FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待たせるけれど 7
2012-07-04-Wed  CATEGORY: 待たせるけれど
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


年上だとは知っている…。
それでもこの艶やかな肌はなんなのだろうか。
誘ってくる雰囲気も穂波を虜にしていく。
くちづけて…、良いところを探り、舌を絡めさせた。
まだおぼつかない動きですら受け入れてくれる愛情が、あちこちから漂い、穂波と浮羽の空間を埋めた。
欲望に勝てず、スッと唇をずらし、頬や首筋に触れると、「んっ」と小さな吐息が漏れた。
自分の印をつけたくて、吸い上げようとすれば、事情を察したように、「ホナっ、そこはダメっ」と制してくる。
見える場所に痕を残してはいけないのだとは…、客商売の手前があるからなのか…。
少しずつ”大人の世界”を覚えさせられていくようだった。
穂波も嫌われるようなことはしたくない、と、素直に浮羽が身につけている衣類に手をかけた。
全てを見られることに抵抗があるのか…。一瞬の戸惑いはあったけれど、余裕をもって穂波の好きにさせてくれる。
こんなところも、”違い”を見せつけられるようで悔しかった。

「浮羽さん…」
何の意味があって呼んだのかも分からなかった。
上半身の衣類を剥ぎ取り、すでに力をつけた下半身に視線が向けば、恥ずかしそうに内腿を擦り合わせる姿が視界に入る。
たったこれだけでも興奮して、自分に欲望を表してくれることが、単純に嬉しかった。
そういう穂波も、窮屈な下半身を抱えている。
見れば見るほど、視覚はGOサインに唾を飲んだ。
「い…、の…?」
乾いた喉奥を濡らすように唾液を嚥下し、囁いた言葉に、『今更…』と小さく呟かれる。
今だけではない、将来の全てを預けると誓われることは、より一層穂波の体を熱くするものになった。

慌てたように全ての衣類を剥いだ。
自分も生まれたままの格好になり、直接体温を感じる。
性急になる行動を浮羽は咎めもしなかった。
それすら、興奮する素になるというかのように…。

胸の小さな尖りを口に含めば、首を竦めて「んっ」とささやかな抵抗をする。
伸びてくる手首をシーツの上に抑えつけて、穂波は思うまま貪った。力は歳を関係なく、敵わない強さがある。
硬くコリコリとした場所は、舌の上で転がされて、その度に控え目な喘ぎ声が部屋に響いた。
こんなに興奮することは過去にもない。
場当たりなキスくらいは経験があったが、下半身を熱くさせるようなことはあっただろうか…。
欲望だけに流されないように、どうにか冷静にさせようとすることを脳裏に浮かべるのだが…。全く無意味に終わる。
浮羽の肌を撫で、触れてはビクリと反応する場所が、感じる場所なのかと、手のひらと唇を動かした。
どこがイイのかとか聞けず、また答えてもくれないだろう。
そこは肌の反応で気付くべきなのか…。
敏感な部分を手のひらが包むと、一層激しく跳ねあがった。
それでも嫌がる態度ではなく…。全てを受け入れてくれていることがはっきりと知れてきて、嬉しさが胸の内を覆ってくる。
たいした愛撫でもなかっただろうに、すでに濡れた性器を手のひらに感じると、求められているものを改めて教えられたようで喜びが湧いた。
スッと体をずらして、開かせた股の間に蹲ると、次の行動を察した浮羽が驚きの声をあげてくる。
「ホナっ?!」
「うまくできないかもしれないけれど…」
差し出した舌先で茎を舐め上げた。
「はっ…ぁぁ…」
これ以上の抵抗を持たせない素早さは、部活で培った攻撃力に重なるのだろうか…。
明らかに『気持ちいい』と訴えてくる全身に、穂波の自信もついてくる。
体に似合った…と言ったら失礼だろうか。
薄毛から生える分身は自分のサイズとは違っていたし、だからこそ、可愛さが増した。
唾液を絡ませてじゅぶじゅぶと吸い上げ、零れる唾液を追いかけるように陰嚢や門渡りを舌が這う。
その先にある蕾…。
固く閉じた場所は、ヒクリと収縮したように見えた。
そこが何に使われるのか…。どう自分に快楽を与えてくれる場所になるのか…。
ゴクリと明らかに分かる喉奥の動きも浮羽は貶すことなどない。
人差し指の先を唾液で濡れた蕾に這わせて、そっと差し込むと、濡れていないキツさが伝わってきた。
「…んっ、…ホナ…っ」
「どうしたらいいの?浮羽さんを傷つけることだけはしたくないよ…」
今更恥も何もありはしない。
何も知らないとはすでに知らせたこと。
その意味を理解しているのか、浮羽が穂波の手首をとってそっと身を起こした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
連コメだぁ~_φ(゚ω^* )♪
コメントけいったん | URL | 2012-07-04-Wed 15:21 [編集]
穂波は 女性は経験済みのようだが、同性は浮羽が初めてでしょ?
浮羽は、ありなのかな~?

まぁ 無くても そこはそれ(どこはどれ?かと、突っ込まないでね(笑)) 年上だし 穂波よりは知識は 多分あるでしょうね。

でも今はね、浮羽父が、会合が終わって帰って来ないかと 心配で~~!

「ゲッ!!」
「後輩、お前!急いで見張りに行けぇー!」
「了解っす~~~!」
。。。ミヽ(:。><)ノハァハァ!...byebye☆
Re: 連コメだぁ~_φ(゚ω^* )♪
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-04-Wed 15:57 [編集]
けいったん様~っ
こんにちは。

> 穂波は 女性は経験済みのようだが、同性は浮羽が初めてでしょ?
> 浮羽は、ありなのかな~?

そこは…ゴニョゴニョ(;一_一)
まぁ、モテモテ穂波(?)と筑穂顔負けの浮羽ですからねぇ。
筑穂が無傷でいたのが不思議なくらい…。(え?弟頑張ってないよ…きっと…)
経験くらいありそうな浮羽です…(個人的にはあってほしい…)

> まぁ 無くても そこはそれ(どこはどれ?かと、突っ込まないでね(笑)) 年上だし 穂波よりは知識は 多分あるでしょうね。
>
> でも今はね、浮羽父が、会合が終わって帰って来ないかと 心配で~~!

私もパパの登場を心配します~っ。
初心者さんは長引きそうだしねぇ。

> 「ゲッ!!」
> 「後輩、お前!急いで見張りに行けぇー!」
> 「了解っす~~~!」
> 。。。ミヽ(:。><)ノハァハァ!...byebye☆

会合終了間際…。
A「あっ、おやっさんっ。いい娘がいるお店がありますよ~」
B「もう一杯やりましょうよ~ぉ」
父「…男にかこまれてもなぁ…」
隊長『うちの家政婦と隊員は話題が豊富だぞぉ』(誘う)
A「隊員って…?」
B「ち―隊員か伊吹隊員か、家政腐か…」
その他隊員「…(どちらにしても今夜は帰れないなぁ)…」

コメントありがとうございました。

コメントちー | URL | 2012-07-04-Wed 22:08 [編集]
え。兄ちゃんやっぱり、ど・・・なのか。あんなに可愛いのに。
いや、ここはウッキーホナチームだった。

初心者は手間取るφ(..)
ウッキー、手取り足取り出来るφ(..)
ホナ、チェリーじゃないφ(..)


「はいはい。ちーは外出しております。
・・・だってー、わざと混線中にするんでしょっ!えー、私、兄ちゃん・・・はあい。伊吹~。行くよ、パパパン屋さんに営業。これでパパさんは、心配ないよ。あ、日野っちのとこに行こうっと♪」

掃除腐さぁん、行こうっ!
Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-05-Thu 07:04 [編集]
ちー様
おはようございます。

> え。兄ちゃんやっぱり、ど・・・なのか。あんなに可愛いのに。
> いや、ここはウッキーホナチームだった。
>
> 初心者は手間取るφ(..)
> ウッキー、手取り足取り出来るφ(..)
> ホナ、チェリーじゃないφ(..)

メモ取ってるし~~~(笑)
色々分かってくるふたりの事実ですね~。
ホナ、チェリーじゃなかったなら…お兄ちゃんはまた卒倒です。

> 「はいはい。ちーは外出しております。
> ・・・だってー、わざと混線中にするんでしょっ!えー、私、兄ちゃん・・・はあい。伊吹~。行くよ、パパパン屋さんに営業。これでパパさんは、心配ないよ。あ、日野っちのとこに行こうっと♪」
>
> 掃除腐さぁん、行こうっ!

ちー様と伊吹がパパに営業かけたら、本当に朝まで帰りませんね~。
安心して穂波と浮羽はコトにおよべるでしょう。
掃除腐さんも誘って大宴会♪
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.