FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待たせるけれど 11
2012-07-11-Wed  CATEGORY: 待たせるけれど
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


前立腺というものがあるのだと教えてくれた。
それが先程浮羽が”イイ”と言った場所なのだと。
ただ、その刺激は強烈らしい。それを穂波は徹底的に攻め続けてしまった…というわけだ。
ガクッと全身から力が抜けた理由もなんとなく理解できた。
「ホント…、浮羽さんのこと、気遣えなかった…。ごめんね…」
両腕を回し直して抱きしめると、ふふふと笑みで包み返してくれる。
それから、「いいよ…」と一言添えられる。
「?」
一瞬なんのことかと首を傾げてしまえば、「もう一回…」と照れくさそうに誘ってくれた。
その表情だけで、またドクンと力をつけた穂波だ。
包まれる優しさを感じては、精神状態まで安らかになっていく。
「浮羽さん…。…このままでもいい?今度はちゃんと顔見ていたいから…」
さっきは動物が交尾をするような体勢だった。そうではなく、お互いの表情を見ながら、抱き合って極めたい願望が穂波の中に浮かんでくる。
浮羽に言われるがまま進んだ”初めて”ではなく、自分と浮羽の意思が絡み合った”初めて”…。
「う、…ん…」
少しの戸惑いはあったようだが、やはり穂波の意見を尊重してくれる。
痴態も醜態も晒せるからこそ、得られる信頼もある。

穂波はまだ柔らかい、自分の精液が残った後孔を指先で確かめた。
少しだけ潜り込ませ、引き抜けば同時にドロっとしたものが続いて流れ出てくる。
「あ…っ」
恥ずかしいのだろうに…。穂波のことを思うのか、浮羽はじっとしてくれていた。
穂波が両膝裏に腕を回し抱え上げる。あまりにも細い脚だと思った。
そしていきり立った怒張を当てはめ、慎重にゆっくりと押し進めた。
ほんの僅か前、感じたばかりの快感が、性器を包み、内肉が絡みついてくる。
一気に進めたい気持ちをなんとか堪えながら、根元まで到達した。
たぶん、一度吐き出したことも、穂波に余裕を与えていたのかもしれない。
きゅっきゅっと内壁が締めつけてくるたびに、心地良さを味わう。この締め付け感は絶妙で、ずっとここに居たいとすら思わせてくれる。
だからこそ、あんなふうに慌てて自分の快感ばかりを追い求めるのは間違いだったのだと気付かせてくれるものにもなった。
セックスとは、ふたりして感じて楽しむもの…。

今度はゆっくりと抽挿をして、時折教えられた場所を故意的に突き、そのたびに浮羽がこの世から飛んでいきそうなうっとりとした表情を見せてくれる。
ぐっと膝を折り込んで、その顔にくちづけた。
もっと深い場所に入り込んだのが感覚的に分かる。
唾液の絡み合う水音と、下半身から濡れたぐちゅっという音が、聴覚まで犯してきた。
吐精したい気持ちがどんどんとせり上がってきて、穂波はどこまで耐えられるかと自分との戦いになってきた。
それが浮羽にも伝わるのだろうか…。

「ホナ…」
浮羽の両足が穂波の腰に絡みついて、先を促してくる。
「いい?」
「…良過ぎ…。俺の方が我慢できない…」
より密着した腹筋に浮羽の性器が当たり、まるで自ら擦りつけるように腰が揺らめいた。
徐に手を伸ばし握り込んでやると、「あ…っ、ダメ…、…俺だけが、イっちゃう…」と焦るような声を漏らす。
しとどに濡れた雄芯から新たな体液がこぼれ出し、穂波の掌をまた濡らした。
ズクっと腰にくる刺激に、穂波も腰の動きを大きくする。
「俺も…。また我慢できないかも…」
「あっ、あっ、…んっ、いぃ…っ」
誘われるまま、穂波は抜き差しを激しくした。
真下に見える喉を大きく晒した浮羽に、止められていたのも忘れて吸いついた。
両手両足をお互い絡めるような、相手を感じる至極素晴らしい行為。

「あっ、イ…くっ」
「浮羽さんっ」
ぎゅっと締まる孔に、抵抗なんてできなかった。
自分に当たる浮羽の精液も、注ぎこむ自分の体液も…。
吐き出してもまだ数度のゆっくりとした動きで、最後まで絞りだそうとしてしまう。
同じように浮羽の性器も扱いて全てを出させてやった。
脱力した体は穂波の好きにさせているといった感じだ。
「ホナ…」
声を上げてくれたところだけが、先程とは違っている…。
恍惚とした表情に、抱きつかずにはいられない。
この人の全てを、なにもかもを…。今はまだ頼りないただのガキかもしれないけれど、いつか力をつけて、守ってやろうと心底思った。
頑張り過ぎる、この人を…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2012-07-11-Wed 13:02 [編集]
あっちも こっちも W(ダブル)エロですね~♪
ポッ♪(..* )↑↑体☆温☆上☆昇☆中↑↑( *..) ポッ♪


きえ様が、息切れしてないか 心配~!
(;゚∀゚)=3ハァハァヾ( ̄▽ ̄;) ダ・ダイジョーブ?...byebye☆

あっ!感想コメになってないかぁ~テヘヘッ(*゚ー゚*)>
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-11-Wed 13:50 [編集]
けいったん様
こんにちは。
私も書いていて、どっちがなんだかわからなくなっちゃったよ~っ。・゚・(ノД`)・゚・。

> あっちも こっちも W(ダブル)エロですね~♪
> ポッ♪(..* )↑↑体☆温☆上☆昇☆中↑↑( *..) ポッ♪

真夏日はまだ続くんでしょうか…。
地域によって違うようですが、こちらは下り坂です。

> きえ様が、息切れしてないか 心配~!
> (;゚∀゚)=3ハァハァヾ( ̄▽ ̄;) ダ・ダイジョーブ?...byebye☆
>
> あっ!感想コメになってないかぁ~テヘヘッ(*゚ー゚*)>

息切れ起こしてますよ~。
同時進行のえちは、思考がおかしくなりますね。
(こんな予定じゃなかったんだけどな…)(←計画性のなさ、露呈…)
ということで、(←)一気に同時進行で終息に向かいたいです。

その他に今一話、おまけが…(ボソボソ)…。
コメントありがとうございました。
おまけっ!
コメントちー | URL | 2012-07-11-Wed 18:25 [編集]
私の可愛い子ちゃんは、いないんですけどね。
雨もやんで良かったちーです。
一緒に行った母上が疲れたと早帰り。
したら、ウッキーとホナが・・・
やっぱり、やらしい。この二人。
兄ちゃんが、可愛すぎるのか?はたまた、ウッキーがエロいのか・・・ウッキーだな。

きえさんもお熱?
大変、大変。
ホナは満足したかもしれないけど、フクちゃんはまだだから。
おまけも気になるしーーー。まさか、マンネ(末っ子)まで?

しかし、旅行に来てまで私ったら・・・ねえ?
Re: おまけっ!
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-11-Wed 18:47 [編集]
ちー様
こんにちは。
のぞいたら…。

何してんですか―――――っΣ(T▽T;)
いや、うれしいけど…。

> 私の可愛い子ちゃんは、いないんですけどね。
> 雨もやんで良かったちーです。
> 一緒に行った母上が疲れたと早帰り。
> したら、ウッキーとホナが・・・
> やっぱり、やらしい。この二人。
> 兄ちゃんが、可愛すぎるのか?はたまた、ウッキーがエロいのか・・・ウッキーだな。

可愛い子ちゃんはいなかったの?!
お天気は良かったようですが。
親は気づかないうちに息子は成長ヾ(  ̄▽)ゞホホ
ウブさに酔うかエロさに惹かれるかはともかく…。
浮羽も筑穂もお互いの道を歩み始めたようです。

> きえさんもお熱?
> 大変、大変。
> ホナは満足したかもしれないけど、フクちゃんはまだだから。
> おまけも気になるしーーー。まさか、マンネ(末っ子)まで?
>
> しかし、旅行に来てまで私ったら・・・ねえ?

あのね、旅先くらい、目的を満喫してくださいね~。
そこまで求められるのは確かに嬉しいんですけど…。
そんなに追い求められものではないですから~。

時代は違うかもしれないけれど。
今日か、明日か、と甥っ子が生まれる時、海外からたびたび電話しました。
ホテルチェックアウトの時に聞かされた金額に絶句。
使った以上、文句言えない…。
電話とネットは違うかもしれないけれど~。
無駄遣いしないでね~っっっ。


チリンチリンチリン~♪

アナンス=請求のご案内を…=

隊長『経費削減だ』
隊員A「あの、…調査費は…」
隊員B「まさか、自腹…?」
隊長『お前ら、エロシーン見てただろー――ヽ(‘Д´)ノウワァァン!!』
隊員ABC「「「掃除腐さーーーんっ。・゚・(ノД`)・゚・。」」」

コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.