FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
淋しい夜に泣く声 36
2009-09-29-Tue  CATEGORY: 淋しい夜
「あ、…だめ…」
まだ熱の冷めきっていない身体に触れられるから、余計に榛名の指先をひんやりと感じて心地よく思うのだろうか。
それともただ卑しいだけの身体なのか…。
自分の背後にある、剥き出しの榛名の肌に直接触れていることが、更に英人の官能を煽った。

こんな時間から何を考えているんだと非難されそうで、英人は自分で着替えると榛名の手を止めた。
「ご、ごめんなさい…。あとは自分でできるから…。仕事行くんじゃないの?」
シャワーを浴び、着替えかけていたらしい姿を目にすれば、これ以上自分のために時間を掛けさせたくもなく、榛名の胸元に手を置き突っぱねてみる。
榛名は手を止めたものの、不機嫌そうに英人を見下ろした。
「仕事?おまえは俺にどれだけ働かせたいんだ?」
上から見下ろされ、英人は初めて時間を確認しようとパネルを振り返った。
電子時計は最初の二文字を『17』と刻んでいて、それは今の時間が朝でないことを表していた。

てっきり一晩だけ寝ていたと思っていた英人にはかなり意外な数字だった。
ということは、先程榛名が『おととい』と言ったのはいつのことになるのか…。
まだ寝ぼけた頭では咄嗟に判断ができず、どういうこと?と榛名を見上げた。

「二日間眠りっぱなしだったんだ。途中で一度起きたようだったが反応が無かった。一昨日、帰り際におまえが素直に『淋しい』と言わないから放っておいたらこんな状態だ。どこまで心配をかければ気が済むんだ」
榛名は心配しているようでもあり、呆れているようでもあり、怒っているようでもあった。

英人は最後に会った榛名の姿を思い浮かべた。
ホテルに着いたと起してくれれば良かったのに、抱きかかえられて運ばれた。
部屋のドアの前で廊下に佇み、悲しみに打ちひしがれながら俯く自分に、『どうした?』と声を掛けられて、その真意を分かっていたのに拒絶した。
これ以上榛名に負担をかけたくもなく、自分がどんどんと惨めで卑しい身分に成り下がるのが嫌だったから、我慢した。
榛名に教えてもらった人生は、身体を売ることではなかった。
だけど榛名だけにはいつでも抱かれたくて、何よりも愛されたくて…。叶わないとは思っていても身体だけの繋がりでも存在してほしかった。
たった一夜、離れるだけのことなのに、不安と恐怖と絶望に苛まれた。全ては神戸の一言に始まっていた。
淋しくて悲しくて苦しい夜だったのを思い出す。
榛名は自分を『道具』としか思っていなくて、恋心をいだくことが全ての間違いなのだと分かっていても止められない感情があった…。

今だってそうだ。プロジェクトに関する人間に落ち度があったら困るから、榛名は気遣ってくれている。

フワリと逞しい体に引き寄せられ、英人は驚愕した。
「俺をこれほど心配させたのはおまえが初めてだ」

まるで告白のようにも聞こえる言葉をさらりと口にして、榛名は英人の呼吸が出来なくなるくらい強く抱きしめた。

…だめだ…、縋ってはいけない…、飲み込まれてはいけない…、愛を向けてはいけない……。
だって自分は金で買われて、榛名の好きに扱われて、飽きられたら捨てられる身分なのだ…。

何度も何度も自分に言い聞かせるのに、溺れていく気持ちは抑えようがなく、榛名の背に手を回した。
もう限界だった…。
「すき…」

榛名の驚くような顔を見た時、自分がどれほどの失態を犯したのかと思った。

榛名は何も答えなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
どうかポチッとしていってくださいナ…m(__)m
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-09-29-Tue 16:57 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ちょっともったいないです
コメントきえ | URL | 2009-09-29-Tue 17:11 [編集]
Y様

> こんにちは。初めてコメントします。
ありがとうございますっ!!

> ちょびっと切なくなりながら、読んでます。
> 英人、かわいいし。
か、…可愛いですか…ん???
ありがたきお言葉っ!!
> で、更新早いのすごくうれしいのですが、
> ポチって24時間に一度しか有効じゃないので、
> なんだかもったいない気がしてます。
> (パチは、忘れずするようにしているけど、たまに忘れる)
そうなんですかッ?!
すみません、本当に機械音痴で…
ただ記事を上げればいいのだと思っていました…。

今後は考えていきたいと思います。
以前昼の12時upってしてたから、そうしようかしら…。

> 更新無くても明日、読み直してまたポチしますね。
>
> 連載、頑張ってくださいませ。

膝をついてお礼いたしますっ!!
お越しいただきありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-09-29-Tue 22:45 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 補足です
コメントきえ | URL | 2009-09-30-Wed 10:28 [編集]
> きえさま
>
> コメントのレス、ありがとうございます。
こちらこそ、またいただきありがとうございます。

> せっかく、「読んでるよー」「楽しみにしてるよー」って方が
> いらしてもポチが入らないと、きえさまに伝わらない分が
> あるのではないかな・・・と思いまして。
ご親切に教えていただき、本当に感謝いたします。
ポチ回数とか全然気にしていないほうでした。
拍手くらいかな…。
ランキングを見るのが正直怖かったくらいです。(←そっちはどうでもよかったのです)

> 私も、読む側で仕組みなどぜんぜん理解できてないのですが・・・
> 確か、1日1回しかポチは入らないはずで・・・(←だんだん自信なくなってきた)
どうやらそのようですね。1日1回だけのようです。
私もあまり気にしていなかったので、きままに記事を上げていました。

> いずれにしても楽しみにしています。
ありがとうございます。
楽しみにしてくれている方がいるというだけで私は嬉しいです♪

ぜひまた遊びにいらしてください。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.