FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っているよ 26
2012-06-23-Sat  CATEGORY: 待っているよ
嘉穂を叩き起こして一階に降りると、すでに穂波と大野城は食事を終えていた。
明らかに不貞腐れた態度の福智が、箸をつけようかどうしようか悩んでいる。
『筑穂のごはん~』と喜んでくれていたはずなのに…。
それを筑穂は、待たせてしまった…と思っていた。
自分が準備していないのに、用意されていたことに驚いてもいたが。
そこは、この場にいた人間が出迎えてくれたのだと悟って感謝の念が湧く。
「福智、食べてて良かったのに。うち、揃ってご飯、なんてないから」
「にぃちゃん、この人誰~?」
緊張感を微塵も持たせない嘉穂の問いに、筑穂は「『おはようございます』の一言くらい、言えっ」と怒鳴りつける。
躾けがなっていないと言われそうだ。
洗面所に追い立てている間に、嘉穂のご飯と自分の分を用意する。
穂波はもうそろそろ出掛ける頃だろう、などと気を回していると、食べ終わった食器を持って、大野城が台所にやってきた。
「津屋崎は片付けも動かないのか?筑穂、甘やかし過ぎだろう」
自分で使ったものは自分で片付けさせろと進言されて、背後で「やるときはやってるよっ」と文句が零れた。
まぁ、洗う…という行動はほど遠い弟たちではあったけれど…。
必要にかられればできなくはない知識くらいはあるだろう。
「あ、先生、置いておいてください。あとでまとめて洗いますから」
その答えに、普段の行動がいかなるものなのか、全ての答えが含まれていた。

「いいよ。これだけ洗っておくから。筑穂も食べて」
「てめーっ、とっとと学校、行けぇっ」
「穂波っ!!早く支度してっ。先生と一緒に学校行きなさいっ」
「冗談じゃねぇ。なんでセンコーなんかと…っ」
「筑穂、安心して。ちゃんと朝練には連れていくから」
筑穂が考えていることは大野城にも届いている。
今ある学生生活は、後悔のないように終わらせてやりたいこと。
まずは無事部活を引退させたいこと。
筑穂にとって、学生生活はやはり重要なものと捉えられていた。
「お願いします」
頭を下げた筑穂に、ぽんぽんと頭上を叩く大野城を見ては、居間から鋭い怒声が同時に吐き出された。
「筑穂に触るな~っ」
「挨拶なんかしてんな~っ」
「にぃちゃん、ごはん~っ」
三者三様に、兄を求めようとする姿。
いつも以上に騒々しい津屋崎家に、だけど元気な声を聞けてホッとしていたりする筑穂だった。

大野城が率先して動いてくれたおかげか、後を追うようにして福智が手伝ってくれたおかげか、筑穂の出勤の準備もいつもよりスムーズに済んだ。
それでも福智にしてみたら出勤時間はズレているのだろう。
ある程度自由がきく職場ではあったけれど、生活のリズムが崩れるというのは、嬉しい出来事ではない。
穂波と大野城を同時に送りだし、また間に合わなかった嘉穂を迎えにきた香春と挨拶を交わし。
福智は筑穂の後を追っては感心していた。
「福智、ごめん。遅くなっちゃったよね」
「俺のことはいいよ。でも筑穂、いつもあんなに色々な事やってから家、出てたんだ~。すげぇな」
一人暮らしの福智は自分の身の周りのことだけをすればいい。
昔は筑穂も親に甘えて何もしなかったことを思い出す。
生活が一変して、だけど弟たちに無理を求めず、自分なりになにかしてやりたかったのは、やはり小さい頃から面倒をみていた愛おしさがあるのかもしれない。
『すごい』と言われることも、今ではあまりピンとこなかった。
何もかもが当たり前になってしまっている。

会社までの道中、心配をかけたこと、と筑穂は昨日の出来事をかいつまんで話して聞かせた。
さすがに大野城とどうのこうのとあった一夜のことは口にできなかった。
だけど同じような時間を、穂波も過ごしていたのかと、まだ早いという感情は湧く。
「大人のような”付き合い”があるから、一緒になりたい、とか思うのかな。そばにいることの安堵感っていうのを、穂波はもう見つけちゃったのかな…」
「ちょっと待て、筑穂。それって筑穂もそれに似たものを体験したってことか?」
「え…、あ、ぃや…」
恋愛ごとに疎いとは先日、福智から聞いた話。それは半分自分でも認めていたところはあったけれど。
大野城がそばにいてくれて、要所要所でアドバイスをくれ、また包んでくれた安らぎを筑穂は知ったから、穂波と比べる発言が漏れた。
そこにしっかりと食いついてきた福智だった。
福智の過去は知らないが、その”体験”とやらは経験済みなのだろう。
「筑穂~っ。絶対あのヤローに騙されてるっ。弱い部分につけ込まれているだけだっ。弟のこともあって、いっぱい大変なのはわかるけど、簡単に差し出された手をつかんじゃダメだからっ。筑穂~っ、会社のことも家庭のことも、俺だって充分頼ってくれていいからっ」
通りのど真ん中だというのに、ぎゅっと抱きしめられて、慌てふためくのと同時に、改めて福智の体格の良さを感じていたりする。
大野城のものとはまた違っている。
『会社のことも』…と言われて、共通点が多い同僚だと再確認させられてもいた。
気があっているのも確かである。
それに気付いた時、大野城と繋がるものはなんだろうと、考えさせられた筑穂だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ウケケケ
コメントちー | URL | 2012-06-23-Sat 05:09 [編集]
やだ、きえさんたら。
また、混乱させるようなことを(笑)

兄ちゃん、よく考えて?
福智も兄ちゃんを包めるんだよ?
充分頼りになるんだからぁ。
(エコヒイキしております)
フクちゃん、頑張って主役になるんだぁ!(淡いキボウ)


トゥルトゥルトゥル♪

「たいちょー?あんねー、兄ちゃんとこめっちゃ面白くなってきたからぁ。」

「え?言葉遣いが悪い?だって、休み・・・」

「わかりましたぁ。ヤル気も出たのでフクちゃん押しで頑張りますっ。え?私情は挟んじゃダメですか。へいへーい」

何かセンセーから黒いオーラを向けられてる気がする・・・
Re: ウケケケ
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-23-Sat 08:03 [編集]
ちー様
おはようございます。

> やだ、きえさんたら。
> また、混乱させるようなことを(笑)

え(゚∀゚)?なにか???

> 兄ちゃん、よく考えて?
> 福智も兄ちゃんを包めるんだよ?
> 充分頼りになるんだからぁ。
> (エコヒイキしております)
> フクちゃん、頑張って主役になるんだぁ!(淡いキボウ)

淡い希望なんだ~っ(笑)
福智も頑張ってお兄ちゃんに迫っていきますね。
心変わりを求めて、こっちもやっぱり隙間に潜り込んできますね。
筑穂、弱いところだらけだからね。

> トゥルトゥルトゥル♪
>
> 「たいちょー?あんねー、兄ちゃんとこめっちゃ面白くなってきたからぁ。」
>
> 「え?言葉遣いが悪い?だって、休み・・・」
>
> 「わかりましたぁ。ヤル気も出たのでフクちゃん押しで頑張りますっ。え?私情は挟んじゃダメですか。へいへーい」
>
> 何かセンセーから黒いオーラを向けられてる気がする・・・

ちー隊員、お休みなのに目を光らせていますね。
さすが優秀な隊員です。
今後も見張ってやってください。
私情は挟んでもいいよ~「ブツブツ"o(-_-;*)」
コメントありがとうございました。

No title
コメントけいったん | URL | 2012-06-23-Sat 12:01 [編集]
これは 何気に 三角関係に 突入?
って、そこまで 筑穂が恋愛に目覚めているとは思えないんだけど!(笑)
ヘタしたら 穂波や嘉穂よりも その方面では、奥手で初心なのでは?
今の所 フクちゃんより 一歩・・・いや もっとかな リードしている大野城テンティ~♪
しかし フクちゃんの方が ”保護者としての顔を剥がす”筑穂と 会社で一緒に居るだけに まだまだ 分かりませんよね~d(≧ω≦)ネッネッ♪

『分かった! では 宜しく頼む!・・・・・・』
「隊長、休暇中なのに ちー隊員は頑張ってますね♪」
【タメ口って、タメ口って、儂って そんなに威厳がないのか?(泣)】←隊長の心の声
「・・・隊長?」
「「「な・泣いてる!隊長~~!」」」
o(*^ω^)oジッー(*..*) ジッーo(^ω^*)o...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-23-Sat 16:41 [編集]
けいったんさま。
ごめんなさーい。
全然、レス書いている暇がなくなってしまいました~。

> これは 何気に 三角関係に 突入?
> って、そこまで 筑穂が恋愛に目覚めているとは思えないんだけど!(笑)
> ヘタしたら 穂波や嘉穂よりも その方面では、奥手で初心なのでは?
> 今の所 フクちゃんより 一歩・・・いや もっとかな リードしている大野城テンティ~♪
> しかし フクちゃんの方が ”保護者としての顔を剥がす”筑穂と 会社で一緒に居るだけに まだまだ 分かりませんよね~d(≧ω≦)ネッネッ♪

筑穂、目覚める日がくるのか~っ。
いや、長男なんだけど一番奥手です。確かに。
そりゃ、福智も心配するわなぁぁ。
会社も一緒…な存在はどうなるのでしょうねぇ(o´艸`o)

> 『分かった! では 宜しく頼む!・・・・・・』
> 「隊長、休暇中なのに ちー隊員は頑張ってますね♪」
> 【タメ口って、タメ口って、儂って そんなに威厳がないのか?(泣)】←隊長の心の声
> 「・・・隊長?」
> 「「「な・泣いてる!隊長~~!」」」
> o(*^ω^)oジッー(*..*) ジッーo(^ω^*)o...byebye☆


たいちょー。信頼されている証拠ですぅ。>ためぐち
飲み明かそうぜぇワイワイヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノワイルドダゼェ
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.