだまだ、元気ですね

いっぱい心配掛けてごめんね
コメントきえ | URL | 2012-12-29-Sat 10:54 [編集]
きえちんもこめんとけしちゃったよー

ちー様のご苦労が分かった気がした。

おせちりょうり 
若美 和食~
圭吾 洋食に変えて
日野 創作に任せて~

さあ、どれ食べてい~???

三杯はいける年越しそばだね
きえちん、良かったね♪
コメントけいったん | URL | 2012-12-29-Sat 11:08 [編集]
年末年始は 御自宅で ノンビ~リしてね
きえ様宅の 受け子ちゃん達の様に ダーリンに 思いっきり甘えてみるのも いいかも~_φ(゚ω^* )♪

今年の大掃除は 手を抜くだけ抜くぞ!と、張り切って やり出した私
只今 絶賛 歯痛中~
歯医者さんも 年末年始休院となった途端 これだもんなぁー(;ω;)
左の頬が プックラと腫れて  顔が歪んでます(笑)
この季節 マスクをしてても違和感ないのが 救いですよね。

それでは きえちん、またね~ヾ(★^〇^★)ノ☆彡

ハシゴで!!
コメントさえ | URL | 2012-12-29-Sat 12:04 [編集]
きえちゃん、皆さまこんにちは~(*^^*)
おせちは~3件ハシゴで!!
きえちゃんご帰宅おめでとう♪
やっぱり自宅が落ち着くよね~(* ̄∇ ̄*)
一息ついて、リフレッシュしてね~(^_-)
幻の大福私も食べたいよ~(*^^*)
燕ちゃんの楽しみわかるよ~♪1日一つずつだよね~(*⌒▽⌒*)
今日は体のメンテです。
この一年の疲れを取るぞ~(≧ω≦)b
大掃除は明日~(>_<)
良かったねー
コメントちー | URL | 2012-12-29-Sat 12:35 [編集]
オウチに帰れるの?良かったねー。
やっぱり、オウチが一番だね。

久しぶりに圭吾のお話も良いよねー?
さえさんみたいにハシゴなんて言えないからぁ←おい

ひなちゃんと清音さんが仲良くお節作ってるのとか、日野っちのとこに通って作る成くんとかあ。
双子ちゃんは、若美お兄ちゃんに発注済みだろうし。
セミちゃんは、日本にはいなそうだしなあ。

言っときますが、あくまでも私の妄想ですから。
え?わかってる?

きえさんもコメント消しちゃったの?
ムカつくでしょ?
あと、うっかり戻っちゃってもね・・・

あ!筑穂兄ちゃんの奮闘してるとことかも。

きえさんに、叱られるから終わろ(笑)

きえさん、ゆっくり養生してねー。
けいたんさま
コメントきえ | URL | 2012-12-29-Sat 15:36 [編集]
あの詩はいままでのお礼としてお贈りします

迷惑でなければの話ですが

にるなりやくなりどうぞ


いつもすてきな詩をありがとうございました

年賀状・・・ふふふ。はやいね


また
v(≧∇≦)v イェェ~イ、貰ったぁ♪
コメントけいったん | URL | 2012-12-29-Sat 17:23 [編集]
きえちんから頂いた詩は、煮ても焼いても揚げても 良いって事なので
そうさせて 頂きま~す♪

詩をプレゼントされたのは、初めてなので すっごく嬉しいです。
((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ァリガトゥ
追記です(。+・`ω・´)シャキィーン☆
コメントけいったん | URL | 2012-12-29-Sat 17:57 [編集]
きえちんの詩は、別宅にて 読めます。

きえちんを またまた 惚れ直しちゃうよ~~

ポッポッo(*´ω‘*)oポォ~♡
コメントきえ | URL | 2012-12-29-Sat 18:25 [編集]
きえちん ぼーっとしてた

けいたんさんありが゛とう
こんなに飾ってくれてありがとう
すごくうれしいよ

おれいに何か書けたらいいけど
コメントはじめまして | URL | 2013-01-16-Wed 16:06 [編集]
自虐的なツバメくんが五泉の手によってつくりかえられていくのが良かったです。
トントンとお話が進んでつい引き込まれました。

無駄がなさ過ぎて、波乱も少なくて少し残念だったかも・・・
なーんて読んでいる側のわがままですね。

もう新しいお話は書かないのですか?
いつも一気読みしているから、早く始まってくれるといいなと思います。

コメントたつみきえ | URL | 2013-01-16-Wed 16:54 [編集]
はじめましてさま
初コメありがとうございます

ものたりないところがありましたでしょうか
それでも読んでくださって嬉しいです
もうちょっと何かの展開を踏めれば良かったのですが
焦った気持ちもありました。
とにかく完結をと焦った作品でした。

次のお話はいつになるか分かりませんが、いつかかけたらいいなと思います

お読みいただいて、またコメントも ありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.