FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
夏の終わり?
2012-09-18-Tue  CATEGORY: Present
「ねぇ、龍太ぁ…」
車を走らせる中、助手席で目をぱっちりと開いた雅臣がカーブを曲がる道に気を取られながら運転する龍太に問いかけた。
「はい。何でしょう」
「9月も半ばだっていうのに気温が『33度』とか、おかしくない?!」
「そうですね…。夏から秋がなくなって一気に冬ですかね…」
「そんな呑気に…」
「紅葉の季節が稼ぎ時だっていうのに、本当にマズイですよ、これは~っ」

本当に焦っているのかどうかの判断は、雅臣にはつきかねた。
いざとなれば、天候不順とか、お客様のパワーが…などといって笑いの種にしてしまうのだろう。
人気男であっても天気には逆らえないこと、愛想の良さでカバーしてしまうことを、社の誰もが知っている。
客も諦めの境地とは、場数を踏んだ経験者だからこそ、頷いてくれている。

一番忙しくなる観光シーズン前、雅臣と龍太は、束の間の休息時間…つまり、連休に入っていた。
もちろんそこは、龍太の腕のみせどころであって、この地では一番の高級旅館が手配され、長い移動の疲れを癒してくれる。
白濁の湯は一度沈んでしまえば周りから見えないから安堵感もあるのかもしれないが…。
外気が熱すぎるのか長く浸かっていられるものでもない。
世間一般人が好む『大浴場』は雅臣のお気に入りであったし、せっかく手配した露天風呂付き客室は後回しにされている。
一晩に何回温泉に浸かればいいのだ…と考え込まされたのは龍太のほうだったが、「ねぇねぇ、龍太。これ、湯の花?」などと無邪気に掬い取ってくる手のひらを見たら「えぇ…」としか答えようがない。
ぬるっとした白い物体を湯の中にかき交ぜ、また肌にも塗りつけている。
それを見たら黙っていられる龍太でもない。
「雅臣さん…背中…」
手の届かないところは自分が弄れる箇所。
さすがに他の客の手前、雅臣は狼狽し、咄嗟にその手を叩いていたが…。
密着した体まで、他の入浴客は気付かないだろう。

「のぼせちゃった?」
わざとらしく呟かれる声に頷くしかなくなる。
それが一番自然で、ここから抜け出せる状況だったから…。

翌日訪れた観光名所に、秋の訪れは見当たらなかった。
風が心地良い…それくらいだろうか。
本当に地球は何かが狂ってしまったのだろうかと思えるほど、夏のままの名残りを纏っている。




それでも狂わないもの…。
神秘的な火口湖には、長年変わらないと伝えられるものがあるようだった。
今の自分たちが、今後も同じ姿でいられると言われるかのように…。

夏が過ぎ、秋がなく、冬が訪れてしまったとしても、そこに存在する意味だけは変わらないのだろう。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

蔵王、行ってきました。そのご報告がてら…。

待たせている由良と誰かさんはそのうち…(だって今日お家のこと終わって…っ、アイロンがけがまだっ汗汗っ…。いーよっ、もう書かないからっっ(やつあたり))


関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
わーい
コメントちー | URL | 2012-09-17-Mon 19:05 [編集]
来た!旅行会社カップル。
あーん、好き好き~。
雅臣さん、好きだよー。ツンデレでお酒飲みなとことか。かわいい♪

御釜に行ったんですね?彼等も。
きえさん引率したのかなあ?
混浴で雅臣、龍太のイチャイチャを見てたりして。

由良は、もすこしモヤモヤして。
由利がすんなりいったから(笑)
Re: わーい
コメントたつみきえ | URL | 2012-09-17-Mon 21:05 [編集]
ちー様
こんばんわ~。

> 来た!旅行会社カップル。
> あーん、好き好き~。
> 雅臣さん、好きだよー。ツンデレでお酒飲みなとことか。かわいい♪

酒呑みなとこ…。
雅臣の性格…というか、行動というか、半分、私を切りぬいたようなところがあります。
なので親しみ感が…。
でも"好き好き"言ってもらえて本当に嬉しいです。
(私はかわいくありませんが…)

> 御釜に行ったんですね?彼等も。
> きえさん引率したのかなあ?
> 混浴で雅臣、龍太のイチャイチャを見てたりして。

もぅねぇ…。
キャラが分かれましたね。
旅行は雅臣と龍太で、美味しいものはレストランチームが…。
私は引率されているほうでしょう。
そして影から混浴風呂を眺め…(←自分、入れる自信がないので)
私が引率するのは"混浴見学したい人集まれツアー♪"です。
えぇ、もちろん混浴ですから、誰が入られてもいいですよ~。

きえ「みこっちゃーん、観光バス~ぅ」
美琴「また私ですか…(愕然)」
きえ「だって添乗員、下見に行っちゃったんだもん」
美琴「おおよそ、何名様くらいでしょうか…(読者は荷物庫に押し込んでおけと思った)」
瑛佑「そんな細かいことやってなくてもさ。"現地集合"でいいじゃん」

部隊A「隊長~っっっ。我々も社員旅行がしたいですっ」
隊長『しゃ、社員旅行かぁ…。温泉でまったり…いいなぁ しかも混浴(*μ_μ)σ| モジモジホジホジ・・・』
部隊みんな「『ホジホジ』?!」

> 由良は、もすこしモヤモヤして。
> 由利がすんなりいったから(笑)

由良の行方はどうなるんでしょうかね。
一応、大雑把なプロットはあったはずなのに、いつの間にか頭の中から消えておりました。
今後の展開、どうしましょう。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.