FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待たせるけれど 1
2012-06-21-Thu  CATEGORY: 待たせるけれど
中学3年の時、両親が突然亡くなった。
意味が分からなく、葬式と言うものがなんだったのかも定かではない記憶だけが残る。
気丈に振舞う兄を見て、棺が狭い…焼かれる場所に向かうのを呆然と見詰めた。
追いかける弟、嘉穂を、親戚の人が必死に押し留めていた。
「やだっっっっ、お母さんっっ」
まだ甘えたい盛りの頃、暴れる体は小さかったけれど…。
人一倍人への思いを残していた。
泣き喚く小さな体を、兄の筑穂が精一杯の愛情を注いで抱きとめた。
「嘉穂…っ、お父さんとお母さんは一緒に新しい人生を生きていくんだよ」
二人が、共に亡くなってしまったことを、これで良かったと思考を変えられた兄に、穂波は心底感心した。
兄の筑穂がいなかったら、たとえ両親がいたとしても生活感は変わっていた。
いつでも弟ふたりを見つめてくれて、親の手伝いもしていて…。
筑穂が母親に似ていたせいだろうか、その性格も受け継がれたのだろうか。
少し、親が留守にするときでも家事の全ては筑穂に任されていた。
自分と嘉穂だけでは絶対にあり得ない世界…。
そして何故か、守ってもらっているのに、守ってもらいたい雰囲気をばらまいた兄…。

10歳も離れているのに、成長は全く異なった。
中学に上がる前には大学生の筑穂の身長を抜いたし、胸板も肩幅も筋肉のつき方が違っていた。
まだ小さい嘉穂を『だっこ』で鍛えようとしていたのかもしれないが、運動部で鍛える筋肉のつき方は明らかに違い、また動き回る嘉穂についていけなく、近所の縁日に出掛けてへばるのは筑穂の方が先…。
近所に住む香春を連れてははしゃぐのだが、やはり途中で根をあげられて、さりげなく金魚すくいなんかに誘って休憩させた。
全体的に無理をしている感じはあるのに…。
それを口にしないから穂波も言い出さなかった。

兄が進学に対して神経質になっているのは、随分昔から知っていた。
大学に行け…と。そのための知識を身につけろと…。
だけど、部活に明け暮れた穂波にとって、何をどう学んでいいのか全く分からなかった。
兄に促されるまま、単純に、『大学』と名のつくところにいっていいものなのだろうか…。
進路相談がはっきりと口に出されてきた頃、悩みは深くなる。
訳もわからなく、進学する意味がどこにあるのか…。
それよりも、自分たち、弟たちのためにひたすら自分と言うものを犠牲にしてきてくれた姿を知るから、もうこれ以上の苦労をかけることなく、働き出して独り立ちしたかった。
どの職についたら、満足が得られるのだろう。
穂波も中途半端に働くのではなく、自分のものとして身に付けられるものがあったなら…と考え出した時。
立ち寄ったパン屋で明るい声を聞いた。

「いらっしゃいませ~っ。今、焼き立てですよ~っ」
朝の早い時間、まだそれほど商品数は多くないのかもしれない。
まだ若いだろうと思われる男が、焼き立てパンのトレーを持って店内にやってくる。
コック帽の脇からはみ出した髪はくせ毛のように見えた。
少しだけ粉がかかったコックコート、そのままで店内と厨房を行き来する。
次々と運ばれてくる香ばしい香りに、そして元気な姿に『やりがい』というものを見た気がした。
奥には次から次へと製作する姿の年老いた人が見える。
出勤前なのか、朝食用になのか、買い求める人は多くて、ひっきりなしにレジに人が並んでいた。
『生きている』…
そんなふうに感じられた時だった。
そして、ちょこちょこと動く姿が…、誰かを気遣って誰かのために生きている人を思い浮かばせた。
小さくて、でも周りを気遣って動く人…。

自分でも誰かのために、何かがしてあげられるだろうか。
その姿を認めてもらえるだろうか。
こんな風に生きたい…。

穂波は「アルバイトの募集とかしていませんか…」とその場で尋ねていた。
目をパチクリとさせ、見上げてきた人は、本当に誰かに似ていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

学生物は苦手だ~と言いながらこんなものを書いているし…。
え?三兄弟…?!
シリーズ化するんだろーか…。
これこそ不定期更新になります…。
(つか、数話で終わらせたい…)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
パン屋さん♪
コメントちー | URL | 2012-06-22-Fri 03:03 [編集]
ホナとパン屋さんの出逢いとお初(決めつけた)物語ですね。

穂波、真面目に考えてたんですよね。
家の事、お兄ちゃんの事。進学の事も。
そんな時、お兄ちゃんに似てる可愛いパン屋さんに出逢って、楽しそうにお仕事してたら。
そりゃあねえ?恋しちゃうよ、穂波。

隊長の疑問もきっと解消されるでしょう。
良かったね、隊長~。
Re: パン屋さん♪
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-22-Fri 07:26 [編集]
ちー様
おはようございます。

> ホナとパン屋さんの出逢いとお初(決めつけた)物語ですね。
>
> 穂波、真面目に考えてたんですよね。
> 家の事、お兄ちゃんの事。進学の事も。
> そんな時、お兄ちゃんに似てる可愛いパン屋さんに出逢って、楽しそうにお仕事してたら。
> そりゃあねえ?恋しちゃうよ、穂波。

書こうかどうしようか悩んで、気付いたら書いてた(笑)
真面目な性格はお兄ちゃんの影響もあるのでしょう。
『働く』って穂波の中でキーワードのようになっていたみたいです。
そして出会ってしまったパン屋さん。
穂波の性格が見えてくるかなぁ。

> 隊長の疑問もきっと解消されるでしょう。
> 良かったね、隊長~。

色々な疑問が浮かんでいましたかねぇ。
解消できるかしら。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.