FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っているよ 39
2012-07-06-Fri  CATEGORY: 待っているよ
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


昨夜も一緒に眠ったが、包まれる温かさに溺れて、その安らぎに気を休めた。
大野城に教えられた、人を頼ること…。そして快楽に溺れること…。
恥ずかしいことではなく、人として当たり前の欲情。
福智はその全てを受け止めてくれるのだと改めて感じる。

家の奥の部屋。
いつも毎朝挨拶をする写真立てを、この時ばかりはそっと伏せた。
好きなことをやらせてくれた両親は、この状況も反対はしないだろう。
だけど、なんだか見られているような恥ずかしさが湧いて、…あとは”ふたりの時間”を作りたかったからなのか…。
筑穂の動きを全て視界に入れながら、やはり何も言わないで後をついてくれる福智が、ベッドに座った筑穂を抱きしめてくる。
そのまま押し倒されて、シーツの上に背が乗った。
覆いかぶさってくる姿は、守ろうとしてくれた大野城とは違っていると改めて知らされる。
でも怖いものではなくて…。一緒に生きて行こうとする発破をかけられるようなもの。
この腕だから縋れるし、甘えられるし、文句も言える。同等といえる立場…。
何もかもが許せていける。
与えられるだけの大野城とは明らかに違うもの…。

腰の上に跨った福智が、また確認するように「いい?」と聞いた。
この期に及んでそんなことを聞かないでほしいと、視線を反らして、小さく頷きを返す。
「筑穂…」
耳元で呼ばれる声に全身が戦慄き、欲情が駆け抜けた。
貪るように舌先が口腔を犯す。
食い尽されるような吸い付きも感じては息苦しく、何度も反らそうとする。
そうしてはつかまえられて、また舌を絡ませられた。
求められる愛情を胸の内に湧かせて、興奮の海に投げ出された。

大野城から感じた…と言っては失礼にあたるが、一度覚えた欲望の嵐に再び溺れていく。
人の手に触れられることの気持ち良さを、筑穂の体は記憶していた。
福智の唇が、舌が、耳朶から首筋を沿い、襟元を襲っていく。
「あ…ん…」
無意識に零れてしまった声に羞恥を覚え、口元に手の甲を押し付ける。
それを引き剥がすように、福智の手が筑穂の衣類を剥ぎにかかった。
「筑穂…。誰も聞いていない…。聞かせて…、その声…」
…そういえば…。大野城も声を聞きたがったっけ…などと、妙に冷静な思考が脳裏を過った。
だけどそんな恥ずかしいことは…。

スッと全身に風が当たる。
全てを脱がされて、また重なってくる人肌の温かさに、福智も脱ぎ捨てたのだと理解した。
人肌の温もりからもらえるものは、すでに知る…。
「ふくち…」
「そんな顔、…すっげー、可愛いわ…」
『可愛い』は決して褒め言葉ではないだろうが…。
自分を見てくれているのだと思えることは嫌ではない。
伸ばした腕が福智の首元に回った。引き寄せるように、抱き寄せるように、縋りつく筑穂を温かく包んでくれる。
淋しかった…、本音など晒せなかった日常に、踏み込んできてくれた人…。
『もういいよ』と言ってくれた大野城とは違って、福智は『共に…』という。
それも嬉しいことだった。
自分の目線に並んでくれること…。

息がつげないほど激しいくちづけを繰り返し、透明の糸を引きながら離れた。
濡れた唇は胸の尖りを捕らえる。舐めたり噛んだり、舌先で転がしたり…。
いつかその粒はちぎれてコロンコロンと転がってしまうのではないかと思うくらい、執拗に弄られた。
プクリと膨らんだ乳首は、過去にも見たことがないほど赤くなっている…。
ジンジンと痺れる全身は、どこを触られても感じるように変えられたようだ。
「ふ…、んっ…っ」
「筑穂。もっと啼いて…」
「あぁ…っ」
小さな粒を指先で潰されるように抓まれて、堪えていた声も大きく響く。
痛みは快感となって、下半身に直結した。
プクッと新しい滴が性器の先端から零れた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

R苦手な私が書いてます…。短いけどごめんね…。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
兄ちゃんも、ついに
コメントちー | URL | 2012-07-06-Fri 04:27 [編集]
兄ちゃん、ついにフクちゃんと。
フクちゃん、良かったね。
可愛い兄ちゃんは、フクちゃんと一緒に生きていくって。

兄ちゃんは、守られたいだけじゃないもんね。だって、今まで弟たちの事守ってきたんだから。
フクちゃんと二人たくさん悩んだりするだろうけど、きっと乗り越えていける。

だから、今は集中!きえさんがヤル気スイッチ見つけてくれたから(笑)
フクちゃん、センセーより頑張って~。



兄ちゃん・・・とうとう、大人になるのね。グスッ。
どうしてーきみをすきになってしまったんだろー♪
「・・・うっさいなあ、良いとこなのに。無視だ無視」

もう、どうーしてぇ♪

「あー、もう!出るよ出るよっ。はいはい?&&♪$#&*!♪・・・酔っぱらいめ、うるさくて何言ってるのかわかんないわ。切っちゃおっと。」

あぁっ!フクちゃんが兄ちゃんのあんなとこ~。


Re: 兄ちゃんも、ついに
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-06-Fri 07:21 [編集]
ちー様
おはようございます。

> 兄ちゃん、ついにフクちゃんと。
> フクちゃん、良かったね。
> 可愛い兄ちゃんは、フクちゃんと一緒に生きていくって。
>
> 兄ちゃんは、守られたいだけじゃないもんね。だって、今まで弟たちの事守ってきたんだから。
> フクちゃんと二人たくさん悩んだりするだろうけど、きっと乗り越えていける。

フクちゃんもとうとう!!
筑穂なりに方針もあるでしょうが、そこのところ、福智と一緒に話し合ってね。
頼れる人がそばにいてくれるもんね。

> だから、今は集中!きえさんがヤル気スイッチ見つけてくれたから(笑)
> フクちゃん、センセーより頑張って~。

スイッチ キョロキョロ\(゜ロ\)(/ロ゜)/ドコ?!

> 兄ちゃん・・・とうとう、大人になるのね。グスッ。
> どうしてーきみをすきになってしまったんだろー♪
> 「・・・うっさいなあ、良いとこなのに。無視だ無視」
>
> もう、どうーしてぇ♪
>
> 「あー、もう!出るよ出るよっ。はいはい?&&♪$#&*!♪・・・酔っぱらいめ、うるさくて何言ってるのかわかんないわ。切っちゃおっと。」
>
> あぁっ!フクちゃんが兄ちゃんのあんなとこ~。

深夜隊員、がんばってますねぇ。
みんな飲みに行っちゃったからね~。
でもいいところどりのちー隊員だったりして♪
コメントありがとうございました。

No title
コメントけいったん | URL | 2012-07-06-Fri 09:29 [編集]
フクちゃん、良かったね!
幻の”R”の夜にならなくて~(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ♪

筑穂と共に歩んで行く決心をしてくれて ヾ(@^∇^@)ノアリガトー♪

掃除腐、昨晩から 夏風邪菌と戦いの真っ最中なの!
昼過ぎから ヤバイ予感が~~!で、今から 体力温存の為に寝ます。。。
zzz{[(*-ェ-*)]}...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-06-Fri 10:09 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> フクちゃん、良かったね!
> 幻の”R”の夜にならなくて~(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ♪
>
> 筑穂と共に歩んで行く決心をしてくれて ヾ(@^∇^@)ノアリガトー♪

幻にはならなかったです~。
良かった良かった(←)
フクちゃん、ずっと、いつかいつかって筑穂のこと、狙っていましたからね~。
いいタイミングでおしかけてきました。
決意は前々からあったのでしょう。

> 掃除腐、昨晩から 夏風邪菌と戦いの真っ最中なの!
> 昼過ぎから ヤバイ予感が~~!で、今から 体力温存の為に寝ます。。。
> zzz{[(*-ェ-*)]}...byebye☆

え~っ、大丈夫ですか~。
お掃除なんてしなくていいですからゆっくり休んでください。
【掃除腐 休暇中】看板出しときます。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.