FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
あの日の夢 2
2012-11-17-Sat  CATEGORY: あの日の夢
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


数度にもおよぶ抽挿の末、燕は意識を失ったらしい。
幾度も熱を放出する行為を繰り返されて、ドロドロに汚れた、…汚された体があった。
夕飯時…ともいえる時間帯にホテルに入り込んで、深夜まで行為は続けられて…。
気付けば外は明るくなり始めている。
隣で眠っている人間を確かめては、『ヤり逃げ』の状態で放置されたわけではないのだと知れた。
過去の逢瀬の中、置き去りにされたことは少ない数ではなかったから。

虚しい…。そう分かるのに、誰かと体を重ねたくなるのは、自分の本質なのだろうか。
視界に写り込んでくるような、仲睦まじい世界に憧れていた。
だけど、心だけがついてこない。相手の心は、体とは違って燕を見てくれなかった。

汚れた体のままではいたくなくて、シャワーでも浴びようとベッドから抜け出そうとする。
その動きに気付いたのか、目覚めた五泉が太い腕を燕の細い腰に巻き付けてきた。
あっというまに体は押さえつけられて、気付けば仰向けの体の上に五泉が跨っている姿勢だった。
「な…っ?!」
「もう一回、ヤらせて…」
耳朶にかじりつくように唇を寄せた男の声が、欲望を露わにする。
重なった下肢は、すでに力をつけていて、擦りつけられては燕も自然と兆しを見せ始めた。
「やぁ…っ」
それと同時に放置された、流れ出るものを後孔に感じる。
後処理まではしてくれなかったようだ。…まぁ、そんなものだろう…と諦めの境地。

「嫌がるなよ。ゆうべだって善がって啼いていたの、おまえだろ」
浅ましさを堂々と告げられて、羞恥に体が火照った。
同意の上でおよんだ行為だとは分かっていても…。
改めて突き付けられる身の軽さ。
プルプルと首を振っても、体の反応のほうが早かった。
嘲笑うかのような笑みが、五泉の口端に浮かぶ。
「いいだろう?欲しいって言えよ」
両手をシーツに留められて、性器だけが腰使いで擦りあわされる。
その微妙な加減に、疼く体の芯がもっと強烈な刺激を求め始めてしまう。
“征服される”…。
どこかで、そんな環境を求めていたのだろうか。
恥ずかしい体勢も、恥ずかしい言葉も、自分自身を煽るもので、また相手を満足させるもので…。
誰かを求めてしまう証のようなものだろうか。
捕まえられそうで、でも手には入らない人。
「あっ、やぁ…っ」
「足、広げろ。気持ち良くさせてやるから」

続きを…。
そう願ったのは誰よりも燕だったのかもしれない。
重なった体の下で、燕は足を広げて膝を立てる。
それは、燕から求めていると相手に告げているようなものだった。
燕自身を、”征服”したと、思わせるようなもの…。
そうすることで、燕は相手のものになれる錯覚に陥る。

後孔に宛がわれた雄芯は、擦りつけられていた時よりももっと熱を増しているようだった。もちろん、硬さも。
「あぁっ」
開かれる…。拡がる感覚に燕から吐息が零れていった。
ゆっくりと潜り込んでくる灼熱が、覚えた胎内の膨らみにわざとらしく当ててきた。
あまりにも緩慢な動きに燕のほうが翻弄されていく。
…もっとほしい…。
眦に浮かぶ滴に、何を望んでいるのかすでにわかっているのだろうに…。
口角をあげただけの男は、自分のペースを保ち、燕の両手を解放することもなく、また体を重ねて燕の性器に腹筋を当ててくることもしなかった。
後ろだけでイける衝撃を知ってはいても、それすらも与えてくれない緩やかな動きだった。
「あぁぁっ、あっ、…っやぁっ…。…も…っ」
まるで苦しみ抜く燕の反応を伺うかのように…。

この男の絶頂はいつやってくるのだろう…。
気が遠くなる…。
ポロポロと涙を流す燕を見てから、五泉の腰が激しく動き出した。
抜けるかというところまで引き抜かれて、また勢いよく戻ってくる。
「あぅっ…っ」
両手が解放されては、燕はその背に回していた。
自分を抱いてくれている腰の手にも力がこもる。
「ツバメ…」
耳朶を撫でる声と、下肢に響く振動。厭らしいほどの挿入の水音に、今だけは『愛されている』気分に浸れた。
「五泉…」
返した言葉に苦しげに眉根を寄せた間近な顔があった。
そこから到達までは、時間の問題だというように…。すぐに訪れては、吐き出すことのできた熱欲に脱力した。
過去の生活を振り返ってみれば、朝になっても抱かれたのが久し振りだったと気付かされる。
だから余計に、求められたことに嫌な気分は微塵もなかったのだろう。
伸びたストレートの髪が濡れた頬に張り付く。
喘いだ紅い唇が、苦しげに空気を求める。
体と同じく細面の顔は紅潮して、虚ろな眼差しを『五泉』という男に向けていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

関連記事
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
いやん
コメントちー | URL | 2012-11-17-Sat 05:46 [編集]
またまたまたまたまた
コメントが・・・きえさんの呪い?

たまにちゃんと書くとこうなるんだ。やだやだ。

燕は、何で誰かの心は貰えないの?
貰えてるのに気がつかないのかな?
何かあったのかな?燕の過去。

そして、五泉はやりたいだけ?それとも、これから燕をきちんと愛していく人?
本当の相手はこれから?
お兄ちゃん(ちくちゃんの方)以来の悩みかただわ(笑)

ちー、今日は、疑惑の店長さん(男)の美容院に行ってきます。だってさあ、店長さんのお友達の美容師さん、店長さんを追いかけて←かは定かでない
今のお店に来たんだって。違くてもそうだと言って(笑)
ああ、私、すっかり腐ってしまった・・・
Re: いやん
コメントたつみきえ | URL | 2012-11-17-Sat 06:05 [編集]
ちー様
おはようございます。
あらあらまた消えちゃったの…。

> またまたまたまたまた
> コメントが・・・きえさんの呪い?

呪っていませんから(笑)

> たまにちゃんと書くとこうなるんだ。やだやだ。
>
> 燕は、何で誰かの心は貰えないの?
> 貰えてるのに気がつかないのかな?
> 何かあったのかな?燕の過去。
>
> そして、五泉はやりたいだけ?それとも、これから燕をきちんと愛していく人?
> 本当の相手はこれから?
> お兄ちゃん(ちくちゃんの方)以来の悩みかただわ(笑)

謎だらけですかねぇ。
燕は良い相手に巡り合えないんですよね。
付いていった相手が悪いのか、今、客をとっている店が悪いのか、噂だけが独り歩きしています。
それは一話目で書いたことなんですけど。
だから相手からしてみたら『都合のよい相手』でしかないんです。
五泉はどんな人なのか…。
是非悩んでいてください(←)

> ちー、今日は、疑惑の店長さん(男)の美容院に行ってきます。だってさあ、店長さんのお友達の美容師さん、店長さんを追いかけて←かは定かでない
> 今のお店に来たんだって。違くてもそうだと言って(笑)
> ああ、私、すっかり腐ってしまった・・・

脳内、なんでもそっち方向に考えてしまう…(私もです)
素敵なネタがそこに転がっていますねぇ。
草むしりと箱詰めで汚れた体を、とびっきりの美人さんに変身してもらってくださいね。
コメントありがとうございました。
No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-11-17-Sat 08:30 [編集]
あ、ちー様
余談だけれど、あとこれね。(使用方法)

http://kiehan.exblog.jp/13077546/

ほんと、どこでも使えて便利だよ~。
(別に買えとは言っていない…)
No title
コメントちー | URL | 2012-11-17-Sat 10:56 [編集]
「ねーねー。ちー、良いもの買ったよ!」
「はい?」
「だからあ、スマホもね、お風呂でも海中でも使えるんだって~ぇ。スゴいでしょ?」
「えーっと、つまり?」
「ほら、カメラよりスマホのが怪しくないじゃん!」
「・・・」
「だからあ、雅臣さんのガードも緩くなるじゃん?」
「まさか、レアカードの為に?」
「うん、よろしく~♪」
「雅臣くんは元々緩いんだけど、番犬が」
「大丈夫だよー。ついでにひなちゃんもねー。プリン持たせてねー」
「ご自分でされてはいかがでしょうか?」

燕くんの話に関係無くてm(__)m
Rêve de ce jour-あの日の夢-
コメントけいったん | URL | 2012-11-17-Sat 11:49 [編集]
笑顔零れた あの夢は
すぐに 崩れ消え去る 砂山の城
分かっているのに…
何度も抱いてしまう 儚い 幻想 

頬濡らした あの夢は
いつまでも 拭い切れない 湖沼の澱
逃れられないのに…
何度も突き付けられる 確かな 現実 

あの日の夢に 惑わされる 囚われる


ちーさんが仰る様に 燕の過去が気になって ちょっくら 詩で書いてみました。
まだ登場人物が 2人の段階ですからね~
今後も 目が離せない!
(  ・ _ ・  )ジー...byebye☆

P.S.タイトル「Rêve de ce jour」は 日仏翻訳辞典で ”あの日の夢”を翻訳した結果です。
合ってるか 如何か 一切の責任は持てませんからね~(笑) 

横レスです 何度も(;´・ω・`)ゞごめんなさい
ちーさん、風邪を引いたんだ!
今は RSとか ノロとか マイコプラズマ等 色々流行っているから ちゃんと病院で診て貰った方がいいよ。
( ^-^)_θお薬です お大事に♪


Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-11-17-Sat 11:59 [編集]
ちー様
こんにちは。
とうとう購入ですか(笑)

> 「ねーねー。ちー、良いもの買ったよ!」
> 「はい?」
> 「だからあ、スマホもね、お風呂でも海中でも使えるんだって~ぇ。スゴいでしょ?」
> 「えーっと、つまり?」
> 「ほら、カメラよりスマホのが怪しくないじゃん!」
> 「・・・」
> 「だからあ、雅臣さんのガードも緩くなるじゃん?」
> 「まさか、レアカードの為に?」
> 「うん、よろしく~♪」
> 「雅臣くんは元々緩いんだけど、番犬が」
> 「大丈夫だよー。ついでにひなちゃんもねー。プリン持たせてねー」
> 「ご自分でされてはいかがでしょうか?」
>
> 燕くんの話に関係無くてm(__)m

あのね、きえはね、悪いことは教えていないよ~。
使い方はその人次第なんだから。
スマホで動画も撮れちゃうしね。
世の中は便利(?)になっていくよね。
レアアイテムも手に入れやすくなるよね。
雅臣には酒を与えて、日生にはプリンを与えて…。
気が緩んだその隙に… オラァ(p゚ロ゚)==p)`д)グハッ (う…。思いのほか番犬、しっかりしていた…)

毎日楽しい話題、ありがとう♪
燕のことは、またあとで考えましょう(←)
コメントありがとうございました。
Re: Rêve de ce jour-あの日の夢-
コメントたつみきえ | URL | 2012-11-17-Sat 12:10 [編集]
けいったん様
こんにちは。
ヽ(゚∀゚)ノなんていう素敵詩が書き込まれているのでしょうか♪♪♪

> 笑顔零れた あの夢は
> すぐに 崩れ消え去る 砂山の城
> 分かっているのに…
> 何度も抱いてしまう 儚い 幻想 
>
> 頬濡らした あの夢は
> いつまでも 拭い切れない 湖沼の澱
> 逃れられないのに…
> 何度も突き付けられる 確かな 現実 
>
> あの日の夢に 惑わされる 囚われる

あとで本編に載せたいくらいです。
o(~∇~*o)ポワァン

> ちーさんが仰る様に 燕の過去が気になって ちょっくら 詩で書いてみました。
> まだ登場人物が 2人の段階ですからね~
> 今後も 目が離せない!
> (  ・ _ ・  )ジー...byebye☆

燕の過去、さぁ、何があったのか…。
そのうち明かしていきたいと思います。
えぇ、これからまた登場人物、増えていきますよ。
そんなに見つめないで(/ー\*)テレテレ(←ちがう…)

> P.S.タイトル「Rêve de ce jour」は 日仏翻訳辞典で ”あの日の夢”を翻訳した結果です。
> 合ってるか 如何か 一切の責任は持てませんからね~(笑) 

私が使っている翻訳サイトでも似たような答えが出てきましたよ。
私も文中に書く外国語はきわめていい加減です。
まぁ、なんとなく通じるだろう…って感じで…。

> 横レスです 何度も(;´・ω・`)ゞごめんなさい
> ちーさん、風邪を引いたんだ!
> 今は RSとか ノロとか マイコプラズマ等 色々流行っているから ちゃんと病院で診て貰った方がいいよ。
> ( ^-^)_θお薬です お大事に♪

そう。最近色々な名前の病気が流行っていますよね。
気づかず撒いていたりすると聞くと、びくびくしちゃいます。
皆様お大事に~。
コメントありがとうございました。
ありがとう
コメントちー | URL | 2012-11-17-Sat 19:58 [編集]
師匠、ありがとうございます。
ちー、鼻づまりが鼻タレになりそうなんでそろそろ治るかなあ?
美容院にも行ったし( ̄ー ̄)
ふふふ。

きえさんも、師匠も、にっかたんも、きえさんちに遊びに来るみなさんも寒くなってきたから、暖かくして早寝してねー
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.