FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っていてね
2012-12-21-Fri  CATEGORY: 待っているよ
津屋崎穂波(つやざきほなみ)は、まさに粉まみれになっていた。
筑紫野浮羽(ちくしのうきは)はクリスマスケーキの制作の最盛期に入っている。
その手伝い…のつもりで厨房に入ったのだが、手際の違いは明らか。
クリスマスケーキは完全予約制だったために、作る数は決まっている。それは同時に遅れることも許されなかった。

「ホナっ、卵の殻が入っちゃってるじゃないっ」
「ごめ…。浮羽さんの真似して、片手で割ったら失敗しちゃった…」
あまりにも手際よくポンポンと卵を割っていく姿にあこがれたところもあったのだが、現実は甘くなかった。
「そのうちできるようになるから。…とにかく今は確かな仕事をしてほしいの。ボウルに30個ずつ卵、用意して」
「うん、分かったよ」
手が遅くても、確実な仕事。
まだまだ修行の身(?!)だけど、すぐそばで厳しさを教えてもらえるのはありがたいことでもある。

ふわふわのスポンジケーキが焼き上がり、フルーツやチョコレートのデコレーションが次々と用意された。
穂波は浮羽に教えられながら、三つのケーキを最初から最後まで自力で仕上げた。
スポンジを切った厚さは上下違っていたし、塗ったクリームは、でこぼこして”なめらか”とは程遠い。
飾ったイチゴも何度も置き換えたせいか、クリームが剥がれていたりもする。
茶色いチョコレートにホワイトチョコで書いた『MaryChristmas』はasが入り切らなかった。
製作の難しさをまざまざと気付かされる。
均一に仕上げていく浮羽の腕の高さに感心もしたし…。
浮羽が厨房で忙しく動くなか、穂波は受け取りに来た人たちの対応に追われた。
主人も居てくれたが、製造に常に追われている浮羽は店頭には出てきてくれない。
まさに『猫の手も借りたい』状況だったのだ。

「商品、こちらです。…あ、パンもお買い上げですか。ありがとうございます」
ケーキの入った箱を渡し、トレーに乗せて持ってきたパンの袋詰めをする。
次々とやってくる主婦や家族連れなどで、店内は賑わっていた。
主人の一人ではどんどんと連なってしまう客も、たとえぎこちなくても『猫の手』がいることで、スムーズに事が運んでいた。
そんな些細なことでも穂波には嬉しい出来事だった。

自分で作ったケーキを三箱持って、穂波は一度店を出た。
「浮羽さん、これ届けたら、また来るからね」
「うん、ホナ、今日はありがとうね。父さん、今夜飲みに行っちゃうから…」
さりげなく伝えられることに、早々に戻ろうと思った。
たぶん、そこは、お父さんも気を使ってくれているのが分かった。
泊まることまで許してくれるだろうか…。

一つの箱は学校へ。
自分の進路を押してくれた大野城への感謝を込めて。
穂波の気持ちを汲んでわざわざ待っていてくれた大野城も中を見ては苦笑いだった。
これからの未来にかけてくれるところもありがたい。

あとの二つは自宅だった。
「嘉穂、ほら、ケーキ作ってきてやったぞ」
「ほらくん、そんなのも作れるようになったんだぁ。じゃあ、香春(かわら)んちに行ってくるね」
待っていた弟の嘉穂はケーキの箱を受け取るなり、玄関を飛び出していった。
後を追ったのは同居人となった飯塚福智(いいづかふくち)の台詞だ。
「おー。今夜は泊まらせてもらえよ~。帰ってくるなよ~。宿題、持って行けよ~」
なんとも図々しいお願いだったが、言われなくても本人はそのつもりだろう。
もうひとつの箱を開けた福智は、あまりにもいびつなケーキを見て、将来性を疑っていた。
それを兄の筑穂が咎めてくる。
「穂波だって訓練重ねたら成長するよっ」
「筑穂、うん…、そうだな…」
弟思いの兄の気遣いには、相変わらず絶句するところだが…。

「じゃあ、兄貴、俺、まだ手伝いに行ってくるから…」
「うん。気をつけて」
どこまでも心配してくれる、過剰なくらいの思いやりは、親を失って見守ってきてくれた過去があるからだった。
いつか安心してもらえる存在になろう。
穂波は将来のクリスマスプレゼントとして、その誓いを立てた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ねぇ ちょっと聞いた?
コメントけいったん | URL | 2012-12-21-Fri 09:12 [編集]
あそこの店で 今日は イケメン男子が店頭に居るわよ!
と、噂が あっと広まって 予約以外の人も来そうですね。

私も 近場なら 行きたかったなぁ(。´・_・`。)モー

好き嫌いが多かった我が家の子供の為に ケーキを よく作ったものです。
ある日、一軒のケーキ屋さんに出会い、
その店のケーキだけは食べられて それからは 作ってないですね。

浮羽のケーキも そうであって欲しいな♪

えっ、?そんな我が家の子は 今はって?
はい、 何でも 食い尽くすって子に 成長してます(笑)
食費がハンパな~~い!ハァー(。´_`。)=3...byebye☆ 
Re: ねぇ ちょっと聞いた?
コメントたつみきえ | URL | 2012-12-21-Fri 10:33 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> あそこの店で 今日は イケメン男子が店頭に居るわよ!
> と、噂が あっと広まって 予約以外の人も来そうですね。
>
> 私も 近場なら 行きたかったなぁ(。´・_・`。)モー

イケメン男子の店員さん♪
予約でもなんでもしちゃいますねぇ。
うちの近所のパン屋さんは(ちっちゃいお店なんですけれどメロンパンが美味しくて)
おじちゃんがやっていますが、たまに出てきてくれて、出会えると嬉しく思います。
パートのおばちゃんは、どうでもいい(←)

> 好き嫌いが多かった我が家の子供の為に ケーキを よく作ったものです。
> ある日、一軒のケーキ屋さんに出会い、
> その店のケーキだけは食べられて それからは 作ってないですね。
>
> 浮羽のケーキも そうであって欲しいな♪
>
> えっ、?そんな我が家の子は 今はって?
> はい、 何でも 食い尽くすって子に 成長してます(笑)
> 食費がハンパな~~い!ハァー(。´_`。)=3...byebye☆ 

男の子の食費ってさぁ…。
うちは姉妹だったので全く想像できませんでしたが、お付き合いのあった方の食べっぷりに、ひたすら絶句したことがありました。
成長期の子…すごいのね…。
まずかろう、うまかろう、とりあえず、胃に入れる…みたいだった…。
でもなんでも食べてくれるって嬉しいですよね。つくりがいもあるし。
けいったん様のおうちこそ、野菜を届けてあげたいですねぇ。
コメントありがとうございました。
おにいちゃぁぁぁん!
コメントちー | URL | 2012-12-21-Fri 22:52 [編集]
津屋崎兄弟キタァ!フクちゃん、会いたかったよー。
そういや、これもきえさんに騙されたっけ。
懐かしいなあ。フクちゃん、応援したな。

ウッキー、ケーキも作るんだね。
美味しそう。

「師匠、師匠!ウッキーのケーキ貰ったよ?」
「買ったんじゃなくて?」
「うふふー。だてに、見張りやってたんじゃあないのよ?私」
「そうだったねー」
「はい、師匠」
「?」
「可愛いウッキーのパテシエ服、腕捲りー♪」
「センセじゃないんだ」

トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.