FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待たされ続けているよ
2012-08-07-Tue  CATEGORY: 待っているよ
もういい加減にしろ…と飯塚福智は台所脇に立ち、内心で盛大な溜め息をつく。
たった一泊。
せっかくの夏休みなのだから、とどこかに行こうと誘ったのは福智だったが。
二男穂波は『勉強があるから』とさっさと断られ、三男嘉穂は『香春んちで自由研究しなくちゃ』とやっぱり理由をつけてきた。
香春の母親が育てている緑のカーテン、こと、『ゴーヤの成長』は一日二日で変わるのだろうか…。
そして、じゃあふたりでっ!!と気合を入れた日の朝から数時間、『ひもじい思いはしないように』と、長男筑穂は、これでもかと料理を仕込んでいた。
「ちくほ~。そろそろ出ないと、ホテルの夕食に間に合わなくなっちゃうよ~」
「待って。これだけ煮込んじゃうから。あ、あと酢の物も作っていってあげないと…。あ、そうだ麦茶の冷水筒、もう一本用意しないと…。あ、氷も新しいの作らなくちゃ」
過剰すぎる気の使い方だった。
水の中に麦茶のパックを入れるとか、製氷機に水を張るくらい、嘉穂だってできるだろう…。
弟ふたりを残していくのがどれだけ心配なんだか…。

でも過去、旅行に出かけた両親がそのまま帰らぬ人になったことを思うと、福智も強くは出られなかった。
家族と離れる…、その行為が不安のもとになること…。
筑穂なりに、いつもの日常を残したいのだろう。

「兄貴、いいよ、行って。福智さん、待ってんじゃん」
穂波がたまりかねたように場所を求める。
即座に福智は笑みを浮かべた。
「おー、さすが弟よ」
「でもご飯…」
「兄貴さぁ、どんな旅行だよ。観光の一つもさせてやれないって…」
ここまで言われてはどちらが年上なのかも分からない。
全体を見渡す眼力は、真ん中の子ならではなのか…。
歳の離れた兄のことも、弟のこともきちんと気遣って見てくれている落ち着きがある。
筑穂が育てた部分もあるのだろうが、福智でも感心できるものを持っていた。
「穂波、あとね、お米、といであるから、時間になったらスイッチポンして。それと麦茶のパック、予備はここに…」
「大丈夫だって。一日や二日ですぐに食いものがなくなる世の中じゃないんだから」
宥めるように穂波の手が、忙しく動く筑穂の体を止めた。
バスケットで鍛えた長身が、さりげなく抱きしめるような仕草で包んでいる。
「ちゃんと帰って来てよ…」
小さく囁かれた穂波の声は、福智には想像ができない重さを含んでいた。
だけど出さないわけにはいかない。
いつかどこかで、先に進まなければならないことを、穂波のほうが強く感じているのだろう。

筑穂の背中を押し、福智に向き合った穂波は「福智さん、宜しくね」と見送る体勢をとる。
それぞれがそれぞれの道を歩み始めていく。
一番最初を、兄が見せてやるべきなのだろうか…。

旅行とはいっても、電車で片道2時間の場所。
やっぱりまだ、すごく遠く…と離れることは筑穂の中で不安があるのだろう。
それでも二人だけで出掛けられることは嬉しさを運んでくる。
海沿いに建つ大型リゾートホテルは、多くの観光客でにぎわっていた。
もっと早くに来られれば、海で泳いだり、屋外のプールも利用できたかもしれないけれど…。
趣の凝らされたたくさんある温泉にじゃぶじゃぶと浸かるのが精一杯の時間。
バイキング形式の夕食会場も、熱気に包まれている。
テーブルにつき、ビールを注文して、珍しい料理を堪能していれば、やっぱりポツリと呟かれたのは、「あ、これ、嘉穂が好きそうな味」なんて筑穂の言葉。
どこまでも家族を思ってくれる兄心はいいんだけれどさ…。
さすがにがっくりと気落ちしそうになる。
「あのさぁぁ。今ここにいるの、誰だよ…」
「あ、これ、福智、美味しいよ」
どこか誤魔化すように、差し出された箸が福智の口元に寄せられ、パクリとその先のものを食べ…。
たったこれだけの仕草で一気に気持ちが舞い上がっていってしまうのだから、現金なものである。
逆に福智が「あーん」って促して、恥ずかしそうにしながらも、ちゃんと食べてくれた。
そんなささやかなことが、こんなに嬉しいなんて…。

たぶん、この旅行も、口にはしなかったけれど、穂波も嘉穂も口実をつけて見送ってくれたのだろう。
常に家族のことを考える筑穂のことを、兄弟は一番良く知っている。

もう少ししたら、もっといい旅館とか、連れていくから…。
そう、客室に温泉がついているようなところ…。
ささやかな夢が胸に湧く。
そしてちゃんと、家に帰れるように気を使うから…。
初めての夏の旅行は、呆れと驚きと嬉しさに見舞われていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

えち? ないよ、そんなものは…。

関連記事
トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2012-08-07-Tue 16:38 [編集]
今まで 穂波や嘉穂の為だけに 時間を費やして来た人だから‥
弟の穂波そしては、兄の筑穂に やっと恋人と呼べる福智からの旅行へのお誘いなんだから 気兼ねも気遣いも無く行って欲しいよね!

でも 両親の事で 不安が過ぎるのは仕方がないこと。

過去の悲しみは忘れれる事は出来ないけれど・・・
筑穂も 穂波も 嘉穂も 大切な人と共に過ごして行けば、
幸せが優しく覆ってくれるのではないでしょうか。

『兄弟みんなが、幸せになって良かったなぁ~(嬉泣)』
「「「隊長~~~!!!(嬉号泣)」」」

|柱|iωi )b ウルウル‥良い話しだねぇ~
さっ、掃除しようっと! パタパタ ノノ)\"c(・ω・`*)ぉ掃除♪...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-07-Tue 17:45 [編集]
けいったんさま
こんにちは。
あれ、なんだろう…、コメントが載っていない…。
(まぁ、そのうちにupされるか…)

> 今まで 穂波や嘉穂の為だけに 時間を費やして来た人だから‥
> 弟の穂波そしては、兄の筑穂に やっと恋人と呼べる福智からの旅行へのお誘いなんだから 気兼ねも気遣いも無く行って欲しいよね!
>
> でも 両親の事で 不安が過ぎるのは仕方がないこと。
>
> 過去の悲しみは忘れれる事は出来ないけれど・・・
> 筑穂も 穂波も 嘉穂も 大切な人と共に過ごして行けば、
> 幸せが優しく覆ってくれるのではないでしょうか。

旅行っていうものに、苦い思い出がある筑穂なんですよね…。
両親のことがあるから、心底楽しむ…っていう気持ちの切り替えまではできないでいるのかも。
でも守ってくれる福智もいるしね。
そういうものも徐々に薄れていってくれたらいいです。
穂波も嘉穂も、兄離れしはじめているよね。

> 『兄弟みんなが、幸せになって良かったなぁ~(嬉泣)』
> 「「「隊長~~~!!!(嬉号泣)」」」
>
> |柱|iωi )b ウルウル‥良い話しだねぇ~
> さっ、掃除しようっと! パタパタ ノノ)\"c(・ω・`*)ぉ掃除♪...byebye☆

隊長~~~っ。復活してくれたよ~っ(嬉し涙)
掃除腐さん、筑穂がいない間、お掃除よろしくね。
すぐ帰ってくると思うけど…。
あ、熱中症には気を付けてね。
ルンバ、貸しておくから~♪
コメントありがとうございました。
あぁ~コメが消えたぁ~σ(TεT;)
コメントけいったん | URL | 2012-08-07-Tue 17:47 [編集]
穂波と嘉穂の為に頑張って来た筑穂
大切な人が出来た今は 自分の事を一番に考えたらいいのにね!

過去の両親の突然の別れが、兄弟たちには忘れられない悲しい出来事として 根強く刻まれているのでしょう

でもね、亡くなったご両親も
筑穂、穂波、嘉穂が、大切な人と幸せに暮らして欲しいと、願っているはず。
笑顔いっぱいの兄弟を見たら 喜んでいると思うよ!


『兄弟みんなが、幸せになって良かったなぁ~(嬉泣)』
「「「そうっすね!隊長~~!!!(嬉号泣)」」」

|柱|iωi )b 泣かせる話しだわぁ~ヒクッヒクッ
さっ!掃除しようっと♪パタパタ ノノ)\"c(・ω・`*)...byebye☆



 
にゃぁーっ!
コメントちー | URL | 2012-08-07-Tue 19:23 [編集]
兄ちゃん、フクちゃん来た。来たね~。
実は、兄ちゃんはこっちのつもりでした(笑)
けいったんさん、当り~。
あ、でも、ひなちゃんも大好きだから嬉しかったんですよ♪

しかし、兄ちゃん。
私がツレなら怒るね。せっかくの旅行なのにって拗ねまくるね。いくら、兄ちゃんが可愛くてもねっ。
まあ、旅行前にご飯作っちゃう兄ちゃんだから良いんだけどさ。フクちゃん、君は偉いよ。うん。

兄ちゃん、フクちゃんの夜のお遊びはしっかり見張ってますから。
ノゾキじゃないよ?し、仕事だから。

Re: にゃぁーっ!
コメントたつみきえ | URL | 2012-08-07-Tue 20:58 [編集]
ちー様
こんぱんは。

> 兄ちゃん、フクちゃん来た。来たね~。
> 実は、兄ちゃんはこっちのつもりでした(笑)
> けいったんさん、当り~。
> あ、でも、ひなちゃんも大好きだから嬉しかったんですよ♪


やっぱりここだったのかぁ。
もう『お兄ちゃん』増えすぎで分かんなくなっちゃったよ…。
でも書けたからいいって、思ってね。
ひなも喜んでくれたようだし…。

> しかし、兄ちゃん。
> 私がツレなら怒るね。せっかくの旅行なのにって拗ねまくるね。いくら、兄ちゃんが可愛くてもねっ。
> まあ、旅行前にご飯作っちゃう兄ちゃんだから良いんだけどさ。フクちゃん、君は偉いよ。うん。
>
> 兄ちゃん、フクちゃんの夜のお遊びはしっかり見張ってますから。
> ノゾキじゃないよ?し、仕事だから。

おこんないでよ~。
兄ちゃんも必死なんだよ~。
そりゃ、旅行の前にこんなにアレコレしちゃうお兄ちゃんには、言いたいこともいっぱいあるだろうけれどさ。
フクちゃん、本当にエライと思いますよ。
い―っぱい分かりきって、筑穂の全てを受け止めているんだよね。
悟っている弟たちもエライよ。

ちー様、覗いていないのね。あ、そこは偵察ね。
「夜のお遊び」って…。
兄のいない間に弟は何をしているのかなぁ。
(保護者がいなきゃ好きに過ごすよネェ)

コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.