FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
陽いづる国 6
2012-09-07-Fri  CATEGORY: 陽いづる国
R18 若干性描写があります。閲覧にはご注意ください。



大学の近くに紳平の住むマンションはあった。
二人とも実家を離れていて、美琴もここには何度か足を運んだことがある。
ただその時は雑談をしたり、勉強の相談をしたり…と真面目な付き合いで、疾しい感情は一切なかった。
美琴自身が持とうとしなかった…というほうが正しいのか。
それを分かって、紳平もそんな雰囲気は美琴に見せなかったのだろう。
何かのきっかけ…。
待っていたのは紳平だったのか、美琴だったのか…。

美琴には解放された感じが強かった。
押さえつけることのない感情。受け止めてくれる人がいる環境。
心の中で燻っていた全てが、紳平の愛情を感じて、赦されたような気持ちになっていた。
2DKの部屋は、今現在美琴が住んでいる部屋の広さと何ら変わらない。
わずか一間という空間で暮らす人間がいることを思えば、自分たちがどれほど恵まれた状況にあるのかと知らされるものでもあったが、それすらも、美琴と紳平が”平等”と並ばせてくれるようだった。
育ってきた環境…。何も”特別”ではないと安堵させてくれる。

転がり込むように落ちたシーツの上で、着ていた衣類を剥ぎ取られた。
興奮に震える分身を見られるようで体を捩ろうとしても、同じく全てを脱ぎ捨てた紳平の体が被さってくる。
「Mikoto…」
囁かれる声音が気持ち良かった。
頼っていける、縋っていける、甘えられる…。全ての要素を備えている。
初めてのことに対する脅えも存在するのに、今の美琴には、解き放たれた精神の方が勝ったのだろうか…。
耳朶に濡れた舌の音が響く。
抓まれる胸の尖りに、痛みが与えられ、それはやがて快感に変わった。
ジンと痺れるような感覚を残して、触れられる全てが下肢に直結していく。
「Ah…」
厭らしさを込めたわけではないのに、自然と漏れる喘ぎ声に腕が当てられ、どうにか堪えようとした。
その姿に紳平の逞しい手のひらが引き剥がそうと動く。
「Tell your voice.(声を聞かせて)」
声の一つ一つが体に染み込んでくる。
人の声、肌の温もり、知らなかったものが一気に美琴の中に流れ込んだ。
シーツに擦られる背中、拡げられる脚が羞恥を生むのに、不思議と安堵のほうが大きい。

勢いで動いているのかもしれないが、放たれた美琴は信じる気持ちしかなかった。
全てを委ねる、信じられる気持ち。

厭らしい存在に貶められそうなのに、何もかもを包んで受け止めて、美琴の本音を引き出してくれる。
奔放になれる空間が、何よりも心地良かった。
分かっている人だからこそ…。
紳平がずっと待っていたことも分かってより美琴も無防備な姿を晒すことができるのだろうか…。

「ミコト…」
嫌いな名前でも好きな人に呼ばれれば全く違うものに変わる。
思えば名前で呼ばせた人に日本人はいなかった。
何故紳平に許したのかは…、彼の育ちだろう。
何も隠しはしない、正直な感情の表現。
堂々とした態度は、同じく海外で育ってきた潔さのようなものがある。
その部分にも惚れていたのだろうと、美琴は改めて気付くことになった。
紳平にすれば、そのちょっとした違いですら、気付いていて、脈ありを分かっていたことになるのだろうが。

脚の付け根に潜り込んだ紳平の舌先が優しく濡れ痕を残していく。
ビクビクと震える分身が紳平の目の前に晒され、どれだけの欲求があるのかと表現してしまった。
ずっと憧れたもの…。期待したもの…。
愛されるという心地良さ…。
「はぁ…っ」
窄まった秘部に唾液と指が絡みつく。
潜り込んでくる指を感じては息が詰まった。
「ん…っ…っ」
「……loves……」
苦しくても包まれる体温に癒される。

伸びあがってきた唇が、耳元に寄せられ、響いた声と共に潜り込んでくる怒張があった。
苦しさに呼吸が止まるけれど、押さえられない欲求が自分の中に湧くのも感じた。
たぶん、これこそが、長年求めたものなのだろう。
我を失う…、奔放に過ごせる空間。
それを紳平は引き出してくれた。
「美琴…」
聞こえてくる声音がとにかく気持ち良くて…。
喘ぐ自分の声が、あまりにも自然のもので…。
「しんぺ…」
見上げた先にあった瞳が優しく包んでくる。
“何の心配もない”…と。
その瞳に甘えた。
「Yes…」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

全然書けなかった…(T_T)


関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2020/01 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.