FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
乱反射 3
2012-10-09-Tue  CATEGORY: 乱反射
あつみは一人暮らししているマンションに戻ると、冷蔵庫の中からミネラルウォーターを取りだしてリビングに入った。
縦に長い1Kの部屋は、玄関を入って壁側に小さなキッチンと反対側にトイレとバスルームがある。奥に8畳弱の一室。
帰って寝るだけ…というような部屋は、ベッドとテーブルとAV機器しかない質素なものだった。
すぐに捨てる癖を持っては、無駄なものがたまらない利点にもなっているのだが…。
後で後悔することも多い。
再び必要だ…と思った時には捨てられた後で、再購入したことは何度あったか…。
壁側に寄せたベッドに座り、ミネラルウォーターをゴクゴクと飲んだ。
「ふぅ…」
ボトルをテーブルに置き、上着とネクタイ、スラックスを脱いで、ベッドの足もと部分に出っ張って取り付けられているクローゼットにしまった。
間取りの関係上、部屋にデコボコ部分があるのは仕方なく、しかし、造り付けの収納場所があるのはありがたいことでもある。
パンツ一枚でも気兼ねなくうろつけるのが一人暮らしの良いところだ。
実際、狭い脱衣所(洗濯機と物置用の棚があるため、一段と狭く感じる)で、187センチの体を縮めて脱ぎ着するのは苦しい。
浴槽も体育座りをして入るようなものだったから、ここではほとんどシャワーしか利用していなかった。
近所に銭湯があるため、時間のある時はそちらを利用することもある。
環境の良さはあつみも気に入っていた。

そういえば萩生の新居(この場合、新居と呼べるのか…)は2LDKだとか言っていたっけ…とふと思い出す。
元々兄弟の住処だったわけだから、それくらいのスペースがあっても良いのか、広すぎないか?などと、他人の家のことを考えてしまう。
自分にもし相手ができた時、やはり必要とされる空間になるのだろうか。
まぁ、その場になってしまえば、相手が相手だけに、パンツ一枚も許されるだろう、と呑気な考えも過っていく。

あつみはシャワーを浴びると、先程残したミネラルウォーターを飲み干した。
それから着衣を身につけてベッドの前に座って寄りかかると、テレビをつけて適当にチャンネルを回す。特に見たい番組があるわけでもなく、人の声として耳に入れたかっただけだった。
そんなところにも一人身の淋しさが垣間見えるのか…。
瀬見が言っていたことが脳裏を掠めた。
…真室かぁ…。
仕事に集中しているせいか、あまり冗談も言ったりしないが、由利よりは明るい性格をしているのは確かだった。
比較するのは悪いが、全体にオドオドとしたところは見受けられない。
由利は無理しそうになる時ほど、気が強いフリを見せたけれど、今まで見てきた全てが真室のありのままだろうと思われる。
それこそ、昼食の時間を共にしているわけではないので、プライベートらしい、詳しい事情などというのもこれといって聞いてはいなかった。
故意的に避けてしまったわけではないが、瀬見が言うように、時には萩生たちから離れてみるのもいいかもしれない。
ある意味、親交を深められるというものだろう。
真室にとっても、他部署の人間と触れあうのは、損にならないはずだ。
休み明け、朝一で約束を取り付けてしまおうかと頭を巡らせる。
ある程度決まってしまったランチタイムとはいっても、完璧決められた環境ではないし、ましてや新入社員の真室に対して決めつける人はいない。
萩生と由良がふたりきりにされて、どんな過ごし方をするのかを垣間見るのもいいような、少しイジワルな気持ちも浮かんだ。
そんな楽しそうな出来事を思い浮かべながら、あつみは眠りに落ちた。

仕事中の真室の評判はそれなりに良い。
由利が『双子』というだけで、入社当時から好奇の目を向けられて集中できなかったことを思えば、真室にしてみたら良い環境でもあるのだと思う。
週明け、企画室の上役は営業の人間と会議があるということで、課長クラス以上が不在になっていた。
そのおかげもあっていつもよりも、のほほんとした空気が流れている。

あつみは早速資料整理に追われている真室に近付いた。
「真室、今日、昼飯、誰と食うとか決めてんの?」
一応、周りへの配慮もあって小声で聞いてみる。
席に着いていた真室は振り返り気味に顔を上げて、不思議そうな表情を見せた。
入社してからの生活を見ていれば、当然の反応でもある。
「え…?…いえ、まだ…」
パチパチと瞬きしながら見上げてくる姿は、子供が無邪気に「どうして?」と聞いている様に似ていると思って笑ってしまいそうだった。
たぶん今までも、その時間になってから誰かが声をかける感じだったのだろう。
こんなに早くのアポはなかったということなのだろうか。

「たまには一緒にしねぇ?」
「え…、でも高畠さん…」
咄嗟に脳が活発化する。
「萩生、実はいつも恋人と一緒なの。ちょっと協力してくれない?」
萩生と由良の関係がどこまで知られているかは疑問だが、今更バレたところで部署も違うのだから問題はないだろう。
同室だと移動などといった措置も取られたりするが…。
どういうことかと、意味が飲み込めないでいるらしい真室だったが、『協力してほしい』との願い出に、大人しく頷いてくれた。
要請は素直に受けておくべき…とでも思ったのか。
あつみはニコリと笑って、「じゃ、よろしく」と真室の頭上に手を置いた。
ウェーブのかかった髪が、想像以上に柔らかくて、ちょっと驚いたけれど…。
自分の席に戻り、携帯と向き合っては瀬見に、「OK」と短いメールを送る。
萩生と由良がどんなイチャつき具合を見せてくれるのか、それも興味の対象だったりしたあつみだ。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

あつみの私生活紹介で終わったような…(汗)
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
さあて
コメントちー | URL | 2012-10-09-Tue 00:28 [編集]
ようやく、あっちゃんもやる気を見せ始めたね。
真室っちは、こっちの人?(王国の人だよー?当たり前)

そして、あっちゃん背が高いのね。
いやん、ポイント高いわぁ。←ガタイの良いのが好き
せみちゃんと、ハギーと由良を観察するのね。
フムフム。


「師匠、あの子セミアツとマンマ食べるみたいですよ」
「・・・」
「師匠?師匠ってばあ」
「ちー、何か写真増えてない?」
「え?あー、今日は王国巡りしててー。千種のとこにも格好良い兄ちゃんやら可愛いのやらいたんですぅ」
「また、きえ刑事に叱られるよ?」
「えー、だってさあ。スーパーのお兄ちゃんとかあ」
「しっ!それより、隊長から巻き上げたお金、まだ、残ってる?」
「もちろんですよー。双子ちゃん観察費用とかセミアツ費用とかあ、ちゃんとありますよ」

だって、まだツアーいけないんだもん。
早っ!Σ(*゚д゚*)ノ
コメントけいったん | URL | 2012-10-09-Tue 02:15 [編集]
早速 真室を昼食に誘うなんて!
あつみ、行動力がハンパないね~♪(¬ー¬) フフ

セミと一緒に 由良&萩生を観察ですか?(笑)
イチャコラしている2人を見れば 猶更 独り身の寂しさを感じるのにね!((★・∀-)乂(・∀-★))ネ♪

「ちーさんって もしかして きえ(敬称略)ワールドのイケメンを全て撮るつもりなの~!?」
「イエッサー♪」
「…ツアーに行く前に 交通費と写真代で お金が…」
「ねぇねぇ このアングルの彼もいいですね~♪ あっ こっちの彼も~♪」
「隊長~~研修代を もっと頂戴~~!!」
オカネェ、ガァ~(/T▽)/ ~”¥” ~”¥”~...byebye☆

Re: さあて
コメントたつみきえ | URL | 2012-10-09-Tue 07:05 [編集]
ちー様
おはようございます。

> ようやく、あっちゃんもやる気を見せ始めたね。
> 真室っちは、こっちの人?(王国の人だよー?当たり前)
>
> そして、あっちゃん背が高いのね。
> いやん、ポイント高いわぁ。←ガタイの良いのが好き
> せみちゃんと、ハギーと由良を観察するのね。
> フムフム。

きえ王国の中に、違う人間がいるのか?!
登場人物は確実に(笑)

私もガタイの良いのが好きです~♪
似たような瀬見ちゃんだと思ってください。
今のところ観察が目的のあつみです。

> 「師匠、あの子セミアツとマンマ食べるみたいですよ」
> 「・・・」
> 「師匠?師匠ってばあ」
> 「ちー、何か写真増えてない?」
> 「え?あー、今日は王国巡りしててー。千種のとこにも格好良い兄ちゃんやら可愛いのやらいたんですぅ」
> 「また、きえ刑事に叱られるよ?」
> 「えー、だってさあ。スーパーのお兄ちゃんとかあ」
> 「しっ!それより、隊長から巻き上げたお金、まだ、残ってる?」
> 「もちろんですよー。双子ちゃん観察費用とかセミアツ費用とかあ、ちゃんとありますよ」
>
> だって、まだツアーいけないんだもん。

ツアーはまだだったんだ~。
王国巡り…って再読していたんですか?!
時間の無駄です(笑)
いえ、本当に嬉しいです。

隊長『ちー隊員はどこまでウロウロしているんだ?』
隊員A「見回りを強化しているらしいです」
隊員B「マメっすよね~ (只今パック中 (○。○))」
コメントありがとうございました。
Re: 早っ!Σ(*゚д゚*)ノ
コメントたつみきえ | URL | 2012-10-09-Tue 07:21 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> 早速 真室を昼食に誘うなんて!
> あつみ、行動力がハンパないね~♪(¬ー¬) フフ

思ったら即行動なんでしょうか。
その勢いの良さがこれまで裏目に出ていたんですかね。
まあ、今は恋心とは関係ありませんが。

> セミと一緒に 由良&萩生を観察ですか?(笑)
> イチャコラしている2人を見れば 猶更 独り身の寂しさを感じるのにね!((★・∀-)乂(・∀-★))ネ♪

萩尾の弱みでも握りたいんですかね。
突っつきたいんでしょう。
嫌味だらけで余計に自分が虚しくなるというのに。

> 「ちーさんって もしかして きえ(敬称略)ワールドのイケメンを全て撮るつもりなの~!?」
> 「イエッサー♪」
> 「…ツアーに行く前に 交通費と写真代で お金が…」
> 「ねぇねぇ このアングルの彼もいいですね~♪ あっ こっちの彼も~♪」
> 「隊長~~研修代を もっと頂戴~~!!」
> オカネェ、ガァ~(/T▽)/ ~”¥” ~”¥”~...byebye☆

きえワールドはすでに定員オーバーだから大変ですよ~。
時間、かかりますよ~。
さっさとツアーに行った方がいいですよ~。

隊員A「隊長~」
隊長『な、なんだ…』
隊員A「請求書が山のように…」
隊長『何っ?!』
隊員B「もしかして"ツケ"ですか?」
隊長『ちーっっっ(敬称略)!!ヽ(`Д´)ノ 呼び戻せ~~~っっっ!!!』
コメントありがとうございました。
大丈夫
コメントちー | URL | 2012-10-09-Tue 07:56 [編集]
リンリンリンリン♪

「はあい、ちーでーす」
『お前、研修費をどうしたんだ?』
「ありますよー?だって、青田買いツアーに行くんだもん」
『せ、せ、請求書がっ!』
「ちーじゃないですぅ!王国巡りだって、お金かかるの千種のとこ位だしさあ。保育園なんて一ヶ所で事足りるし!」
『じゃ、誰が・・・』


Re: 大丈夫
コメントたつみきえ | URL | 2012-10-09-Tue 12:15 [編集]
ちー様
こんにちは~。

> リンリンリンリン♪
>
> 「はあい、ちーでーす」
> 『お前、研修費をどうしたんだ?』
> 「ありますよー?だって、青田買いツアーに行くんだもん」
> 『せ、せ、請求書がっ!』
> 「ちーじゃないですぅ!王国巡りだって、お金かかるの千種のとこ位だしさあ。保育園なんて一ヶ所で事足りるし!」
> 『じゃ、誰が・・・』

千種のところはお金がかかるのか?!
そういえば地方に飛ばされた(自ら行った)んだっけ…。
そうねぇ。保育園にいけば勢揃いしているしね。
隊長、無事探しあてられるかしら。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.