FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っているよ 34
2012-07-01-Sun  CATEGORY: 待っているよ
自分が細かい性格…ではないと思っていたけれど、この数日のうちに、感じさせられることは多々あった。
頑なに穂波の進路を限定したことや、育児に関して”こうしなければいけない”という態度。
押し付ける…の見本を自ら作っていたことに気付かされる。
誰もそれを否定したり非難したりすることはなかったけれど、言われていた本人たちはどんな思いだったのだろうと振り返り、心を痛めた。
何よりも、奔放に過ごしたのは筑穂自身だったと振り返れるから…。
ほんのちょっとの苦労は、この数年のこと。
親を失って、理想像だけが自分の中で大きくなっていったのか…。

昼食はいつものように福智と社食でとった。
「引っ越し、いつにしようかなぁ」
あまりにも明るく話されることに「本気?」と目をぱちくりさせる。
第三者がいてくれる空間が嫌ではないと気付いたのも、この数日のうち。
寄り添える存在がそばにいてくれることの安堵も感じられてはいたけれど…。
一緒に住むとなったら、昨夜のようにくっついてくる問題点(嘉穂)がある。
筑穂自身、大野城に与えてもらったような、アノ快感はもう一度味わいたいものであったが、家の中はどうしても危険地帯で…。
そばにいて耐えられるかどうかと悩むのは筑穂のほうだった。
昨日は酒の力が睡眠に誘ってくれたけれど、素面だったらどうなるのだろう。
未知なる世界に脅えも混じる。

「もちろん本気。あの先生が来る前に、俺、居座るから。…あ、来たなら、穂波の部屋にやればいいよ」
そこは担任だろ?と納得いくようないかないような答えをくれる。
絶対に穂波が嫌う、つまり追い出されることを提案してくれるこの態度もいかがなものか…。
たった二晩だったが、大野城と福智と暮らした(?)空間は、明らかな違いを見せてくれた。
だから福智が引っ越してくると言っても、「うん…」と頷けてしまっている。
誰かがそばにいてくれることの安堵感を、筑穂は失えなかった。
両親がいなくなってから、…いなくなるまえからずっとそばになかったもの…。
それを感じてしまった時、また失うことの怖さのほうが勝っていた。

「今まで払っていた家賃分くらいは入れるから安心しろって。あ、それ、末っ子の学資積立金にもできるな」
明るく答えてくれる台詞、全てが、家族を思ってくれるものだった。
まだまだお金がかかっていく世を知るのか、自分のためだけに使おうとしない態度に目頭が熱くなる。
こんなふうに思ってくれるのは、これまでの苦労を垣間見てきた人だからこそなのだろうか。
「福智…」
「筑穂、…”家族”になろう。俺、筑穂のためなら何だって頑張れると思う。おまえが頑張った分以上、俺も筑穂がいたら頑張れると思う。一人とか二人とかじゃなくて、筑穂が見る者、全部を俺は守りたい」
あまりにも温かな声に、なんと返したらいいのか…。
恋する中で、相手だけを見つめる人が多いのに、抱える全てを一緒に守ってくれようとする力。
同じ目線で見てくれる態度もすでに知れている。
悩んでも、心の中に湧きたつ、”緩さ”は、はっきりと福智に傾いていた。

ポロッと大粒の涙が零れ落ちた時、パコーンと小気味の良い音を立てて、福智の頭部が揺れた。
「おっまっ…、何、津屋崎、泣かせてんだよ~っ」
通りかかった甘木が与えた結果だった。
福智は頭を抱えながら反論に出る。
「いった…っ。今、最後の”落とし”にかかっていたのに~っ。邪魔しないでくださいよ~っ」
「そんなもの、ベッドの中でやれよ。ここ、どこだよ」
「筑穂を堕とすのは、気が弱い時がいいんですっ。隙はあたえないほうがっ」
「学習したなぁ」
これまでのウンヌンは甘木も知るところがあるのだろうか…。
何やら深い意味合いに、まさに”ここ、どこ?”で筑穂のほうが照れまくる。
ようやく意味を理解した、昨今…。
そしてその筑穂の真っ赤になる表情で、甘木も結果論を悟ったようだった。
「あ~ぁ、いいねぇ。虚しい一人暮らし。残業と機械がお友達」
「甘木さん、オタクばりばり、虚しい発言、やめてもらえません?」
「この幸せ者がぁぁぁ。おまえに対する嫌味だよっ」
一頻り文句だか嫌味だか惚気だかを言い合って離れていく。
この明るさも、ここの職場ならではだった。
いろいろなこと、隠し事がないと分かる職場だからこそ、相手に対しても信頼が生まれるのだろうか。

比べては悪い、と思いながら、ふと脳裏を過った。
大野城だったら…。
この前の我が家に来た時のように「生徒の家に行く」と生活指導を口にされた時、大人しく見送れるのだろうか…と…。
それが仕事だと分かっていても、一度自分との間に起きた出来事は、疑問視されることになる。
そばにいる人…、分かる人…。一番身近な人…。
それが誰なのか…。改めて感じることでもあった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
兄ちゃん!
コメントちー | URL | 2012-07-01-Sun 00:53 [編集]
決めたんだねえ。
流されたんじゃなくて、自分でえらんだんだよね、兄ちゃん。

フクちゃん、頑張った。
脇役なんて言って悪かったわ(笑)
ごめんね、フクちゃん。
二人で幸せになってね。
あ、その前にセンセーか。
諦めてー、センセー。


トントン、ガチャっ

「隊長~。元気そうですね。あら!何?何書いてるんですか?・・・ん?ちー、伊吹は立ち入り禁止?ナツメロ禁止?
何で何で何で?ヒドイッ!兄ちゃんっ福智、無事にくっついたから!
多分ね。パン屋さんの監視もしたかったのに、マッチも擦れないゆとり教育隊員が指名ってさ。良いもん、勝手にしちゃうからっ。またねっ、隊長。お大事にっ!」

バシッ!
花束と浮羽パン屋さんの限定メロメロメロンパン。懐かしの80'sのCD 。
お見舞いだよ!
No title
コメントけいったん | URL | 2012-07-01-Sun 10:38 [編集]
やはり 大野城と福智を比べてしまうのは、当然!
筑穂にとって 本当の自分で居られる人は、誰か?ってね♪
でも いいなぁ~両手に花(いい男)って。。。ρ(-ε-●)イイモンイイモン・・

バタ バタ...ペチャクチャペチャクチャ...バタ バタ...ギイ~バタン!
『・・・ボー( ▽ :)o〇O』
「隊長さん、お熱を測りますよ♪あら、如何なさいました?」
『看護士さん!儂、退院して自宅療養したいんだが!』
「えっ? それは、医師に聞いてみないと・・・」
『お願いだぁ~家に帰らせてくれ~~!』
「隊長さん!隊長さぁ~ん!!」

[きえ上官、私です! 報告が!隊長、彼は、ムダに休ませるより働かせた方が、いいかと・・・]

ある時は掃除腐、ある時は看護腐、さて その実体は!?
オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!...byebye☆



Re: 兄ちゃん!
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-02-Mon 07:07 [編集]
ちー様
おはようございます。

> 決めたんだねえ。
> 流されたんじゃなくて、自分でえらんだんだよね、兄ちゃん。
>
> フクちゃん、頑張った。
> 脇役なんて言って悪かったわ(笑)
> ごめんね、フクちゃん。
> 二人で幸せになってね。
> あ、その前にセンセーか。
> 諦めてー、センセー。

お兄ちゃんは今度こそ自らで考えました。
フクちゃんの努力の結果だねぇ。
そう、センセーがいるんだよ…。
展開がなかなか進まなくてホントすみません。

> トントン、ガチャっ
>
> 「隊長~。元気そうですね。あら!何?何書いてるんですか?・・・ん?ちー、伊吹は立ち入り禁止?ナツメロ禁止?
> 何で何で何で?ヒドイッ!兄ちゃんっ福智、無事にくっついたから!
> 多分ね。パン屋さんの監視もしたかったのに、マッチも擦れないゆとり教育隊員が指名ってさ。良いもん、勝手にしちゃうからっ。またねっ、隊長。お大事にっ!」
>
> バシッ!
> 花束と浮羽パン屋さんの限定メロメロメロンパン。懐かしの80'sのCD 。
> お見舞いだよ!

マッチも擦れない(爆)
マッチ知らないよね、きっと。
♪ギンギラギンにさりげなく~それがちーのやりかた~♪
ちー様、行動派だから~。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-07-02-Mon 07:16 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> やはり 大野城と福智を比べてしまうのは、当然!
> 筑穂にとって 本当の自分で居られる人は、誰か?ってね♪
> でも いいなぁ~両手に花(いい男)って。。。ρ(-ε-●)イイモンイイモン・・

うんうん、比べちゃうよね~。
お互い良いとこばっかりの男だもん。
その中で自分に合うのはどちらなのかしら…と。

> バタ バタ...ペチャクチャペチャクチャ...バタ バタ...ギイ~バタン!
> 『・・・ボー( ▽ :)o〇O』
> 「隊長さん、お熱を測りますよ♪あら、如何なさいました?」
> 『看護士さん!儂、退院して自宅療養したいんだが!』
> 「えっ? それは、医師に聞いてみないと・・・」
> 『お願いだぁ~家に帰らせてくれ~~!』
> 「隊長さん!隊長さぁ~ん!!」
>
> [きえ上官、私です! 報告が!隊長、彼は、ムダに休ませるより働かせた方が、いいかと・・・]
>
> ある時は掃除腐、ある時は看護腐、さて その実体は!?
> オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!...byebye☆

静かだった病室は夢のまた夢だったようですね。
隊長は他の隊員にも囲まれて、ワイワイやっているほうがいいかもしれないですかね。
他の皆さんが励まして(?)くれるでしょうから。

その実態は~っ?!
特殊変態(ちがった、変身)部隊?!
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.