FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
原色の誘惑 1
2012-08-13-Mon  CATEGORY: 原色の誘惑
本荘由利(ほんじょう ゆり)は会社帰り、同僚たちと飲みに来ていた。とはいえ、部署が同じく、気の知れた同僚計七人の男所帯。
場所も、会社の人間が良く使う、近くの居酒屋だったが、後を継いだ若大将が小洒落た和風の店に改装したので、酒を飲まない女子会などでも人気がある。
全て小あがりの席は、掘り炬燵式のテーブル席と足を伸ばせる和室であり、襖を取ってしまえば大人数の宴会も可能だった。
つまり、人数によっていかようにでも個室を作ってくれるので便利と言えば便利。
昔から馴染みにしていた年齢層の高い上役たちは、雰囲気に「行きづらくなったなぁ」なんてぼやいていたけれど、会社の名前一つで店を貸切にまでしてくれるなど、対応は変わらない。
そんな時は引退した(?)はずの先代も顔を出してくる。
というか、昔馴染みの客が赴けば、必ず顔を出してくる先代だったので、本当に引退しているのかは謎だ。
一番の御贔屓様なのだから、サービスも当然のように良くて、他の店に行ってはがっかりさせられることを、由利は覚えてしまった。

入社三年目、25歳の由利は、先輩方に勧められるまま、いや、先輩たちのペースに引きずられて飲んでいた感があって、少し飲みすぎたかな…と、トイレへと席を立った。
酒に弱いわけではないと思うが、学生の頃、まだ飲み方も分からなく、どんな飲み方をしたのだか、記憶がないことが何度かあった。
若気の至り…と言ってしまえばそれまでだが、社会人にまでなって、そんな恥さらしはできないと自制心が働く。
よく道端で転んでいたり、人に絡んでいる人を見かけるが、あれほどみっともない大人もないだろう。
歩きだして、やっぱりふらふらすることを感じ、今日のこれ以上の酒はやめておこうと思った。

トイレは店の一番奥にあり、手前が男子トイレ、奥が女子トイレとなっている。
由利が慣れたようにドアを開けると、ちょうど出ようとしていたのか、上着を脱ぎ、ネクタイも外され、ワイシャツだけになった背の高い男と鉢合わせした。
「おっ、と」
由利が俯いていたこともあって、男の声が上から降ってくる。
…あ、出さなきゃ…と咄嗟に由利の体が脇に避けた。
だけどやっぱりおぼつかない脚は動きが鈍っている。
待たせていることもあって、すぐに出ていくだろうと踏んだのに、男は動かなかった。
「ねぇ、君。こっち、男子トイレだよ」
由利は一瞬、言われた意味が分からなくて顔を上げて、目の前に立つ男に視線を送る。
確かに170センチに満たない身長は高いとは言えないし、忙しさにかまけて散髪にも行っていなかった黒髪は睫毛に被さってくるし、襟足まで伸びている。
一部には以前染めた焦げ茶色の髪が残っている始末だ。
くっきりとした目鼻立ち、色白の肌の上にある黒目と少し紅すぎるのではないかと思える唇が妙に目立つようで、由利は自分の顔をあまり気に入っていなかった。
私服を着れば、今でも学生扱いだ。
でもだからって…、由利も上着は脱いでいたけれど、ネクタイはまだ締めたままで、服装からしたって女性に間違えられるのは不本意だ。
一気に機嫌が急降下した。
「僕、男ですけど…っ」
マジマジと見てくるその視線も不愉快で、脇をすり抜ける。
用を足したかった生理現象もあった。
トイレの中は暖色系の灯りがふんわりと包んでくれる、こちらもお洒落な場所。
ブラウンの荷物代のある手洗い台は二つ並んで花が生けてあった。その奥にやはり二つの小便器と後ろに二つの個室。
由利はすぐに三つ揃っているうちのスリッパの一つに足を突っ込んだ。
いつものように向かった先、スラックスのファスナーを降ろして中身を取り出す。
その時、何故か背後からの視線を感じて、放出したいものも止めて振り返ったら、先程の男が由利の下半身を堂々と覗きこんでいた。
「ちょっ…っ、あっ…、なーっっっ」
宴会席からも離れて、店の中で一番静かな場所のはずなのに、由利の絶叫が響き渡る。
男同士、隣に並んじゃった時に、チラ見するくらいのことは常識だが、こうまであからさまな態度は、悪戯心を持っていた時代に置いてきた。
明らかに、…明らかに年上のはずだ。たぶん三十歳前後。縦長の顔つきに切れ長の目。地毛なのか染めているのか、由利の黒髪よりも茶色く、大雑把に後ろに向けて撫でつけている印象があるのは、仕事が終わったからなのか…。
親指と人差し指で顎をつまんだ男は、珍しいものを見て驚いた時の反応のように感心していた。
「いやぁ、本当に付いているんだぁ。本当に男?」
それでもまだ納得できないと言いたげに確認を求めてくる。
人の大事な部分をこれだけ他人に晒したことのない由利は、一気に顔が火照ってくる。
それが羞恥だったのか怒りだったのか、酔いのまわっていた由利には判別がつかなかった。
「うるさいっ!出ていけっ!見せ物じゃないんだよーっ!!」
さすがに人前で放尿できる図々しさも、開き直りもなく、また恥知らずでもない。
それなのに、この男は…っ!!クスリと笑ったかと思うと、「君、可愛過ぎ」と由利の尻を一撫でしてから、ようやく外に出ていった。
「くそーっっっ!!!」
何が起きたのか分からなかった由利が声を出せたのは、男の姿が完全に見えなくなった後のことだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

暇を見つけて書いていきますm(__)m

関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2012-08-13-Mon 15:07 [編集]
すっごい出会い方!(εωε;)うひゃっ!
よくテレビで 男性は、トイレで 隣の人の”ブツ”をチラ見するらしいのですが、ガン見とはねぇ~

外見だけじゃなく 名前も「由利」では 
今までも 女性に見間違われて 嫌な思いをしてきたんだろうなぁ~

ちょっと鼻持ちならない年上のセクハラ男
また 意外な場所で会ったりして~~♪
|WC|♯T0T)ノ゛ ミルナァー!...byebye☆
おや♪
コメントちー | URL | 2012-08-13-Mon 15:42 [編集]
またしても、某様に投票しにきたら新しいお話だあ。
得した気分です。

それにしても、人の何とかをじっくり見るなんてね。
まあ、女の子も似たような事はこっそりしますけど。
え?私だけ?

うふ。楽しみだなあ。
あ、年齢が保育園に入れないね。
(昨日、いろいろ読み返してた人)

きえさん、大変なんですよね?
でも、嬉しい新連載です!

さ、投票しなくちゃー。
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-13-Mon 20:06 [編集]
けいったん様
こんばんは。

> すっごい出会い方!(εωε;)うひゃっ!
> よくテレビで 男性は、トイレで 隣の人の”ブツ”をチラ見するらしいのですが、ガン見とはねぇ~

隣に並んで、視線だけで(¬д¬。) チラッ ならともかく~。
背の高いお兄さんは背後から覗きこんでいたようですよ~。
(o._.)o ドレドレ・・・

> 外見だけじゃなく 名前も「由利」では 
> 今までも 女性に見間違われて 嫌な思いをしてきたんだろうなぁ~

いろいろあったんでしょうね。
社会人になってからは少しは落ち着いていたと思っていただけに、この反応には怒りが…。

> ちょっと鼻持ちならない年上のセクハラ男
> また 意外な場所で会ったりして~~♪
> |WC|♯T0T)ノ゛ ミルナァー!...byebye☆

いきなり出会ったこの男。再登場はあるんですかね。
(え、別に由利の紹介を書くために…ってわけではないかと…)
コメントありがとうございました。
Re: おや♪
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-13-Mon 20:15 [編集]
ちー様
こんばんは。

> またしても、某様に投票しにきたら新しいお話だあ。
> 得した気分です。

あら、投票しに来て見つけちゃったのね~。
良かったですね~(←)

> それにしても、人の何とかをじっくり見るなんてね。
> まあ、女の子も似たような事はこっそりしますけど。
> え?私だけ?

え~どこを~?!
お風呂ではお○ぱいとお○りかな…私。(コラ)

> うふ。楽しみだなあ。
> あ、年齢が保育園に入れないね。
> (昨日、いろいろ読み返してた人)
>
> きえさん、大変なんですよね?
> でも、嬉しい新連載です!
>
> さ、投票しなくちゃー。

お盆で粗大ごみの集荷がなくなっちゃって、その辺に転がっているのが問題なのと、
実家に行けば、「じゃあこれで」ってすぐに帰ってくるわけにも行かず…。
なので新連載もつまずくと思います。
なるべく暇を見つけて書きますので…。(そして後で訂正が入っていたりしてね…)
一話目も一人の紹介で終わっちゃったという始末でした(^^ゞ
コメントありがとうございました。
No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-13-Mon 20:18 [編集]
拍手コメs様
こんばんは。

>新連載とっても楽しみです(^_^)v 新たな楽しみが出来て暑い夏を乗り切れそう(^_^;)

いつも拙い話を読んでくださってありがとうございます。
夏が…夏が終わってしまいますよね~。
早く終わってほしくもある夏ですが。
お体に気を付けてお過ごしくださいね。
コメントありがとうございました。
No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-14-Tue 05:31 [編集]
拍手コメk様
おはようございます。

>うわっ!おっもしれー!!一気読み。由利君、ばっちり見られちゃいました。失礼だよねー。でも男同士なら在りかい?(爆。さあ、どんな展開が?楽しみです。(笑

おもしろいですか~?
男同士、どこまでアリなんですかね。
ま、今回由利はしっかりからかわられたってことで…。
酔った勢いも混じってるかも?!
次も頑張って書いていこうと思います。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.